効果抜群!?「青魚ダイエットの効果」とは何がある!?

青魚ダイエットの効果は何があるのでしょうか!健康的にダイエットできる!?

view259

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 青魚は痩せる!?

  • 脳の中の視床下部という部分は食欲のコントロールに関係していますが、そこから分泌される「ヒスタミン」という物質があります。ヒスタミンは脳の中で、満腹物質として働くことで知られています。
    出典 :青魚を食べるとやせるってホント? [食と健康] All About
  • ヒスチジンという必須アミノ酸があります。これはなんと、脳の関門をくぐりぬけて脳内に到達することができます。脳内に入ったヒスチジンは、酵素によってヒスタミンになります。
    出典 :青魚を食べるとやせるってホント? [食と健康] All About
     

    このヒスタミンがすごいのです

  • ヒスチジンはイワシ、サンマ、マグロなどの青魚に多く含まれています。ただし、鮮度が落ちた魚では、魚の中で、ヒスチジンはヒスタミンに変わってしまいます。そして、この変化したヒスタミンは、食中毒の原因になってしまうこともありますので、新鮮なお魚を選んで食べるようにしてくださいね。
    出典 :青魚を食べるとやせるってホント? [食と健康] All About
  • 青魚ダイエットは

     

    便利な効果を一気に体に取り入れる事が出来ます!良いですよね!また青魚ダイエットは、青魚に含まれる栄養素により、自然に食事の量を減らし、太りにくい体を作れるダイエット法です!

  • 青魚ダイエットの効果はまだまだある!

  • 青魚をよく噛んで食べることで満腹感が得られ、食べる量が減らせます。早食いが太る原因となるのは、満腹感が得られずに食べ過ぎてしまうことが原因です。よく噛んで食べることは、先に紹介した「満腹物質」であるヒスタミンの分泌とも大きく関係しています。
    出典 :【青魚ダイエット】 | 肉・魚・卵 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    良く噛む事も大切なのです!

  • 青魚に含まれているEPA・DHAには血液をサラサラにする効果があり、タウリンには疲労回復効果があります。鉄分も豊富に含まれているので、貧血も予防できます。しかし、魚の脂分であるEPAは、脂でありながら、脂肪燃焼効果を高めてくれる良質な脂肪分です。
    出典 :【青魚ダイエット】 | 肉・魚・卵 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 効果を羅列すると・・・

  • 内臓脂肪を燃焼する。中性脂肪を減らし、内臓脂肪や皮下脂肪になるのを防ぐ。過剰なコレステロールや中性脂肪を減らすことで血液サラサラに。高血圧、動脈硬化を防ぎ、生活習慣病の予防になる。過剰な糖を燃焼し、脂肪になるのを防ぐ。青魚のたんぱく質が悪玉コレステロールの酸化を防ぐ。
    出典 :青魚にはEPAが豊富|脂肪燃焼ダイエット
     

    沢山あるのです!

  • EPAやDHAは青魚の脂に多く含まれます。さば、いわし、さんまなどから摂りましょう。ただし、魚は焼くと脂肪分が10%くらい減少するので、生で食べるのが望ましいです。缶詰でもOKです。例えば、さば缶1缶で1日の適量を摂取出来ます。 さば缶200gに含まれるEPA:約1700mgちなみに、イワシ缶やサンマ缶でもOKです。
    出典 :青魚にはEPAが豊富|脂肪燃焼ダイエット
  • 1.サバ(1645mg)2.イクラ(1613mg)3.マグロ(トロ)(1450mg)4.イワシ(1171mg)5.ハマチ(984mg)6.ブリ(940mg)7.サンマ(885mg)8.ニシン(874mg)9.ウナギ(587mg)10.タラコ(506mg)
    出典 :EPAでメタボ解消、青魚のサラサラ成分が脂肪に効く! | 40歳からのメタボ解消ダイエット
     

    このようなものにEPAが沢山含まれているのです。

  • ちょっと注意したい部分

  • インシュリンの分泌も少なくなり太りにくくなります。ただし、不飽和脂肪酸は酸化しやすく発ガンの恐れもあるので、新鮮な状態の魚を食べることが大切です。また、調理で焦がさないようにしましょう。このダイエットは、魚料理が好きな人向けのダイエットです。
    出典 :�‹��_�C�G�b�g�Ƃ́H
  • ここも注意!

     

    栄養豊富であり、ダイエット効果も高い青魚ですが、食べ過ぎには注意しましょう。また、青魚を干物で食べたり、塩焼きにする場合などは、塩分の取りすぎにも注意が必要です。 塩分の取りすぎは、むくみの原因にもなり、健康に良くありません。