子供 歯の生え変わりが始まる時期は?どんなことに気を付けたらいい?

成長期の子供 歯の生え変わりが始まります。
個人差はあるとはいってもいつ頃から始まるものなのでしょうか?
また、いざ生え変わり始めたときに親はどんなことに気を付ける必要があるのでしょうか。
気になる子供の歯の生え変わり時期の疑問についてまとめてみました。

view51

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供 歯の生え変わりはいつ頃?

  • 最初に乳歯が抜けるのは通常6歳前後です。個人差があり5歳で抜ける子もいれば7歳で抜ける子もいますが心配ありません。一般的には8歳までに8本の乳歯が抜けています。つまり、上顎の前歯4本と下顎の前歯4本です。ここでも同じく1年程度の個人差は問題ないです。8歳から10歳までは他の乳歯は抜けず変化が乏しい時期で、8歳までに乳歯が8本連続して抜けた後は2年間生え変わりがないのです。
    出典 :自分の子供の歯の正しい生え代わり方とは?
  • 早い場合は小学校入学前から歯が抜け始めることもあり、小学校に入学すればほとんどの子供の歯が生え変わり始めているといってもいいくらいのようです。
    個人差が比較的大きくて、兄弟姉妹でも生え変わりの時期には随分違いが見られる。

    いずれにせよ、ひとつの目安として歯の生え変わり時期において「小学校入学(6歳前後)」はひとつのキーワードですね。

  • 乳歯が持つ大切な役割

  • 乳歯は全部で20本。乳歯が生えることでものを噛むことができるようになり、顔の形も整います。子どもにとっては「自分で食べる力をつける」役割も担っています。
    出典 :歯の役割と仕組み|歯の健康基礎知識|ライオン
     

    きちんと歯が生えることで「顔の形」まで作っているとは・・・
    生え変わる歯だから・・・と軽く見ていたけど、とても大きな役割を持っているんだなぁ

  • 「噛む」と「食べる」

     

    誰でもわかる歯の役割ですね!
    これを知らない、という人はいないでしょう(笑)

    赤ちゃんも徐々に乳歯が生えていくことで、体はママの母乳以外のものを食べることができる準備を整えていきます。赤ちゃん自身も離乳食を食べながら口からものを食べるということを学んでいきます。

  • 乳歯には、永久歯のナビゲーターのような役割があります。乳歯は、永久歯が生える場所を確保して、生えてくるのを待っているため、あまり早く抜けてしまうと、永久歯はどうして良いかわかなくなって、結果的に歯並びが悪くなってしまうのです。
    出典 :【乳歯から永久歯へ】生え変わるまでに気をつけるべき5つのこと | 子供の歯ROOM
     

    乳歯が永久歯のナビゲーターとはよく言ったものです。
    まさかそんな役割を担っていたとは考えもしませんでした。
    ただ「食べる」だけのものではなかったんですね~・・・

  • 乳歯には体の成長や永久歯を導く大切な役割があります。
    歯があることで、食べ物を噛み切ったり、引き裂いたり、噛み砕く事が出来ます。そうすることで顔や顎の発育を助けたり、顔の形を整える働きをします。いろいろなものが食べられる事で、体も大きく丈夫になってゆきます。乳歯があることで、正しい発音を覚えてゆきます。乳歯には永久歯を正しい位置に誘導する役目もあります。
    出典 :乳歯の役割
     

    多くの役割を持っている乳歯。
    無事その役割を果たすことができるように、虫歯の予防などに配慮をすることはとても重要。

  • 「発音を正しく」する

     

    確かに、同じ時期に2本、3本と乳歯が抜け落ちた子供の発音は、それまでのものと比べるとなんだかはっきりしないな、と感じることがあります。
    それだけでも、歯は私たちが正しく発音するために重要な役割をしていることがわかりますよね。

  • 「どうせ生え変わる歯だから」と思っていたら、大間違い!
    実は乳歯はとっても大切なものだった!!!

    ちゃんとしたケアをして、正しく永久歯を誘導できるようにしておかないと、さらに後々苦労することにもなりかねません。
    どんなことに気を付けたらいいのかな?

  • 子供の歯の生え変わり よく見られるのは?

  • 通常、初めて大人の歯(永久歯)が生えてくるのは、下あごの前歯なのですが、よく乳歯が抜けずに、その内側(舌のある側)に永久歯が生えてしまうことがあります。
    出典 :» 初めての永久歯が、乳歯が抜けずに内側に生えてしまった場合どうするか? | 原田歯科医院
  • 普通、何もしなければ特に問題なく乳歯から永久歯への生え変わりが行われると思っていたけど、意外とトラブルに見舞われやすいらしい。
    本来なら、ガイド役の乳歯が永久歯の邪魔をしてしまう、というのが最も最たるものらしい。

  • 子供 歯の生え変わり受診のめやす

  • 左右対称で生えかわらない
    上あご右側の前歯が生えかわったのに、同じ上あごの左側の前歯が6ヶ月以上経っても生えかわらない場合は、何らかの問題がある場合があります。
    出典 :永久歯への生えかわり│こどものオーラルケア│歯医者さんネット
  • 乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきたとき

  • 乳歯が抜けていないのに、永久歯が生えてきた
    乳歯が残ったままの状態にしておくと、歯並びや噛み合わせに悪影響が出る場合があります。
    出典 :永久歯への生えかわり│こどものオーラルケア│歯医者さんネット
  • 永久歯の奥の上下6本ずつの歯(第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯)は、乳歯の奥歯の後ろ側、つまりそれまで歯のなかったところの歯肉をやぶって生えてきますが、それ以外の歯は、乳歯のあった場所に、乳歯を押し上げながら生えてきます。この生えかわりのプロセスに異常や不都合があると、生えかわりがスムーズにおこなわれないので、永久歯が正しい位置に顔を出すことができず、歯並びが悪くなってしまいます。
    出典 :小学生のオーラルケア|1108(いいオクチ、いいハをつくる)PROJECT|オーラルケアサイト
  • 歯の生え変わる時期にはここに注意!

  • 歯が生えかわる期間は、歯並びが不ぞろいだったり、歯の高さがでこぼこしていたり、歯の上にハグキがかぶさっていたりして、歯みがきがしにくく、お口の中に汚れがたまりやすくなります。また、生えてから2~3年以内の歯はムシ歯になりやすいという特徴があるので、特に注意が必要です。永久歯は一生使う、大切な歯。以前にも増して、ていねいな歯みがきをこころがけるようにしてください
    出典 :小学生のオーラルケア|1108(いいオクチ、いいハをつくる)PROJECT|オーラルケアサイト
  • 生えたての歯は、むし歯になりやすく、生えてから約2年間は、とくに注意が必要です。この時期の口の中は、乳歯と永久歯が入り混じり、とても複雑ですから、汚れもたまりやすくなります。以前にも増して、ていねいな歯みがきを心がけてください。
    出典 :こどもの歯とおとなの歯(歯の生えかわり) | 宇都宮市 土沢デンタルクリニック
     

    確かに・・・
    歯の生え変わりの時期ではなくても磨き残しがあることもあるっていうのに、歯の生え変わり時期はさらにその形状が複雑に・・・
    かなり気を付けて歯を磨かないと、すぐ虫歯になってしまうのは想像に難くない。

  • 生えたての歯は、酸に弱く、むし歯になりやすいもの。生えてから約2年間は、とくに注意が必要です。また、この時期の口の中は、乳歯と永久歯が入り混じり、とても複雑ですから、汚れもたまりやすくなります。以前にも増して、ていねいな歯みがきを心がけてください。また、歯医者さんで定期的に健診を受け、歯みがきの仕方や生え変わりの進行をチェックしてもらうことも大切です。
    出典 :花王株式会社 歯の健康情報 学童期 生え変わり期に大切なことは? 注意点を教えてください。
  • 歯磨きをするときは鏡を見て!

     

    磨きたい場所にちゃんと歯ブラシが当たっているかどうかは、感覚ではなく、鏡できちんと確認する習慣をつけること!
    そうすることで磨き残しを防ぐことができるよ!

  • 乳歯の奥に生えてくる六歳臼歯は、完全に生えるまでに1年近くかかります。その間は手前の乳歯よりも低い位置にあるので、普通にブラッシングしたのでは、毛先が届きません。このような、生えている途中の段差のある歯は、ハブラシを口の真横から入れてみがくのがコツです。

    一方、歯が抜けているところは、ハブラシを縦やななめにして、毛先を歯にきちんと当ててみがくのがポイント。生え変わり期の口の中は、乳歯と永久歯が混ざっており、生え始めた歯もあれば、抜けている歯もあります
    出典 :花王株式会社 歯の健康情報 学童期 生え変わり期の歯を上手にみがくコツを教えてください。
     

    いくら歯ブラシを口の中に入れているといっても、きちんと毛先が歯にあたってなければ意味がない。
    そのためにも鏡を見ながら歯磨きをすることが重要!

  • 定期的に歯科医院に通おう!

     

    乳歯が生え始めた頃から通うことにしている人はそのままで。
    まだの人は歯の生え変わりを機会に、定期的に歯科医院に通うことをおススメします!

    虫歯予防はもちろん、歯の生え方・ズレなどといったトラブルにもいち早く対応することができます。

  • 混合歯列期は顎の骨が成長する時期でもあり、また乳歯と永久歯が混ざった状態の歯並びになり、生えてきている途中の永久歯があったりして、食べ物がつまりやすくしかもとても口の中の清掃がしにくい時期になります。この時期は虫歯が出来やすい時期になるので毎日のブラッシングと定期健診がとても重要になります。
    出典 :小児歯科|成城歯科医院|ふじみ野市の歯科医院です
  • 万全な体制で新しく生えてくる歯を守ろう!