症状の出にくい「クラミジア」どんな病気?

女性は症状が出にくい病気と言われている「クラミジア」
いったいどんな病気なのでしょうか?

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クラミジア

  • クラミジア

     

    クラミジアトラコマティスという菌に感染することで
    起こる病気がクラミジアです。男性は尿道炎など症状が出やすいのに対し、女性にはあまり症状が出ないようです。そのため本人が気づかず、他の人にうつしてしまう危険性があります。

  • 日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上といわれています。
    出典 :性器クラミジア感染症とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
  • 男性や女性の性器には依然として住み着いており、今や性感染症(性病)のナンバーワンになっているのです。
    出典 :クラミジアとは?:性病検査のアイラボ
  • 感染経路

  • 感染

     

    コンドームなしの性行為により、男性の尿道分泌物から女性の性器に、女性の性器から男性の尿道に感染します。最近、オーラルセックスの流行によって、性器から咽頭(のど)に感染するケースが増えています。基本的には、コップの回し飲み、トイレの便座、風呂で性器や咽頭に感染するケースはありませんが、性器からの分泌物が目に入ると激しい結膜炎を引き起こすことがあります。

  • 症状

  • クラミジアの症状としては、排尿時に尿道がしみるように痛んだり、
    かゆみを感じたり、尿道口から水っぽい白い膿が出てきます。
    出典 :クラミジア 上野クリニック
  • 男性

  • 軽い尿道の痒みや不快感を感じる人もいます。
    尿道をおなか側から外尿道口に向けて圧迫すると粘液性の分泌物を確認できる場合もあります。
    出典 :クラミジアとは?:性病検査のアイラボ
  • 女性

  • 子宮頸管炎は症状が少なく、感染を自覚することはあまりありません。
    オリモノが少し増えるといった症状や、時に性交後に軽い出血を訴える人がいる程度です。しかし、子宮内膜→卵管→腹腔内にまで感染広がると激しい症状を訴える場合もあります。
    子宮付属器炎や骨盤腹膜炎になると下腹部の痛みや性交痛などを感じるようになります。
    出典 :クラミジアとは?:性病検査のアイラボ
  • 治療法

  • クラミジアの治療には抗生物質を投与します。
    通常は2~4週間でほとんど治ります。
    ただし、症状が消え、菌が検出されなくなってもしばらくすると再発することがあるので要注意です。
    出典 :クラミジア 上野クリニック
  • 1日~1週間、薬を服用します。
    劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合には、3~5日ほど点滴を行います。
    出典 :性器クラミジア感染症とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト