妊婦さんの股関節痛。原因と対策まとめ

多くの妊婦さんに見られる股関節の痛み。
その原因、痛みを軽減させる方法とは?

view480

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠すると、お母さんの体は出産に向けての準備を始めます。
    まだお腹が目立たない時期でも、身体の中では大きく変化しているのです。
    それに伴い、様々な症状がでてきます。

  • 妊娠初期からの股関節痛

  • 妊娠中に股関節痛(足の付け根の痛み)を訴える患者さんはとても多いです。
    痛みがひどく、産婦人科の先生に相談したり、整形外科へ行くと、
    「妊娠すると、出産に備えて骨盤が緩くなるので、痛みが出るのはしょうがないこと。
    出産すれば治るから、しばらく我慢して。」
    と言われ、痛み止めなどの薬も処方してくれないことがほとんどです。
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
     

    いくら仕方ないとはいえ…我慢するしかないのは辛いですよねぇ。

  • 股関節痛の原因

  • どうして妊娠中は、股関節に痛みが出るのでしょうか?
    それは、「骨盤が広がる」 からなのです。
    骨盤は、女性の方が広く、出産に適した形をしていますね?
    女性は、出産にむけて骨盤を開きやすくしていくのです。
    出典 :妊婦さんの股関節痛 原因と対処法|松山肩こり解消サロンLa・CunaSPA
  • 出産に向けて骨盤が開くのは普段ではありえないほどの運動量(開き具合)です。
    おもに前が(恥骨結合)開きますが、その周辺の筋肉や靱帯も引っぱられます。
    ※症状は、小柄で骨盤の小さい女性、筋肉が少ない(弱い)女性に多いようです。
    ひっぱられること、それが痛みの原因のひとつです。
    出典 :妊婦さんの股関節痛 原因と対処法|松山肩こり解消サロンLa・CunaSPA
     

    現代人は、生活様式の変化から骨盤周りの筋肉が弱く、
    妊娠初期から骨盤が緩みすぎてしまう傾向があるそうです。

  • 骨盤が緩んでいるということは、歪みやすいということです。
    ただ緩んでいるだけでは症状は出ないのですが、
    歪んで左右のバランスが崩れると、股関節痛など、痛みや不快な症状がでるのです。
    産前から骨盤に歪みがある人は、より歪みがひどくなり、症状も出やすくなります。
    日常生活のちょっとしたクセなどでも骨盤は歪んでしまいますので、妊娠中は特に気をつけましょう。
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
     

    妊娠前から骨盤が歪んでいた人、腰痛持ちの人などは特に要注意です。

  • 股関節痛の人に多いクセ

  • •横座り、アヒル座り(ぺちゃんこ座り)をよくする
    • イスに座った時に足を組む
    • 立っているときにどちらからの足に体重をかけている
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
     

    思い当たる人は、なるべく癖を直すように心がけましょう

  • 股関節痛の対策法

  • 痛みが、「ゆるみ」からきているときは、
    骨盤ベルトなどを使い閉るとラクになることがあります。
    出典 :妊婦さんの股関節痛 原因と対処法|松山肩こり解消サロンLa・CunaSPA
  • 骨盤ベルト

     

    妊婦さん専用の商品もあります

  • 痛みがゆがみからの場合は、
    骨盤調整やマッサージでアンバランスを整えるとラクになります。
    妊婦体操も有効ですね。
    とにかく歪みが出にくい生活をこころがけましょう!
    出典 :妊婦さんの股関節痛 原因と対処法|松山肩こり解消サロンLa・CunaSPA
  • マタニティストレッチ~股関節 - YouTube

     

    股関節を柔らかくしておくと、出産時もラクになります。

  • 対策で言えば、同じ姿勢を長く続けないこと、
    股関節をこまめに動かす、
    立ち上がる時は最後まで床やテーブルに両手を付いて
    足の力のみで立ち上がらない、歩くときはゆっくり。
    などですかね~。
    出典 :妊娠中の股関節の痛み。 現在34週です。 1週間ほど前からから寝起きに“ピキーン”... - Yahoo!知恵袋
  • まずは痛みが出るような動作をできるだけしないこと。
    立ち上がるときは、腕の力も使ってゆっくり立ち上がるとか、
    痛いのにウォーキングは必要だとばかりに無理して2時間も歩くとか..
    そういうことは、症状を悪化させちゃうので避けましょう。
    出典 :妊婦の健康シリーズ15:股関節や恥骨部が痛い : ナースやすこの健康プラス
     

    なるべく痛みが出ないように、楽な歩き方や立ち上がり方を自分なりに工夫しましょう。

  • ただ、運動はある程度は必要です。
    まわりの筋肉を鍛えて関節を支えられるようにしたほうがいいし、
    妊娠中の健康管理にも大切なことですしね。
    痛みが出ない程度のことを上手に続けてください。
    出典 :妊婦の健康シリーズ15:股関節や恥骨部が痛い : ナースやすこの健康プラス
     

    自分の体や痛みと相談しながら、無理なく適度な運動は続けていきましょう!