【後遺症】脳内出血から回復するために☆リハビリの必要性や方法は?

脳内出血から回復するための方法としてリハビリがあります。リハビリには家族や医療従事者の支えが大変重要になります。少しでも後遺症を緩和できるよう、リハビリの流れや方法についてご紹介します。

view623

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ”脳内出血”は大変恐ろしい病気です…

  • 脳内出血とは、脳内の血管が破れてしまうことにより引き起こされます。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
  • 脳出血の原因は高血圧が最も多く全体の70%を占め、血圧が上昇する寒冷時や興奮時などに発症しやすくなります。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
  • ほとんどの脳内出血は、血圧が原因の事が多いのですが、脳動脈瘤や脳動静脈奇形といった先天的に血管の異常を抱えている人が中にはいます。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
  • ”脳内出血”を起こすとどんな症状が現れるの?

  • 脳内出血の前兆を気にする方が多いようですが、実際には脳内出血にはほとんど予兆がなく、突然、発症してしまう病気です。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
     

    前兆なく突然起こるのも脳内出血の怖さですね。

  • 脳出血が発症すると、頭痛、めまい、嘔吐、意識障害や運動麻痺、感覚障害などの症状が出現します。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
  • 代表的な症状は、意識がなくなった、体の半身が動かしにくい(片麻痺)、感覚がおかしい、ろれつが回らない、言葉が思い出せない、視野が狭くなったなど多彩です。とくに注意した方がいいことは、「体の半身に症状が出る」ということです。右側の脳に出血を起こせば左半身に、左側の脳に出血を起こせば右半身に症状がでて、体全体に症状が出ることは極めて稀です。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
  •  

    症状に個人差はありますが、突然頭痛やめまい、嘔吐などの症状や体にマヒが現れます。
    異変を感じたらすぐに病院を受診しましょう。

  • もし”脳内出血”が起こったら?

  • 出血量が少量であれば、血圧管理を行なって出血が吸収されるのを待ちます。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
     

    脳内の出血量が少なければ手術をせずに済む事もあります。

  • 出血量が多量の場合は、手術治療を行うことがあります。手術方法は、頭蓋骨を大きく開ける開頭血腫除去術と神経内視鏡を使った定位式血腫除去術の二通りがあります。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
     

    出血量が多いと手術が必要になります。

  • 後遺症は残るの?

  • 急性期の治療により症状は改善することもありますし、何らかの後遺症が残る患者さんも多くいます。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
     

    後遺症が残る方が多いそうです。後遺症を緩和するためにリハビリが必要になります。

  • 脳出血の後遺症として「麻痺」は有名です。
    脳出血によりなぜ麻痺が起こるのかというと、運動に関わる神経やその経路が障害されてしまうからです。
    出典 :脳出血後遺症とリハビリ
  • ”脳内出血”のリハビリ方法は?

  • ▶急性期

  • 発症後間もない急性期には、生命の危機があることや治療上の必要から安静を要することが多く、しばらくベッドに寝たままとなる場合もあります。
    出典 :脳出血のリハビリテーション 【MY介護の広場】
     

    しかしただ安静にしているだけでは様々な悪影響が出てしまいます。

  • 筋萎縮・関節拘縮を緩和しましょう

     

    ずっと寝たきりの状態だと全身の筋力が衰えてしまいますよね。
    この状態からリハビリを始めるとなると、かなり長い年月が必要になります。
    急性期の間も手足の関節を動かしたり、体の向きを変えるなどのリハビリが推奨されています。

  • 床ずれを防止しましょう

     

    寝たきりの状態では同じ箇所に体重がかかり続けるため、圧迫によって皮膚が壊死してしまうことがあります。
    体重を分散させるためにもこまめに体勢を変えたり、工夫が必要です。

  • 精神的なサポートも必要です

     

    1日中寝たきりで誰とも接点がなくなると、うつ状態になったり認知症が悪化することがあります。
    身体面だけでなく精神面でのリハビリも必要なのです。

  • ▶回復期

  • 脳出血の発症後4週間以内にこの時期に移行することが多いです。早期に始められるほどリハビリテーションの効果が得られやすく、急性期治療のための病棟や病院から、リハビリテーションのための病棟や病院に移って行われます。
    出典 :脳出血のリハビリテーション 【MY介護の広場】
  • まずはベッドから起き上がるところから

     

    いきなり歩行のリハビリを行うのではなく、まずはベッドから自分で起き上がったり、車いすに乗った状態で座位を保つリハビリが行われます。

  • 徐々に歩行のリハビリを行います

     

    しだいに歩行器や平行棒を使って立ったり歩くリハビリが行われます。
    後遺症の状態によってはこの段階がゴールになる場合もあります。

  • ▶維持期

  • 社会復帰を目指した生活支援のリハビリテーションが中心になります。退院してからも引き続きリハビリテーションを行う時期です。
    出典 :脳出血のリハビリテーション 【MY介護の広場】
  • 自宅や介護施設などでのリハビリ

     

    これまでの生活を少しでも回復できるよう、退院後もリハビリは必要です。
    後遺症のせいで閉じこもってしまう方も多いですが、周囲と関わり続けることも脳内出血からの回復には欠かせません。

  • まとめ

  •  

    脳内出血からの回復においてリハビリは非常に重要な存在です。
    後遺症の症状も程度も個人差が大きいので、自分に合ったリハビリを行う必要がありますね。
    また脳内出血からの回復には、周囲のサポートも欠かせません。
    リハビリの必要性をしっかり理解して、脳内出血からの回復をサポートしましょう。