胸痛はこんな病気もある!?膿胸☆

胸膜に炎症をおこしうみがたまった状態になると
膿胸と診断されるそうなのです☆

view244

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膿胸

  • 膿胸とは、胸膜(きょうまく)が炎症を起こし胸膜内に膿状の液体(うみ)がたまった状態をいいます。細菌性肺炎、胸腔内手術後に続いて起こるのが特色です。
     期間によって急性膿胸(3カ月未満)、慢性膿胸(3カ月以上)に分けられます
    出典 :膿胸<感染症> - goo ヘルスケア
  • また、菌の種類によって結核性(けっかくせい)、化膿性、真菌性膿胸に分けられます。原因となる細菌はブドウ球菌が最も多く、ほかには肺炎球菌、クレブシエラ、グラム陰性桿菌(いんせいかんきん)があります。まれに膿胸から悪性Bリンパ腫が発症します。
    出典 :膿胸<感染症> - goo ヘルスケア
  • 原因はなに?

  • (1)肺感染症由来:肺炎や肺化膿症など糖尿病や、ステロイド長期使用患者、抗がん剤使用者など体の抵抗力が落ちている時に発生する。(2)外科手術後:心臓・肺・食道・上腹部などの手術後に発生。(3)外傷後:胸腔の穿通性外傷後に発生。(4)食道由来:食道穿孔(義歯などの誤嚥、内視鏡後)、特発性食道破裂、食道がん穿孔など。
    出典 :�^��
  • 急に起きる事も

  • 急に起こる場合は、発熱、胸痛、胸水貯留による呼吸困難が主症状です。合併する肺炎による症状として膿性痰(うみのようなたん)、咳、などもみられます。一方、原因菌が結核菌である場合などは、ゆっくり発病し微熱(びねつ)、全身のやせなどが主な症状になることもあります。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 膿胸
     

    微熱程度で済めば良いのですが、場合によっては高熱にもなりそうですね

  • 症状

  • 急性期は長期の発熱症状があるのが一般的ですが、病態によっては高熱がない場合もあります。胸部の痛み、胸部の圧迫感、息切れなどを伴うことや、膿性の痰や血痰が出ることもあります。慢性の経過が長い場合には胸壁に瘻孔が出来て膿が出てくることもあります。
    出典 :膿胸 - 山梨厚生病院
     

    このような症状が出る事があるのですね
    血痰が出る事もあるようですが・・・怖いですね

  • 治療方法

  • 治療

     

    どのように治療方法があるのでしょうか
    この病気はとても難しい気がしますね

  • (1)抗生物質療法
    (2)持続胸腔内ドレナージ、胸腔内洗浄
    (3)外科治療:(1)(2)無効のときに行う。
    出典 :膿胸 - 山梨厚生病院
     

    このような療法がありますね

  • <急性膿胸>
    ・・・肺切除後の気管支瘻の場合;気管支瘻閉鎖・有茎筋肉弁被覆。
    ・・・特発性食道破裂;穿孔部閉鎖、有茎筋肉弁被覆。
    出典 :�^��
  • <慢性膿胸>:肺剥皮術、肺側肺剥皮術・胸壁側骨膜外剥離術、胸膜肺全摘術、大網充填術。
    <開創術>:実際の外科治療は、胸腔内を開いた状態にし、膿胸のコントロールを数ヶ月以上行った上で、上記の術式が組み合わせられることが多い(特に結核性の場合にこの術式が選択される)。
    出典 :http://www.hosp.go.jp/~swymhp2/kyuoubukekkangeka/nk.html
     

    このような術式を使う事がおおいのですね
    知っておいて損はないかもしれませんね

  • 結核菌が原因に

  • 正常ではわずかな水しか存在しないこの2枚の胸膜の間のスペース(胸腔)ですが、胸膜に炎症が起こると、胸水が増加してきます(胸膜炎の項参照)。細菌感染によって胸膜炎が起こり、この増加した胸水の中で細菌が増殖してしまっている状態を膿胸と言います。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 膿胸
  • 膿胸

     

    この状態はどのような状態なのでしょうか
    結核菌が関係しているそうですが
    結核菌は色々な事があるのですね

  • 膿胸という言葉は、胸水が膿のように混濁していることからつけられたものです。胸腔には空気がないため、空気がない方が繁殖に都合の良い嫌気性菌(けんきせいきん)という種類の一般菌や、結核菌(けっかくきん)が原因菌として有名です。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 膿胸
     

    このような物が原因になっているのですね