化粧ノリやメイク崩れの為に【産毛】処理しましょう

産毛の処理をきちんとしていますか?
これだけでも明るいお肌をつくるきっかけになるのです

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産毛の処理では

  • 「産毛」の処理をしていますか?産毛を処理することで、透明感もアップし、明るいお肌になると言います。また化粧ノリも良くなりメークの崩れも防げるという嬉しい効果もあるようです。
    出典 :産毛 [美ログ] スキンケア大学
     

    毛を剃るだけでこれだけ変わったら処理したくなりますよね

  • 処理するだけで

     

    効果が得られるならだれでも
    行いたい所ですが
    剃刀でしてしまうと人によっては
    肌を痛めてしまう事があるので
    注意しておきたい所らしいのです

  • 産毛の役割は?

  • 顔の産毛は肌を綺麗にしたり、肌を刺激から守る役割や老化を遅らせる役割があります。それによって、産毛の生え変わる時に、老廃物と一緒に外へ排出されてしまいます。産毛が顔に生えていることで、肌が紫外線からダメージを受けにくくなります。
    出典 :なぜ顔に産毛が生える?
     

    このようにみると産毛は大切なものになるように見えます

  • 産毛が生えることにはきちんと意味があるので、無駄に思えることでも必要だからあるということでしょう。産毛が生える仕組みをきちんと理解できれば、無駄には感じないでしょう。
    デリケートな肌を守ってくれるのが産毛の役割です。
    出典 :なぜ顔に産毛が生える?
     

    その分だけ、産毛の分だけケアをすれば問題ないとの意見もあるようです

  • 剃刀で剃る場合の注意点を知ろう

  • 石鹸や洗顔フォームを使わないこと。これらを使うと皮脂を落とし、お肌は乾燥しやすくなります。カミソリで剃るときには、保湿がたっぷりできるクリームや乳液を塗ってから行うのがいいでしょう。
    出典 :産毛 [美ログ] スキンケア大学
     

    洗顔のついでというのは辞めた方が良いみたいですね

  • 毛の流れに沿って剃ることも大事なこと。また何度も同じところ剃るのではなく、しっかり剃れるカミソリを使って一回で剃ることがお肌に負荷をかけないポイントともなります。
    出典 :産毛 [美ログ] スキンケア大学
  • もっとも重要な所が

  • 行う頻度は、月に1~2回程度。気になるからといって過度に剃り過ぎないようにしてくださいね。
    出典 :産毛 [美ログ] スキンケア大学
     

    また、ニキビや肌荒れが治まるまではしない方が良いみたいです

  • 剃刀の危険性は

  • 毛を剃る時には少なからず皮膚も一緒に削ってしまいます。ただでさえ敏感な顔の皮膚ですので、注意をしていても肌荒れといったトラブルの原因になってしまいがちです。
    出典 :顔の産毛って剃ると濃くなったりするの?
     

    この辺は気をつけたいですね

  • 濃くなる?

  • 濃くなる?という事は

     

    医学的には証明されていないようです
    また、濃くなる時期に丁度反り始める人が
    多いからそう思うというのも
    あるそうですよ