安全の為に「高齢出産の検査」は何をするべき?

安全の為に「高齢出産の検査」をしっかり覚えておきましょう。何があっても良いようにしておきたいですよね。

view188

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産の検査は

  • 超音波検査は妊婦健診で、赤ちゃんや胎盤の様子を見る時に行われています。この検査では奇形の有無をチェックでき、ダウン症の特徴である首の後ろの厚みを見ることができます。脳や心臓などの奇形も調べることができます。ダウン症は染色体の異常なので、超音波検査で確実にわかるわけではありません。
    出典 :高齢妊娠・高齢出産-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    超音波検査もするのです。

  • トリプルマーカーテスト 妊娠15~17週頃にママの血液の中から3つの成分を測定しダウン症、18トリソミー、神経管奇形などの可能性があるか調べる検査です。この検査は異常があるかを確率で表すので、確実にわかるという訳ではありません。確率が高い時は羊水検査を行い、異常があるかを確定することも可能です。
    出典 :高齢妊娠・高齢出産-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    このようなマーカーテストもあるのです。

  • 羊水検査は妊娠14~18週頃にママのお腹に針を刺して羊水を採取し、羊水の中にある赤ちゃんの細胞を培養し染色体の異常がないか調べます。結果が出るまでに2~3週間程度かかります。超音波で赤ちゃんの位置などを確認しながら行います。 羊水検査による流産の確率は約0.3%と言われています。
    出典 :高齢妊娠・高齢出産-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    羊水検査はそこまで流産のリスクを上げる事はありません。

  • 絨毛検査 妊娠9~11週頃に膣から細い管をいれ絨毛を採取します。採取した細胞を培養し異常がないかを調べます。妊娠初期に行うため流産の確率も高く約1~2%と言われています。
    出典 :高齢妊娠・高齢出産-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    このような確率も含んでいるので怖いのです。

  • 高齢出産の検査は

     

    値段も気になるのですが、全額負担になるそうです。羊水検査は10万円前後だそうです。産院によっておおきく異なるそうなので、事前に聞いておくことをお勧めします。

  • 出生前診断もある

  • 皆さんは「出生前診断」がどんなものか知っていますか? これは読んで字のごとく、お産に先立って胎児の健康状態を調べること。つまり、赤ちゃんが生まれる前に染色体異常(ダウン症など)や奇形の有無を調べる検査です。出生前に胎児の状態を知ることで、何か異常があっても産後すぐに専門家のケアが受けられます。
    出典 :【出生前診断って何?】 - 35歳からの高齢出産
     

    心の準備が出来るというのも嬉しい点じゃないでしょうか

  • 出生前診断には“命の選別をする”という問題が隠れています。胎児に何らかの異常があるとわかった場合、授かった命を育てていくか否かを決めなければなりません。ただし、出生前診断によってわかる障害の種類は数少なく、生まれてからわかる障害のほうがより多い・・・というのも現実です。
    出典 :【出生前診断って何?】 - 35歳からの高齢出産
     

    この問題はしっかり知っておかないといけないですね

  • 羊水の検査では

  • 高齢出産のリスクを心配して羊水について調べるのには主に2つの理由があるようです。 高齢出産の場合、若い妊婦に比べて、ダウン症などの染色体 異常の子供が生まれる確率が増加すると言われています。高齢出産を考えている女性は、まず最初に、ダウン症などの染色体異常のリスクを気にする方が多いようです。
    出典 :高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較:高齢出産 リスク@ダウン症:So-netブログ
  • ダウン症などの染色体異常があるかどうかを調べる1つの方法として、羊水検査というものがあります。この羊水検査をすることによって、染色体の数の異常や形の異常の有無を知ることができます。そのため、高齢出産を考えている女性は、最初に羊水について調べる方が多いようです
    出典 :高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較:高齢出産 リスク@ダウン症:So-netブログ
     

    高確率でダウン症などを知る事が出来ますが・・・

  • ・費用が高額(10~15万程度)・検査結果が出るまでに2週間ほどかかる。・羊水検査により流産してしまう可能性もある。・全ての異常がわかるわけではない
    出典 :高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較:高齢出産 リスク@ダウン症:So-netブログ
     

    これらのリスクがあるのです。

  • 新型は?

  • 今年の春から「新型出生前検査」が受けられる病院も出てきて注目度は高まっていますが、あくまでもまだ研究段階で一般には普及していません。この検査で分かるのは、ダウン症、18トリソミー、13トリソミーといわれる染色体の異常のみ。
    出典 :「新型出生前検査」でわかることはほんの一部!? 高齢出産での赤ちゃんへの影響は? | 「マイナビウーマン」
  • ほかにも産まれてくるまで分からない障害や持病はいろいろあります。検査はほかにも、染色体異常の確率が母体の採血でわかる「マーカー検査」、絨毛や羊水を直接採取して染色体異常を調べる「羊水検査」「絨毛検査」などがあり、後者は少数ですが流産につながることがあります。
    出典 :「新型出生前検査」でわかることはほんの一部!? 高齢出産での赤ちゃんへの影響は? | 「マイナビウーマン」
  • 様々な検査がありますが

     

    人道的なものを考えるなど色々な案を考えなくてはいけませんね。しかし、安心感を得られる変わりに金額を払うという人にはありがたい制度とも言えるかもしれませんね。