妊娠中の運転には、危険がいっぱい!?妊婦さんが運転するときに気をつける事とは!?

妊娠中の運転は、危険がいっぱい潜んでいます!!
でも車は、便利でついつい運転してしまう・・・。運転する妊婦さん必見です!!

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ▼妊娠中の運転は、危険がいっぱい!?

  • 妊娠初期は特に、体型が変わらないのに体調だけ変化している妊婦さんが多いと思います。朝は体調が良くても、疲れが出てくる午後や食後に急につわりの症状が出ることもあります。
    出典 :妊娠初期の運転
  • 運転中は気分が悪くなったからと言って、すぐに急停止できる場所ばかりではありません。立体駐車場や坂道は吐き気のある時には避けたいものです。体調が万全だと思っていても急変しやすいのが、妊婦の体の特徴です。つわりの症状が出ている時は、運転を控えた方が安全です。
    出典 :妊娠初期の運転
     

    妊婦さんは、体調の変化も多いので、あまり運転しないのがベスト!!
    遠乗りは、なるべくしない方がいいかもしれませんね・・・・。

  • 自分の体調と相談して、運転しましょう★

  • 妊娠初期は外見的にはわからないものの、妊婦の体の中では新たな命が宿り、大きな変化が起こっています。予想以上に疲労や体のだるさが急激に現われるもの、そのせいです。妊娠初期の昼食後や夕方、急に眠気が襲ってくるのは体力が消耗されているからです。
    出典 :妊娠初期の運転
  • たとえ妊娠初期のつわりの症状が軽くても、頻繁に疲労を感じたり眠くなる時の運転は注意力が散漫になりがちです。普段は当り前のように見ているサイドミラーやバックミラー、信号も意識的に注意してみる必要があります。
    出典 :妊娠初期の運転
     

    妊娠中は、ついついぼーっとしてしまうことも・・・。十分注意しましょう!!

  • 妊娠中はホルモンの関係で眠気におそわれたり、とっさの判断力がにぶったりしがちで、事故につながりやすいのです。そのため、なるべくなら運転しないように・・と書かれている本も少なくありません。
    出典 :妊娠中の車の運転
     

    運転中に眠気に襲われたら怖いですからね・・・・。

  • 運転する前の日は、しっかり睡眠を取ろう♥

  • 妊娠中は強い眠気を感じることがあります。運転中に我慢がならない眠気を感じたという方も。通勤時間に余裕をもって出発し、眠気を感じたら休憩をとられてはいかがでしょう。また、頭がぼーっとしたり、判断力がにぶくなることも多いです(仕事の能率が落ちたことはないですか?)。車は一瞬で加害者にも被害者にもなりますので、お互いに気をつけましょう。
    出典 :妊娠中の車の運転
     

    車は、便利ですが、一歩間違えれば凶器にもなります・・・。

  • ▼車の振動も妊婦さんには負担!?

  • 一番負担になるのは振動です。急な発進、右左折時やマンホール等を超える際の振動は腹痛や張りが発生する場合があります。また同じ姿勢で過ごす為に血行が悪くなり、長時間の連続運転は体に負担がかかりやすくなります。特にお産の準備の為に骨盤の骨の結合部分がゆるみ、腰痛が出始めるのもこの時期。運転が辛くなりはじめる事もあります。
    出典 :安定期といえども要注意!妊娠中期で自動車を運転する時に気をつけること | nanapi [ナナピ]
     

    運転中の振動は、あまり妊婦さんに良くないんですね・・・。

  • ▼妊娠後期は、さらに運転に注意!!

  • 妊娠後期は、もっと注意が必要です★

  • 妊娠後期は、歩いていても足元がよく見えない時があります。運転席に座っても、ブレーキペダルとアクセルペダルが完全に見えているか確認してみましょう。ペダルが見えないと、予測で2つのペダルを扱うことになり、とても危険です。
    出典 :妊娠後期の運転
     

    これは危ないですね・・・・。

  • お腹が目立っていなくても、少しでも運転に自信がなくなった時は、本当に運転しなければいけない状況なのか考えてみましょう。
    出典 :妊娠後期の運転
     

    しっかり自分の体調と相談して!!