アディポサイトカインを良く知ってメタボ予防!?

アディポサイトカインをしっていますか?
善玉と悪玉に分かれるこれを知って健康に役立てよう

view157

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • アディポサイトカイン

  • 脂肪細胞を顕微鏡で見ると、中性脂肪をたくわえ、核やミトコンドリアなど細胞の働きに重要な小器官が隅に押しやられています。このため、脂肪細胞は脂肪をためこんでは必要に応じて分解産物であるFFA(遊離脂肪酸)やグリセロールを放出している単なるエネルギー貯蔵庫とみなされてきましたが、これはまったくの誤解で、体の機能調節に重要な生理活性物質を活発に産生・分泌している人体最大の内分泌臓器であることが明らかにされています。
    出典 :原因とメカニズム-メタボリックシンドローム-"アディポサイトカイン"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 「アディポ」は脂肪、「サイトカイン」は生理活性物質を意味し、アディポサイトカインは脂肪細胞から分泌されるその多彩な生理活性物質の総称です。
     アディポサイトカインには悪玉物質と善玉物質があり、悪玉には血栓をつくりやすくするPAI-1、インスリン抵抗性を起こすTNF-α、レジスチン、血圧を上げるアンジオテンシノーゲンなどが、また善玉にはインスリン抵抗性を改善し、動脈硬化を防ぐアディポネクチンがあります。
    出典 :原因とメカニズム-メタボリックシンドローム-"アディポサイトカイン"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • こんなものが

  • 脂肪細胞から分泌される生理活性タンパク質を総称してアディポサイトカイン(アディポカイン)という。アディポサイトカインには、動脈硬化を促進させる方向に働くTNF-α、PAI-1、HB-EGF、と動脈硬化に予防的に働くレプチン、アディポネクチン等が含まれる
    出典 :アディポサイトカイン - 薬学用語解説 - 日本薬学会
  • HB-EGF(heparin binding-epidermal growth factor-like growth factor)は大型脂肪細胞から分泌され、血管平滑筋の遊走・増殖をひき起こす。レプチンは白色脂肪細胞から分泌され、視床下部の満腹中枢に働き食欲を抑制する。アディポネクチンは小型化した脂肪細胞から産生され、インスリン感受性を促進する。内臓脂肪が蓄積した状態(内蔵肥満)では、これらアディポサイトカインの分泌異常が生じており,インスリン抵抗性を亢進すると考えられている。(
    出典 :アディポサイトカイン - 薬学用語解説 - 日本薬学会
  • 火消し役のようなもの

  • アディポネクチン

    アディポネクチンは、脂肪組織がつくりだす物質で、実験的には糖尿病や動脈硬化の防御作用があり、善玉 アディポサイトカインではないかと考えられています。
    アディポネクチンは、インスリンの感受性を高めるといわれています。
    また、アディポネクチンは、傷ついた血管が肥厚(ひこう)するのを防いだり、動脈硬化のもととなる血管壁への脂質沈着(ししつちんちゃく)を抑えたりすることがわかってきました。
    出典 :善玉アディポサイトカイン|大塚製薬
  • 血流にのって体中を見回りし、ストレス、過食、タバコ、飲酒などによっておこる「ぼや」が「大火」になる前にとめる「火消し」役のようですね。

     

    肥満になって一つ一つの脂肪細胞が大きくなると、すべてのアディポサイトカインの血液中の量は増えるのでしょうか。
    意外なことに、肥満や内臓脂肪が蓄積した人では、血液中のPAI-1などの量は増加していますが、アディポネクチンの濃度はむしろ低いことがわかりました。

  • 脂肪組織が分泌する物質は、ここで紹介した善玉アディポサイトカインのアディポネクチン、悪玉アディポサイトカインのPAI-1、TNF-αだけではありません。
    近年、これらをはじめとしたさまざまなアディポサイトカインの働きが解明され、血中のアディポサイトカインを測定する方法も開発されています。健康状態や病気とアディポサイトカイン・アディポサイトカインを分泌する脂肪組織の働きとの関連性について、今後も研究が進むことが期待されます。
    出典 :善玉アディポサイトカイン|大塚製薬
  • 生活習慣病のリスクがあがる

  • 内臓脂肪の蓄積は、これらのアディポサイトカインの産生・分泌に異常をきたし、血液中の悪玉物質が増加する一方、善玉物質の血中濃度を低下させることで、動脈硬化を直接的に促進し、また糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクを高めるのです。
    出典 :原因とメカニズム-メタボリックシンドローム-"アディポサイトカイン"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 生活習慣病を予防するためにも

     

    しっかりとアディポサイトカインをしって
    生活する事も必要になってくるようです
    しっていましたか?
    人体の不思議は沢山あるものなのです

  • その作用のまとめ

  • 1. 血管平滑筋細胞の増殖抑制作用、血管内皮細胞と単球の接着阻害作用、マクロファージの貪食能の低下作用などにより動脈硬化を抑制

    2. 脂肪細胞のインスリン感受性を高めることによる抗Ⅱ型糖尿病作用
    出典 :糖尿病改善!超善玉アディポネクチンとは|アディポリック開発のANZU KLIMERS株式会社|アディポネクチン情報
  • 3. 内臓脂肪のサイズを小さくすることによる脂肪燃焼作用

    他に、メタボリックシンドロームの改善、高血圧の予防、抗ガン作用、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、高脂血症の改善、コレステロールの正常化、老化防止、血栓の予防、インフルエンザの予防、生活習慣病の予防などの効能が報告されています。
    出典 :糖尿病改善!超善玉アディポネクチンとは|アディポリック開発のANZU KLIMERS株式会社|アディポネクチン情報
     

    この超善玉物質をうまく利用しましょうね