ヘルペスの治療は、早期に行うことが大切です!

ヘルペスの治療は、それほど期間を要するものではありませんが、行くタイミングによっては長引いてしまうこともあります。症状が出たら早めに受診しましょう。

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早く治療をした方がいい理由

  • ヘルペスはウイルスが原因で起こる病気なので、ヘルペスの治療は抗ウイルス薬で行います。

  • 抗ウイルス薬には外用薬と内服薬、点滴の3種類があり、症状の程度などによって次のように使い分けます。
    出典 :ヘルペス | 口唇ヘルペスの治療法は? : 病気・症状- セルフドクターネット
  • 軽症で、それほど頻繁に再発しないような単純ヘルペス(口唇ヘルペス)には軟膏などの外用薬を使用します。

  • 皮膚の症状だけではなく、神経細胞内のウイルス増殖を抑える必要がある場合は、内服薬が効果的です。

  • 初感染で重症化している場合や、免疫不全などの疾患がある場合は、入院して点滴治療を行うこともあります。

  • しかし、発症してすぐに治療を始めることで、すぐに症状を抑えることができます!!

  • 抗ウイルス薬を飲むことにより、単純ヘルペスウイルスの数が減っていきます。しかし、発症してから抗ウイルス薬を服用では、ウイルスが増えてしまっている状態なので遅いです。
    出典 :抗ウイルス薬について:ヘルペスの基礎知識
  • 再発の予感がしたら、あるいは、口唇ヘルペスの症状が出たら、早い時期に治療を始めるほうが治りも早くなります。
    出典 :治療方法とお薬|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト
  • ヘルペスの一つ「帯状疱疹」は特に早期治療が大切!!

  • 帯状疱疹は、子どもの頃にかかることの多い「水ぼうそう」のウイルスによる感染症です。
    出典 :帯状疱疹HOME
  • 水ぼうそうのウイルスも、ヘルペスウイルスの中の1つです。
    帯状疱疹というと特別な病気と思われがちですが、6~7人に1人がなるというほど、私たちにとって身近な病気です。

  • 帯状疱疹の対応のポイントは、ウイルスが皮膚や神経に与えるダメージが少ないうちに、つまり症状がでたら早いうちに治療を始めることです。
    出典 :治療方法とお薬|帯状疱疹
  • 帯状疱疹は、単純ヘルペスウイルスによる病気(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)とは違い、一度かかると免疫ができるため、再発しません。
    しかし、そのかわりに後遺症が残る場合があります。

  • 放置すると後遺症が残り、予後がよくないこともありますので早期の受診が必要な病気です。
    出典 :帯状疱疹|症状|治療|ヘルペス|水ぼうそう
  • 体にピリピリとした痛みがある、赤い水ぶくれができたなど、疑わしい症状が見られた場合はすぐに受診しましょう!
    皮膚科でも内科でも診てもらえます。