【妊娠中のケア】妊娠中の腰痛対策まとめ

妊娠中の腰痛は本当につらいですよね。マッサージとかも行きにくいですし、お腹が大きくなるほど腰痛も悪化してきます。産後も付き合っていくしかない女性的骨盤の変化をケアするための、腰痛対策をまとめてみました。

view188

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腰痛は身体からのメッセージ

  • 妊娠して腰に痛みや違和感が出てくるということは、ある意味では体からのメッセージです。そのメッセージとは、赤ちゃんを産むために生活習慣、あるいは生き方となる中心の軸を見なおそうよ、という体からの声です。
    出典 :妊婦(妊娠中)の整体/腰痛・坐骨痛・尾てい骨痛・股関節痛・対策と解消法 マタニティ整体・産後整体 専門 / 東京都内・出張整体 響気整体(ヒビキセイタイ)
     

    身体からのメッセージでもあるようです。つまり、母になる環境を整えてますよ、というメッセージということなのかもしれません。

  • 妊娠中の腰痛が起こる原因は

  • 一つは、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。もう一つは、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を回復しにくくしたり、関節への負荷が強まることによるものです。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
     

    ホルモンが分泌され、出産準備のために骨盤が広がっていくことで腰痛が起こるようです。あとは、重心が変わって反り腰になってしまいますよね。腰痛の原因とわかってても、まっすぐな姿勢を保つのは辛すぎますよね…。

  •  

    ホルモンの影響や姿勢の変化など、自然な変化に必要な症状として腰痛が起こります。妊婦にとって腰痛は避けられないようですね。

  • 妊娠すると10Kg前後体重が増え、姿勢の変化が起こります。そしてお腹が大きくなり、重心が前方に移動する事により、骨盤や腰椎が前傾になり、それを脊柱起立筋という筋肉で後方に支えバランスをとろうとします。そのため絶えず背中が張った状態が背部痛~腰痛の原因になります。
    出典 :第82回 妊娠中の腰痛対策 | マガジン | 生活の木
  • 妊娠中にできる腰痛対策

  • 二人組みのストレッチ・・・ 二人が向かい合い両足を肩幅位に開きます。お互いの手を両肩に置いて、ゆっくり息を吐きながら背すじを伸ばします。一人でやるときはシンクやテーブルなどにつかまりながら行うとよいでしょう。
    出典 :第82回 妊娠中の腰痛対策 | マガジン | 生活の木
  •  

    妊婦さん二人組でなくても、旦那さんと一緒にやるのもいいですね。腰を伸ばして気持ちよくストレッチ。

  • 休む時の姿勢「シムスの体位」これをするのとしないのと朝起きた時の腰の痛みが大分違う
    出典 :妊娠中の腰痛対策 | 腰痛book
  •  

    お腹が大きくなると仰向きではかなり辛いもの。横向きに寝るのでも、クッションをつかったり、抱き枕を使うシムスの体位は腰痛にも良いようです。

  • 1. 仰向けに横になり、両膝を立てます。足をそろえて左右の膝もくっつけましょう。
    2. そのまま右側に膝を倒します。ゆっくり5~10秒カウントしながら動かし、左の腰横が気持ちよくストレッチされればOK。
    出典 :妊婦の方の腰痛の原因と対策 | iGotit
  •  

    お腹が張るようだったらやめておきましょう。

  • 肌スピコントロール パパにも出来る!妊娠中の腰痛マッサージNEW - YouTube

     

    パパにやってもらう腰痛マッサージもお勧めです!

  • 妊娠中の腰痛は、赤ちゃんが無事に出産するまでの準備の影響ともいえます。
    骨盤が安定するまでは大変ですが、しっかりケアして産後の対策も行いやすいようにしておきたいですね。