今第1子を妊娠中の山田優が以前経験した、「早期で自然に流れた」流産とは?

先日第1子の妊娠を公表された山田優さん。彼女が以前経験した、「早期で自然に流れた」流産とは?

view5325

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 以前流産の経験があった山田優

  •  

    先日、小栗旬さんとの第1子を妊娠されたことを公表した山田優さん。
    ハッピーなこのニュースを聞いて元気づけられた人も多いはず!

    でも実は山田優さんは、以前にお子さんを流産された経験があったそうなんです。

  • 一昨年、27才のとき、「子供を持ちたい」という気持ちが決め手となって小栗と結婚した
    出典 :モデルの山田優が小栗旬との子どもを過去に流産していたと告白 - ライブドアニュース
     

    お子さんが欲しかったんですね!
    その気持ち、よく分かります・・・!

  • 山田は「実は去年、一度妊娠したものの、流産してしまったんです」と告白。
    出典 :モデルの山田優が小栗旬との子どもを過去に流産していたと告白 - ライブドアニュース
  • 初産にはよくあることだと担当医から説明を受けたそうで、「私自身はメンタル的にあまり落ち込みすぎずに捉えることができたんだけど」と振り返る
    出典 :山田優、過去の流産を告白 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -
     

    でもやはり、辛かったところもあったんじゃないでしょうか・・・

  • 山田の妊娠報道は、『週刊女性』と同日発売のスポーツ紙や週刊誌のWebサイトなどでも、なぜか後追い報道が一切ありませんでした。
    出典 :山田優、妊娠3カ月報道も「全然話題になっていない」裏事情とは?|サイゾーウーマン
     

    確かに、あまり大げさに報道されていませんね。

  • メディア各社が報道禁止に従ったのかといえば、やはり山田の母体を気遣ってのことなのでしょう。つまり、山田が安定期に入るのを待ってからの発表、という流れに各社が同意したというのが真相です
    出典 :山田優、妊娠3カ月報道も「全然話題になっていない」裏事情とは?|サイゾーウーマン
     

    一度流産されていることや、山田優さんの気持ちを考えると、安定期まで待って・・・という周囲の気遣いが理解できます。

  • 山田優が経験した「早期で自然に流れた」流産とは?

  • 流産とは、妊娠の早い段階で赤ちゃんが死んでしまうことで、妊娠12週未満の流産を早期流産といい、12週以降の流産を後期流産といいます。流産は妊娠された方の15%程度で起きることで、流産全体の約80%程度は早期流産に該当するそうです。

  •  

    「早期で自然に流れた」という表現から、恐らく山田優さんの流産は「早期流産」だったのではないかと思われます。

    流産は全妊娠のうち約15%に起きると言われていますから他人事ではありませんよね。

    早期流産の原因や兆候はあるんでしょうか?

  • 妊娠初期の流産は、母体でなく、受精卵に原因があることがほとんど

  • 流産には胎児要因のもの、母体要因のものがありますが、早期流産の場合は胎児の染色体異常が要因となるケースがほとんどのようです。
    私たちの体は小さな細胞が連なって出来ていますが、これら小さな細胞一つ一つに核が存在しています。その核には私たちの体を作り出す為の情報が蓄積されています-いわゆるDNAと呼ばれるものです。このDNAを特殊なたんぱく質によってひとつのカプセルのような形にまとめているのが染色体です。
    染色体に異常がある場合、体を十分に形成する為の情報が不足している為、不十分な発育のまま成長が止まってしまいます。この様な染色体異常によって胎児の成長が不完全なまま止まってしまう為、胎児が死んでしまうのです。
    死んでしまった胎児からは出血が始まり、子宮内に残った胎児を母体は外へ出そうとします。これが早期流産の起こる原因です。

  • 初期流産の兆候・サインとは?

     

    ●出血
    ●腹痛
    ●腰痛
    ●基礎体温の急な低下
    ●つわりが突然なくなる

    これらの症状が見られたらすぐ病院を受診してくださいとのこと!

  • もし赤ちゃんがお空に帰ってしまっても自分を責めないで

  • 胎児の染色体異常が要因となっている場合、卵子・または精子側の染色体異常が要因となっているケースがあります。しかし、ほとんどの人は卵子・精子に10%~25%程度の染色体異常を抱えています。高年齢出産に流産が多いのは、加齢と共にこの染色体異常の数も増えていく為です。しかし、これはすべての人に共通のことで、流産が異常ということでは決してありません。残念なことですが、流産は誰にでもありえることと理解し、仮にそうなってしまったとしてもご自身やパートナーを責めるようなことはやめましょう。

  • ただし、流産が癖になってしまうと注意が必要

  • 3回以上流産を経験された方はその後も流産をしやすいという特徴があるようです。習慣流産と呼ばれており、ここではパートナーお二人の要因を検討する必要があります。遺伝的な染色体異常がある場合、子宮が変形するなどの異常が起きている場合などが挙げられるそうです。色々抱え込んでしまうよいrも、お医者様にきちんと診察してもらうことが何よりだと思います。

  •  

    流産という辛い経験を乗り越えて、再び命を宿した山田優さん。
    女性として、これからの彼女とご家族を応援したい気持ちでいっぱいです!

    元気な赤ちゃんが待ち遠しいですね♫