木村拓哉と工藤静香の娘がコンクール最優秀賞!7歳までに楽器を習わせるとキレにくく頭の良い子供に!

先日、木村拓哉さんと工藤静香さんの二人のお嬢さんがフルートのコンクールに出て
長女は最優秀賞、次女は優秀賞に輝きました。
素敵ですね!羨ましいですね!
幼少期から楽器を習うメリットをまとめました。

view1009

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • キムタク・工藤静香夫妻のお嬢さんが快挙!

  • 同誌によると、キムタクの小学生の娘2人はフルートを習っており、10月末に行われたコンクールに出場し長女が最優秀賞、次女が優秀賞を受賞。
    出典 :将来が期待されるキムタクの2人の娘 - ライブドアニュース
  • 幼い時からバイオリンとフルートを習い、英国系のインターナショナルスクールに通っているという2人の娘。
    家では両親と一緒に英語を話し、最近はフランス語でも会話しているとか。
    出典 :芸能界も目の色を変える?キムタク&工藤静香の娘たちの美貌とオーラがすごいとの噂
     

    フルートだけではなくバイオリンも習っているのですね。
    さらには英語やフランス語も堪能だとか。

  • 幼児から音楽を習わせるメリット

  • Joueur de Balafon 撮影者 Christophe ALARY クリエイティブ・コモンズ 表示-改変禁止 2.1

     

    音楽は世界共通言語です。
    音楽を習うことでお子様の世界を広げます。

  • 幼児期に音楽に親しみ、楽しみながら楽器演奏を学ぶのは大変有意義なことです。
    音楽には時代や民族を超えた共通性があり、世界に通じる豊かな人間性を育ててくれます。
    出典 :幼児教育・音楽を学ぶ|子どもの習い事「どんちゃか幼児教室」
  • 幼児教育で音楽を学ぶメリットとしては、大脳が急速に発達する時期に優れた芸術に触れるという点や、楽器を自らで演奏し音楽を奏でるという事に喜びを感じる事ができます。それにより想像力や感受性、創造性、表現力など情緒的な面が大きな発達をするのです。
    出典 :遊び感覚で楽しく学べる人気の幼児教育 - スカイプで子供オンライン英会話 - リップルキッズパーク
  • ピアノ演奏で必要な、 「指を動かす・先を読む・暗記」 これらは全て脳の働きを高める。

    ピアノを習っている子は頭が良い。さらに、ピアノを習うとキレにくくなるということです。
    出典 :ピアノが習い事に良い理由とは?
     

    脳科学の先生も、子供にひとつだけ習い事をさせるなら楽器(ピアノ)が良いと主張しています。

  • MRIなどの科学技術の発達によって、幼少期から訓練を受けたプロの音楽家は音楽家ではない人と脳の作りが違うということが判明した。長期間に渡る音楽の訓練やプロレベルの演奏によって、身体の動きを司る聴覚野と運動野と双方において解剖学的にも脳が強化されているという。
    出典 :【知ってた】音楽と脳の関係→楽器の演奏は脳に良い刺激を与えるなどのメリットがいっぱい - IRORIO(イロリオ)
  • たとえ簡単なものであっても、一曲を仕上げるためには、それなりの練習が必要です。
    毎日継続して取り組む忍耐力と、努力の結果弾けるようになったときの達成感や自信は、音楽以外の分野でも、子供にとってプラスになるに違いありません。
    出典 :女の子にさせたい習い事1位ピアノ教室
     

    楽器を習うことは「努力する才能」を育てます。
    野球で活躍した松井秀喜さんもピアノを習っていたそうです。

  • 作者 Claudette Gallant

     

    楽譜が読めるようになるというメリットもありますし、
    楽譜を読むことで記号や形などの理解を育てます。

  • また楽譜の中には様々な音符や記号があり、読んでいくにつれて形や数を認識していけるようになるでしょう。
    出典 :【021】子どもが楽器を習う意味 | マット音楽教室
  • 音楽で育つのは感受性などの情緒的なところばかりではない。どんな楽器でも、強弱をつけながら演奏をする。その時に自分なりに情景を思い浮かべながら、演奏をするなどの表現力も身につく。そして、指の動きでは記憶力や判断力、認識力や思考力など、ふだんの生活を送るなかではなかなか磨けない能力をアップされることができる。
    出典 :子供 音楽教室の教室・習い事・資格 | ケイコとマナブ.net
  • 音楽的な才能をみがくには、ちょうどいい(もっとも敏感に感じ取られる)時期があります(敏感期)。たとえば、音を記憶する能力(絶対音感)は幼児期を逃すと身につきにくいという報告もあります。
    出典 :音のおけいこ いつから?なにを?
     

    絶対音感は幼児期にしか身につけることができません。

  • 絶対音感は幼児期に身につければ、音楽経験を継続していく限り一生消えない素晴らしい音楽的聴覚です。その恩恵を生涯に渡って享受していくことが出来ます。適切な時期を失しないで、絶対音感を身につけてあげることは、指導者や保護者の責任であると言えましょう。
    出典 :絶対音感のメリット