ちょっと見直してみて「角質培養のやり方」で肌が変わる!

スキンケアをちょっと見直してみませんか?角質培養のやり方を覚えると肌が変わるそうですよ。

view491

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 忍耐が必要という事

  • お肌の特別なケアを一切行わず、お肌をあえて放置することで状態を回復させる角質培養には忍耐が必要です。角質培養を行うと、一時的にお肌の調子が悪くなると感じる時期がある為です。角質培養が成功するまでの流れを知っておくことで、途中で不安になったり挫折する可能性は減ります。
    出典 :角質培養成功へのプロセス
     

    正しい方法で行う事が綺麗なお肌を手に入れる事なのです。

  • コチラのように

     

    角質培養を行うと綺麗な肌になるのがわかりますか?独断と偏見ですが、ここまで綺麗になる事を想像する事が出来れば新しく綺麗な肌になれますよ。

  • ここは知っておいて

  • 角質培養を行うと、一時的に毛穴に汚れがたまって角栓が毛穴に詰まった状態になります。毛穴が詰まるとはお肌がくすんだり、黒ずんだり、ゴワゴワしたりするので良いことはありませんが、無理にケアしてしまうと角質培養はできません。
    出典 :角質培養成功へのプロセス
  • 初めて角質培養を行う場合は、1ヶ月半~2ヶ月をめどに行うようにしてください。角質培養が無事に成功すると、お肌に透明感が出てきて毛穴も引き締まり目立たなくなります。
    出典 :角質培養成功へのプロセス
  • 気になる角質培養のやり方

  • 肌への負担が大きいとされるクレンジングオイルや、シートタイプのメイク落としの使用はNG。できるだけ、肌の負担を軽くするためには、クリームやミルクタイプがおすすめです。 肌をこするのを防ぐために、たっぷり使って、やさしく撫でるようになじませます。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    メイクが残らないようにしっかりとなじませる事を忘れないようにしましょう。

  • 洗顔の際の摩擦を防ぐため、せっけんや洗顔料をよく泡立てます。手が汚れていると、せっけんや洗顔料の泡立ちが悪くなるため必ず、手を洗っておく必要があります。そして、フワフワの泡を顔に乗せ、こすらずに、やさしくなじませ、やさしく洗い流します。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    水気をふき取る際も擦らないように注意しておこなってくださいね。

  • 過剰なお手入れをしてはいけないとはいえ、角質培養では保湿は最重要です。さまざまな目的に合った化粧品がありますが、保湿を目的としたクリームや乳液を選びましょう。その際も、こすらずに、やさしく塗って下さい。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    紫外線対策も忘れずに

  • 角質培養とはすなわち放置プレイ

  • とにかくお肌をこすらないようにします。毛穴に角栓がたまっても、お肌がごわごわしても放置。 培養開始当初は化粧ノリが悪くなるし、見た目も悪くなります。でも、ぐっとガマンの放置。 もちろん、保湿や紫外線を防ぐ等お手入れは必要ですが、やり過ぎはアダになります。
    出典 :角質培養のすべて
  • ターンオーバーは肌が育つ大切なプロセス。 早く早くってお肌を急かしたら、ろくでもない肌しか育ちません。 化粧品会社に踊らされ、過剰なお手入れでお肌がビニールのように薄くキメがなり、 少しの刺激ですぐ赤くなるような、弱い肌にしてしまっていませんか? お肌は本来、自分自身で強く美しく育つ構造を持っています。
    出典 :角質培養のすべて
  • 角質とは、お肌の最前線で乾燥や刺激を守る美しき兵隊。 (実際は死んだ細胞で、お肌をセロテープでべっりっとやるとついてくるあれ。) それが何重にも重なり(角質層)、お肌の表面を作り、肌を守っています。 このお肌の美しさと強さの鍵を握る「角質」を育てることが、「角質培養」です。
    出典 :角質培養のすべて
  • ぱっとみると

     

    汚いようにみえるかもしれませんが、お肌の状態を回復させるという面ではこのような状態にする事もとても大切な行為という事になりますね。しっかりと角質培養をおこなってみましょう。