赤ちゃんの将来のために臍帯血、採っておきますか?

将来、赤ちゃんが「白血病」や「悪性リンパ腫」などの血液の病気なったときに、この臍帯血を使用して治療ができるという話があります。また臍帯血を提供して難病の人を助けることも、あなたはこの臍帯血をどうしますか?

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臍帯血を残すチャンスは一生に一度

     

    へその緒には、2本の動脈と静脈が通っているのをご存じですか?

  • 臍帯血(さいたいけつ 英名:Umbilical cord blood)とは、胎児と母体を繋ぐ胎児側の組織であるへその緒(臍帯:さいたい)の中に含まれる胎児血。「臍(さい・へそのお)」は常用漢字ではないため、さい帯血とも表記される。1993年以降は白血病などの血液疾患患者への移植医療に広く用いられるようになっている。
    出典 :臍帯血 - Wikipedia
     

    テレビCMでその存在をしられるようになった臍帯血とはへその緒の中にある血液です。

  • 出産後です。

     

    赤ちゃんと胎盤をつないでいるへその緒を切り離し、消毒してから採取します。

  • 臍帯血は何に使用されるの?

  • 赤ちゃんの血液ゆえに増殖能力が優れた幼若な細胞を多く含んでおり、拒絶反応やGVHD*が起こりにくく、移植後の副作用の可能性も低く環境条件に適応しやすい性質があります。骨髄移植では白血球型(HLA)が最低でも『6座中5座』が合わないと移植出来ませんが、さい帯血移植では『4座以上』が望ましいとされています。
    出典 :ステムセル研究所 - 「さい帯血」保管とは? - さい帯血とは
     

    移植や再生医療に使用されます。

  • 臍帯血の保管について

  • 赤ちゃんとお母さんをつなぐ「へその緒」の中にある血液「臍帯血(さいたいけつ)」は、赤血球や白血球、血小板などの血液細胞をつくりだす造血幹細胞をたくさん含んでいます。将来、赤ちゃんが血液の病気なったときに、この造血幹細胞を戻し、正常な血液細胞をつくってもらうという治療を行うことができるのです。
    出典 :出産前のママとパパへ!臍帯血バンクの基礎知識
     

    自分の臍帯血を使うので骨髄移植のような拒絶反応の心配もありませんし、赤ちゃん本人以外にも、白血球の型がある程度一致すればご兄弟やご両親の血液疾患の治療に用いることもできます。

  • 臍帯血を提供したい

  • 出産の際にお母さんのご協力で「提供」していただいた「さい帯血」は、患者さんの治療のため移植に使われます。そのため、移植に用いるさい帯血は、健康な母子から採取さ れ、厳しい基準のもとに保存されたものでなくてはなりません。そこで、さい帯血バンクでは、さい帯血の提供にいくつかの条件を設けさせていただいています。
    出典 :さい帯血を提供したい | 造血幹細胞移植情報サービス
     

    さい帯血の採取には、厳密な基準があります。そのためにはスタッフの訓練と採取施設(産科病院)との契約が必要だからなのです。

  • 臍帯血移植を受けられた方です

  • 臍帯血バンクの男の子より臍帯血をいただき、移植を受けました。

     

    私が今、この世に存在していられるのは、ひとえに支えて下さった皆様、そして関西の男の赤ちゃん(とそのご両親)のおかげです。

  • 関連リンク集