大腸ファイバー・大腸内視鏡検査体験談

大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)とは

大腸ファイバー(だは、胃カメラと同じく、軟らかいファイバースコープ(内視鏡)を、肛門(おしりの穴)より挿入して、直腸から盲腸までの大腸の全体を観察する精密な検査で、大腸内視鏡検査または下部消化管内視鏡検査と呼ばれています。

この検査で、大腸がんや大腸ポリープ

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中高年サラリーマンが大腸内視鏡検査を受けたときの体験

  • 大腸内視鏡検査を受ける方は、その多くが健康診断で便潜血に異常が見られた方と、腹痛や血便など自覚症状が現れた方です。このような場合は特に、胃の内視鏡で出血の原因が分かっても、分からなくても大腸内視鏡検査も受けて、消化器の状態を把握しておく必要があります。