【クマ撃退】クマの原因と解消法!

目の下のクマは美の天敵!「最近老けたんじゃない?」なんて言われることはありまんか?それ、クマが原因かもしれません。クマができると老けた印象になり、困ったものです。クマの原因とその解消法をご紹介していきます。

view728

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クマがどんなものか知りましょう

  • そもそもクマとはなんなのでしょう?

  • 目のクマができる部分の皮膚は、たった0.6mmしかない、体の中で一番薄い部分なんです。
    なので、皮膚の下のトラブルが、うっすら透けて黒っぽく見えるのですが、これがくまの原因の1つなんですよ。

    血行不良によるうっ血や、シミやくすみの原因となるメラニン色素がたまったりなど、くまができる原因はたくさんあるんです。
    出典 :目のくまができる原因がズバリ - 青・茶・黒くまを解消しよう
  • ・・・この頃鏡を見ると前より老けた気がするけど、どうしてだろう?もしそう思うことがあれば、それはクマが原因かもしれません。

  • 目の下にできるくまには、3種類あります。
    睡眠不足などの血行不良による「青色のくま」。
    皮膚のたるみによる「黒色のくま」。
    皮膚のしみやくすみによる「茶色のくま」です。

    ただし3種類あっても、どれも似たような色で、見ただけでは判別が難しいものです。
    ここで、分かりやすい判別方法をご紹介します。

    目の下を引っ張って薄くなれば、青色のくま
    目の下を引っ張って、少し色が薄くなるのなら、青色のくまです。
    生まれつき皮膚が薄かったり、睡眠不足などで血行が悪かったりなどは、目の下に刺激を与えると、色が変わるのが特徴です。
    青色のくまは、コンシーラーで隠すのが一般的です。
    日ごろから十分な睡眠を心がけて、血行の改善を心がけましょう。

    手鏡を持って上を向いたときに薄くなれば、黒色のくま
    たるみが原因によるくまは、たるみがなくなると、色が薄くなる特徴があります。
    したがって、手鏡を持って真上を向き、しみの色が薄くなれば、黒色のくまであると分かります。
    たるみが原因ですから、たるみを取ることが、黒色のくまの改善方法です。
    コラーゲン生成を促す化粧品を集中的に使い、目の下のたるみ改善を心がけましょう。

    目の下を引っ張っても、薄くならないのなら、茶色のくま
    しみやくすみは、そもそも肌の中にある色素が原因ですから、皮膚を引っ張っても、色が変わらない特徴があります。
    すなわち、目の下を引っ張っても薄くならなければ、茶色のくまであると分かります。
    しみやくすみが原因である茶色のくまには、美白化粧品が効果的です。
    目の下の部分を、特に集中的に美白すると、改善されやすくなります。
    肌を傷めない程度のピーリングも、効果があります。
    しみを取るのと同じ要領で、無理をせず、ケアしていきましょう。
    出典 :目の下にできる3種類のくまを、上手に見分ける方法と対処法。 | 若々しい肌を保つ30の方法 | HappyLifeStyle
  • クマには3つも種類があるんですね?!あなたの目の下は大丈夫?上記の方法でチェックしてみましょう。

  • それぞれのクマの原因と対策は?!

  • 3種類のクマ、原因を探って解消しましょう!

  • 色素沈着
    通称「茶くま」。

    目元にできたメラニン色素が原因で、主に皮膚ダメージによってできます。つまり、しみやくすみの仲間なんですよ。
    紫外線・赤外線、乾燥、こすりすぎなどが原因です。心当たりはありませんか?

    茶くまの原因は、メラニン色素の色素沈着。お肌への刺激が肌ダメージ(紫外線、目のこすり、肌に合わない化粧品など)となって、シミやくすみ(色素沈着)がクマになります。紫外線や肌荒れ、目の擦りすぎにご注意を!

    余談ですが、メイクが目の皮膚を刺激して茶クマになったり、アトピーや肌が荒れやすいと茶くまができやすいんですよ。

    解消法はこれ!
    茶くまは、しみやくすみを薄く&なくすることが一番の解消法です。お肌のスキンケアと一緒ですね。そのためには、肌のターンオーバー(新陳代謝)を元に戻すことが大切で、美肌成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなど)の補給をしましょう。お肌が正常なら、自然としみやくすみがなくなりますよ。目の下は特にケアして、保湿と新陳代謝を心がけてくださいね!

    目元は、他の肌と比べてターンオーバーが遅いと言われているので、茶クマの原因となるシミやくすみが治りにくい場所なんですね。保湿を怠ってターンオーバーがもっと遅れると、いつまでたっても茶クマは治りませんよ。
    出典 :茶くまを消す - 茶色い目の下のクマ・実はシミやくすみなんです!
  • 茶色いクマ、原因は色素沈着によるものなんですね。シミ・クスミと同様の対応が必要のようです。

  • 血行不良と肌荒れ
    通称「青くま」。

    青っぽかったり、微妙にムラサキっぽく見えるクマです。

    寝不足や不規則な生活で、目の周りの毛細血管の血のめぐりが悪くなると、黒ずんだ血がたまってうっ血して、薄い皮膚を通してくまが見えるんですね。

    青くまの原因は2つあります。1つは血行不足によるうっ血で、もう1つは肌荒れ。

    血行不良が原因の方は、睡眠不足などが引き金になって、酸素をあまり含まない血(=青黒い血)が目の下にたまて青くなります。目の使いすぎ、ストレスや冷えも血行不良となり青クマになります。

    もし「しっかり睡眠を取ってるし言うほど冷えもない」という方は、もう1つの原因である肌荒れを疑った方がいいかも。なぜなら、お肌が荒れると皮膚が一段と薄くなって、毛細血管が浮かび上がり血液が青く見えるんです。

    解消法はこれ!
    青くまの原因が2種類あるように、解消方法も2種類あります。「血のめぐりを良くすること」と「肌荒れを治す」こと。まず、血の巡りを良くするためには、

    温かいタオルをまぶたにあてる
    目の下のマッサージ
    睡眠をとる

    などが効果的ですよ。とはいえ、いろいろと忙しいと十分な睡眠時間を取ることは難しいですよね。ということで、目が疲れたら温かいタオルと目の周りのマッサージ。そして、血行を良くするビタミンEを多く摂ってあげると、目元に血が巡るのでうっ血のような青クマもスッキリしやすくなります。栄養が行きわたるから、目元にハリが生まれるかもしれませんね♪

    ただし、ひとつ気を付けて欲しいのが、目のマッサージを強くやり過ぎると、茶くまの原因になるので要注意!そっと優しくがキホンですよ。
    出典 :青くまを消す - 女性の美容の敵「目の下のクマ」の解消法をカンタンに解説
  • 青く見えるクマ、正体は血管だったんですね。疲れを取り血行を良くして青クマを解消しましょう。

  • 年齢によるもの
    通称「黒くま」。

    年齢とともに、気になり始めるたるみ。目元のたるみが黒くまの原因で、上まぶたの皮や脂肪が下まぶたにさがってクマになるんですよ。

    また、小じわの影がクマになることもあり「影くま」と呼ばれています。

    年齢肌が原因の黒くま。クマの悩みの中でも、一番重くてやっかいといえるんです。なぜなら、年齢とともに、下まぶたがたるんでできる影が、黒クマの正体だから。そう、つまり、たるみが犯人なんですよ。

    解消法はこれ!
    年齢とともに、ヒアルロン酸やコラーゲンが減って皮膚が薄くなると、目元にハリがなくなりたるみ始めます。すると、肌に段差ができて影を作るから、くまに見えてしまうんですね。黒くまを解消するには、次のことが効果的とされています。

    ビタミンの補給
    美容成分(ヒアルロン酸・コラーゲン)の補給
    美肌のためにビタミン類を積極的に摂ってる女性って多いですよね。老化防止に効果的なビタミンEなら、肌のたるみが解消されるかも?とはいえ、ビタミンEは植物性油の大豆油、ひまわり油、コーン油やアーモンド、ピーナッツ、小麦胚芽などハイカロリーな食品にたくさん含まれているので、積極的に摂るのは控えた方がいいですよね。

    ということで、ヒアルロン酸やコラーゲンを補給して美肌を目指すのが一般的です。アイクリームに含まれている成分がカギで、たるみ肌にハリを取り戻して目元を明るくしてくれるパルミチン酸レチノールやヒアルロン酸・ペプチド配合のものを選ぶといいですよ。

    黒くま(目のたるみ)解消は、どの方法でも即効性はありません。効果を実感し始めるまで1~2週間ぐらい必要ですよ。
    出典 :黒くまを消す - 黒い目元のクマ解消なら目元のたるみをハリのあるお肌に!
  • たるみが原因の黒クマ。若返りを目指し、しっかり対処して黒クマを撃退しましょう。

  • 画像を見比べてみると違いがよく分かりますね。。。

  • クマの対処法として、スキンケア用品を使用する、マッサージをする等様々なものがあります。大切なのは自分のクマがどの種類かを把握してそれぞれにあった対応を行うことです。

  • 目のむくみ 目のくま 目の疲れのケア方法 - YouTube

     

    目の周りがむくんでいる時はこのマッサージが有効です。疲れと一緒にクマも一気に解消しましょう。