満腹中枢を知ってダイエットに役立てよう☆

満腹中枢というものがあるそうなのです!
しっかり知る事でダイエットに生かせます☆

view184

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 満腹中枢

  • 満腹中枢とは、食べ物を摂取した際に、満腹を感じるための器官のこと。 正反対の性質をもった空腹中枢と同じく、脳の視床下部にある。
    出典 :【満腹中枢】食事して満腹を感じるためにある器官 | ダイエットSlism
  • 食事の摂取量をコントロールする

     

    食べ物を摂取すると、血液中にブドウ糖が増えて
    血糖値が上昇するそうなのです!
    満腹中枢は、血糖値の上昇を感知することで
    体にとって必要なエネルギー量か否かを判断する
    これ以上のエネルギーは不要」と判断すると
    脳の命令で食欲がストップし、食べ物の摂取量が
    適量にコントロールされるというのです☆

  • ポイント

  • ダイエットが難しいのは、お腹がすくからですよね。じゃあ、体に「お腹いっぱい!」と思わせれば、つまり満腹中枢を刺激すればいいってわけ。満腹中枢を刺激するポイントは、水分摂取、胃壁拡張、咀嚼回数、血糖上昇、交感神経刺激の5点です。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
  • •水分摂取 ・・・・・食前にコップ一杯の水を飲む
    •胃壁拡張 ・・・・・低カロリーでカサのある食品を積極的に摂取する
    •咀嚼回数 ・・・・・一口30回を目安に咀嚼する
    •血糖上昇 ・・・・・ゆっくり食べて血糖値を上昇させる
    •交感神経 ・・・・・食前に軽運動、浅早呼吸、芳香刺激をおこなう
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
     

    ポイントです

  • 食欲をコントロール

  • 食事から摂取した栄養素が分解され、血液中に増えたグルコースが満腹中枢を刺激する。こうして、食欲が抑えられ、食事を摂るのをやめる。 一方、空腹になると体内の脂肪が分解されて脂肪酸が遊離する。この脂肪酸が摂食中枢を刺激することで、お腹がすいたと実感し、食欲が湧いてくる。
    出典 :食欲のコントロール|摂食中枢と満腹中枢
  • 食欲をコントロールするには?

     

    食欲をコントロールするには、満腹中枢を刺激するまで
    ゆっくり食べることが一番安全なのです!
    他にも、胃の圧迫具合も関係しますが、すぐ出来る事は
    ゆっくり食べることです☆
    ゆっくり噛んで食べることにより
    消化改善、歯やアゴの強化、ストレス解消、味わえる効果が
    見込めるので、ぜひ実行するべきなのです☆

  • がっつりまとめると

  • ●満腹中枢は、その名の通り、満腹になったことを知らせてくれるところです。●満腹中枢は、糖分が吸収されて血糖値(血液中のブドウ糖の量)が上がったり、脂肪やタンパク質の刺激により十二指腸からホルモンが出てきたり、食べ物により胃の壁がふくれたり、などのさまざまな情報を受け取り満腹したという情報を大脳に送ります。
    出典 :基礎代謝と満腹中枢
  • ●動物実験でもガンガン食べてどうしようもないぐらい太ります。なかには胃袋が数倍の大きさになる動物もいます。●満腹中枢が働くまでには・・・食事を始めてから20分ぐらいはかかるといわれています。
    出典 :基礎代謝と満腹中枢
  • 早食いしない事

  • 早食いは太るという説があるが、これにも満腹中枢の性質が大きく関係している。 早食いは、血糖値上昇の情報が満腹中枢に届く前に、つい過剰な量を食べてしまいがちなので、結果として太ることにつながる。ただし早食いでも少食という人は、この法則に当てはまらない。
    出典 :【満腹中枢】食事して満腹を感じるためにある器官 | ダイエットSlism
  • 好きな異性ができてドキドキする…。この「恋する気持ち」も、満腹中枢を刺激するって知っていましたか?満腹中枢が刺激されると、食欲がダウンして体重もダウンさせられるので、恋心を上手くダイエットに利用しちゃいましょう!
    出典 :【満腹中枢】食事して満腹を感じるためにある器官 | ダイエットSlism