夜明け・食後に起こる頭痛などの症状…その原因は「低血糖」だった!?

目覚めた時に頭痛になっている、あるいは食後に頭痛になることが多いのは、低血糖が原因です。
「低血糖」を治して、頭痛から解放されましょう。
低血糖とは果たして何なのかを理解して、この状態を解消するための方法を知りましょう。

view12200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • このような頭痛に心当たりはありませんか?

  • 頭痛と一口に言っても色々な種類があります。
    自分が悩まされている頭痛はどのようなものであるのかをきちんと認識しましょう。
    頭のどの部分に痛みを感じるのか、どのようなタイミングで頭痛が生じるのかなどをはっきりとさせておくことが大切です。
    頭痛の状態を把握することができれば、そこから原因を推測することができるようになります。
    そして、原因が分かれば、具体的な対処をすることが可能となります。

  • 低血糖症が原因となって起きてしまうのが偏頭痛です。
    これは頭痛の一種であり、特徴としては頭の片側のみに発作的に痛みが生じて、それが続いてしまう症状のことです。
    脈打つような痛みが生じた場合は偏頭痛である可能性が高いです。
    ひどい場合には嘔吐を伴うこともあるため、日常生活に大きな影響を与えてしまうことになります。

  • 甘いものを食べると頭痛が治る…

     

    頭痛の時に甘い物や飲み物を摂ると、不思議に頭痛がラクになったら、低血糖が原因かも。

  • 低血糖とはどのような病気なのでしょうか?

  • 低血糖とは文字通り血糖値が少ない状態となっていることです。
    血液中にはブドウ糖が常に存在しているのですが、この量が通常よりも少なくなると低血糖となり、さまざまな症状が生じてしまいます。
    低血糖の状態を回復させるためには糖分を摂取すればよいです。

  • 低血糖の主な症状について

  • 低血糖の症状としては、まず副交感神経の症状として急激に空腹感が生じるようになります。
    続いて、中枢神経の症状としてめまいや頭痛、吐き気などをもよおすようになります。
    さらには交感神経の症状としてふるえや発汗、動悸が生じるようになり、もっと進行してしまうと、さらに酷い症状が起きてしまいます。
    たとえば、異常行動をするようになったり、錯乱してしまったり、痙攣や意識消失などの危険性があります。

  • 何故、低血糖になるのでしょうか、その原因は?

  • 低血糖になってしまう原因には色々なものがあります。
    特殊な原因としては、インスリンを過剰投与された場合や内服薬を大量の飲んだ場合などがあります。
    しかし、これらの原因に関しては多くの方にとってはあまり関係のないものです。
    それよりも、日常生活におけるさまざまな生活習慣が低血糖の原因となることの方が多いです。

  • 不規則な生活は低血糖の原因になる

  • どんな人が「低血糖症」になりやすいのでしょうか?

  • 低血糖になりやすい人の特徴は甘いものをたくさん食べることです。
    ただし、甘いものをあまり食べない方でも低血糖になる人はたくさんいます。
    それは炭水化物を多くの方が毎日摂取しているからです。
    ごはんや麺類、パンといった炭水化物にはブドウ糖が含まれているため、これが低血糖を引き起こす原因となるのです。
    もちろん、正常な量を毎日食べている限りにおいては低血糖の心配はありません。
    しかし、糖分を過剰に摂取すると、血糖値を調節する役割を果たすインスリンの分泌量が増えてしまいます。
    低血糖の方はインスリンが過剰な状態となっており、これによって必要以上に血液中のブドウ糖が取り除かれてしまいます。
    その結果、低血糖となるのです。

  • 血糖値を正常に保ちましょう

  • 毎日の生活の中で運動しましょう

  • 基本的に、規則正しい生活習慣を確立していて、毎日の食生活が良好な状態に保たれていれば低血糖にならずに済みます。
    何も特別なことをする必要はありません。
    健康な方と同じような生活を心がければいいのです。