双極性障害の症状 ~躁状態とうつ状態~

躁状態とうつ状態を繰り返すという双極性障害の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
躁状態、うつ状態それぞれのときにあらわれる双極性障害の症状についてまとめてみました。

view328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 双極性障害は気分障害というものに分類される精神疾患です。
    うつ病は「うつ状態」だけが症状として現れる病ですが、双極性障害の症状はうつ病とほぼ同じ「うつ状態」に加え、その真逆の状態である「躁状態」とを繰り返すという慢性の病気です。

    「うつ状態」は気分が落ち込んでいるといった抑うつ状態がある一定のレベルを超えて重症とみなされた場合のことをいいます。それに対して「躁状態」はただ単に元気、とかやる気に満ち溢れている、といったレベルを超え、病的なまでに気分が高揚している状態のことをいいます。

  • 双極性障害の症状 ~躁状態に見られる症状~

  • よくしゃべるようになる

     

    本当によくしゃべるようになります。
    休む間もなくしゃべるので、家族や周囲の人が疲労困憊するほど。

  • 躁状態になると、とにかく気分が高ぶり、機嫌よく誰かれとなく話しかけて回ったりします。夜眠らないでも平気で、自分は誰よりも偉いと感じているので、深夜・早朝でも気にせず電話をかけたりします。
    出典 :躁うつ病の手引き
  • ひどくなるとじっとしていられなくなることも・・・

     

    いわゆるハイテンションな状態になっているのが躁状態。
    そのため、とても活動的になります。
    それがさらにひどくなるとじっとしていることができなくなってしまうこともあります。

  • 一見調子が良いように見えますが、一方では、気が散りやすく、軽率になり、自制心を失っているので、こうした行動の結果、多額の借金を抱えたり、人間関係を乱したり信用を失ったりして、場合によっては社会的地位を失ってしまうこともあります。
    出典 :躁うつ病の手引き
     

    パッと見たところ、調子が良さそうに見えてしまうのが厄介なところですね。

  • 自分は周囲から尊敬されている素晴らしい人間だと確信して(誇大性)、突然選挙に出ようなどと言い出します。 最初のうちは、仕事がむしろはかどるかもしれませんが、あっという間にひどくなり、ちょっと口をはさむだけで怒り出します。
    出典 :気分障害とは何か
  • 軽躁状態は、躁状態のように周囲に迷惑をかけることはありません。いつもとは人が変わったように元気で、短時間の睡眠でも平気で動き回り、明らかに「ハイだな」というふうに見えます。いつもに比べて人間関係に積極的になりますが、少し行き過ぎという感じを受ける場合もあります
    出典 :双極性障害(躁うつ病)|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 軽躁‥体の隅々まで血液とエナジーが満ち溢れたような感覚で、痛飲して寝不足でもバチッと早起き、掃除洗濯筋トレランニングOkWave回答しまくり等々
    出典 :双極性障害II型の人の具体的な体と精神症状は? - メンタルヘルス - 教えて!goo
  • 躁病では、気分がハイになり、毎日が楽しく、エネルギッシュになり、活動的になります。しかし、怒りやすく、集中力も欠け、時には暴力も振るいます
    出典 :躁うつ病(双極性障害)の症状
  • 躁状態、軽躁状態いずれも本人に自覚症状がないのが特徴です。
    大きなトラブルを起こしていても患者本人は全く困っておらず、むしろ気分爽快で調子が良いと思っていることの方が多いのです。

    そのため、躁状態・軽躁状態の患者さんの周囲の人は困惑することが多いようです。

  • 双極性障害の症状 ~うつ状態~

  • 不眠、過眠といった睡眠障害

     

    寝つきが悪くなる、夜中に何度も目が覚めるといった不眠の症状はもちろん、いくら寝ても眠いという過眠の症状もでてきます

  • 激しい焦燥・不安・あらゆるネガティブ思考。肉体的には強烈な虚脱感と目眩、吐き気、ペン一本持てない体の崩壊感覚。離人症持ちでもあり、寛解したと思われる状態から転ぶと、本当に生き地獄です。
    出典 :双極性障害II型の人の具体的な体と精神症状は? - メンタルヘルス - 教えて!goo
  • うつ状態でも、患者本人が自覚できる症状もあれば、周囲の人が「あれ?」と違和感を感じて気が付くことができる症状もあります。

  • 表情が暗くなる

  • 過食・拒食

     

    食欲が減少あるいは増加してしまうことがあります。
    それに伴って体重の増減もみられます

  • 酒量が増える

  • 涙もろくなる

  • 気になる症状があれば、専門医の診断を!

  • これらの症状はあくまで目安ですが、「あてはまることが多いかも・・・」とか「最近ちょっとおかしい」といった気になることがあれば専門医に相談しましょう。
    インターネットや書籍などから得ることができる情報はあくまで参考に。自己判断は危険です。

    総合病院の精神科や心療内科、精神科専門のクリニックなどに行けば専門医の診断を受けることができます。そういったところがなく、どこへ行けばいいのかわからないときは地元の保健所に相談すると答えてくれるはずです。
    もし、かかりつけのお医者さんがいるのであれば、そこで相談してみるのもひとつの手段です。

    とにかく、「おかしいな」と感じたことをそのまま放置しないようにするのが治療の第一歩です。