脂質異常症治療を考えてる人におすすめ!!!脂質異常症治療ガイド!!!

脂質異常症治療ガイドには一体どんな事が書いてあるの???
脂質異常症治療には一体どんな方法が良いの???

view90

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脂質異常症とは??

  • 脂質異常症

     

    昔は高脂血症と言われていた病気です!!!
    命を脅かす可能性もある病気なので早目の治療や改善がおすすめです!!!

  • 脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が必要量以上になって、血管の壁にコレステロールがたまり、血管の内腔が狭くなってしまう疾患です。
    血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、過食や運動不足によって起こる肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足など生活習慣全般を見直すことが大切です。
    出典 :脂質異常症とは|脂質異常症これだけは知っておきたい|生活習慣病オンライン
     

    自覚症状が無いので気付きにくい病気でもあります!!!

  • 脂質異常症には診断基準があります!!!

     

    あなたは大丈夫ですか???

  • 脂質異常症の診断基準は、空腹時の血液中の脂質が
    ①高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール≧140mg/dL
    ②低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール<40mg/dL
    ③高トリグリセライド血症 トリグリセライド≧150mg/dL
    出典 :脂質異常症とは|脂質異常症これだけは知っておきたい|生活習慣病オンライン
  • 脂質異常症治療ガイドから学ぶ治療法とは???

  • 脂質異常症のリスクによる管理目標

     

    体調などによって治療方法が変わってくるようです!!!

  • 冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞など動脈硬化性疾患)の発症の有無により、一次予防と二次予防に分けられます。
    冠動脈疾患の発症がない場合は一次予防に分類され、冠動脈疾患の予防を目標としていきます。一次予防は、糖尿病などの危険因子を数値化し、リスクごとに3つに分類されています。生活習慣の改善を行い、必要に応じて薬物治療を考慮します。
    出典 :【高脂血症の診断基準】脂質異常症・ガイドライン | 高脂血症net
  • 危険因子とは???

     

    加齢(男性は45歳以上、女性は55歳以上)
    喫煙
    糖尿病(耐糖能異常も含む)
    冠動脈疾患の家族歴
    高血圧
    低HDLコレステロール血症

  • 危険因子に一つも当てはまらない場合は低リスク群、1~2つ当てはまる場合には中リスク群、3つ以上当てはまる場合には高リスク群に分類されます。
    また、糖尿病・脳梗塞・閉塞性動脈硬化がある場合には、当てはまる危険因子の数に関係なく高いリスク群に分類されます。
    出典 :【高脂血症の診断基準】脂質異常症・ガイドライン | 高脂血症net
     

    糖尿病がある人は更に注意が必要です!!!

  • 実際に行いたい治療法とは???

  • 食事療法や運動療法を行いましょう!!!

     

    まずは自分の生活を改善することから始めてみましょう!!!

  • 食習慣のポイントを心がけましょう。

    ・和食を多くとりいれる・早食い、まとめ食いはできるだけ避ける・朝食、昼食、夕食をきちんととる ・薄味にする ・なるべく腹八分目にする ・外食はできるだけ控える ・就寝前2時間は食べない
    ・よく噛(か)んで食べる
    出典 :[85]「脂質異常症」といわれたら||血管の病気|循環器病あれこれ|国立循環器病情報サービス
     

    少し改善するだけでも変わってきます!!!

  • 理想的な有酸素運動

    散歩、ウォーキング、軽いジョギング、エアロバイク、水中歩行、サイクリング、アクアビクス、水泳などの有酸素運動は、15分以上続けると効率よく脂肪が燃えだすため、1回15分以上行うのが望ましいです
    日常生活で、運動をする時間をつくるのが、難しい方もおられますね。その場合は、現在の生活パターンを変えずにできる運動が一番現実的です。
    出典 :[85]「脂質異常症」といわれたら||血管の病気|循環器病あれこれ|国立循環器病情報サービス
     

    生活の中に上手く運動を取り入れてみましょう!!!

  • 薬物療法

     

    医師の指導をしっかりと守って服用することが大切です!!!

  • 脂質異常症の薬には、主にLDLコレステロールを下げる薬や、トリグリセライド(中性脂肪)を下げる薬があり、医師は患者さんそれぞれに適した薬を処方します。薬を2~3か月服用しても、脂質管理目標値まで下がらない場合には、薬の変更や増量が検討され、数種類の薬を併用して服用することもあります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|脂質異常症(高脂血症) 病気の基礎知識