冷えから体を守るには温熱性食品を摂るべし!

体を温めるものと冷やすもの
そんな食材のわけかたをした事はありますか?
温まりましょうね

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温熱性食品とは

  • 温熱性食品とは、身体を温める作用がある食品である。 食品は身体を温めるもの(温熱性)と冷やすもの(寒涼性)に大別され、またどちらでもないものは「平性」とされる。 寒暖の差が激しい日本は、季節や気候によってそれらの食品を選ぶ必要がある。
    出典 :【温熱性食品】 食品の持つ性質と身体を温める働き | ダイエットSlism
     

    食事を選ぶ時は色々知識が必要なのですね

  • 温熱性食品は、漢方医学において身体を温める効果のある食品を呼ぶ。昔から身体を温めるとされてきた食材には、昔ながらの経験と現代の科学的裏づけがある。例えばカプサイシンや生姜は、これらの栄養素や食材には身体を温める作用があると報告されている。
    出典 :【温熱性食品】 食品の持つ性質と身体を温める働き | ダイエットSlism
     

    カプサイシンと言うものが有りましたね

  • 冷えを防ぐ効果が

  • 冷え性の予防・改善には体を温めることが何よりも有効です。運動や入浴を心がけ、体を温める食事をしましょう。中国4000年の知恵の結集といわれる薬膳では、食品を「体を温める温熱性」「体を冷やす寒涼性」「どちらでもない平性」に分けて、季節や体調に適したものを選びます
    出典 :温熱食品で冷えを防ぐ | 今日のひとこと | かわるナビ
     

    薬膳にもあるのですね

  • 中国にならい温熱性食品を使えば、「和の薬膳」が完成します。「もち米、黒米」「あなご、さば、まぐろ、あじ、さけ、いわし、たちうお、えび、なまこ」「鶏肉、羊肉」「小松菜、にら、ねぎ、しょうが、陳皮、紅花」などの温熱性食品を積極的に食事にとりいれてみましょう。
    出典 :温熱食品で冷えを防ぐ | 今日のひとこと | かわるナビ
     

    これだけあるので、一つくらいは含ませたいですよね

  • こんな工夫もしたい

  • 紅茶などの茶葉は、発酵度が高くなるにつれて身体を温める作用が強まるため、日常で摂取するよう心がけると身体を温めることができる。さらに、おろし生姜やはちみつなどを加えると体温を高める効果がアップする。
    出典 :【温熱性食品】 食品の持つ性質と身体を温める働き | ダイエットSlism
  • 朝食は体温を高める基本!

     

    体温には変動するリズムが刻まれており、夕方になるにつれ高くなり、睡眠から目が覚める朝方に低くなると言われている。朝食は低くなった体温を高めるために必要であり、さらに身体を温める作用のある食品を同時に摂取すれば、体温を効果的に高めることが出来る。

  • 薬膳にもある

  • 医食同源における五行の考えを取り入れ、食薬を「熱、温、涼、寒」に分け、摂取した際に体内が「熱、温」、「涼、寒」に分類する。どちらも属さないものを「平」という。これらは体質、疾病の寒熱性質と相対して定義され、五性(五気)という。
    出典 :東京栄養士薬膳研究会
  • ☆熱性・温性食品

     

    体を温める性質がある食品。冬期や冷え症などに適用され、興奮、新陳代謝を盛んにする作用があります。例えば→山椒、胡椒、唐辛子、芥子、生姜、羊肉

  • 温性:餅、カボチャ、栗、クルミ、ニンニク、ニラ、葱、玉ネギ 、ラッキョウ、シソ、パセリ、 蕗、山菜、鮭、鰹、いわし、うなぎナマコ、あなご、えび、牛肉、鶏肉、酒、ビール、金柑、ジャスミン茶
    出典 :東京栄養士薬膳研究会
     

    知っておいて損はないですよ

  • 体温が低いと脂肪が蓄積される

  • 温熱性食品は、新陳代謝が低下していたり、冷え性などを持っている「陰」の性質の人に向いている。冷え症や低体温は脂肪の燃焼が行われにくく、ダイエットには向かない身体をつくってしまうことになる。すなわち、体温の低下は脂肪を蓄積しやすくなってしまうのである。
    出典 :【温熱性食品】 食品の持つ性質と身体を温める働き | ダイエットSlism