手遅れになる前に-脳の病気と脳ドックの勧め  

脳の病気は、突然発症して一瞬のうちに生命を奪ったり、言語障害や麻痺などの重い後遺症を残すことも少なくありません。脳ドック一度受けてみてはいかがですか?

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 代表的な脳の病気

  • <くも膜下出血>
    くも膜下出血の原因の多くは脳動脈瘤と呼ばれる動脈に出来る瘤です。脳動脈瘤は他の部位に出来る動脈瘤と違って、症状を伴うことが無いため日常生活に支障を来たさないことがほとんどです。しかし、何かの拍子で脳動脈瘤が破裂することでくも膜下出血を引き起こします。脳動脈瘤以外の原因としては、脳動静脈奇形の破裂や頭を強く打ったことによる外傷性出血があります。外傷性出血によるくも膜下出血は、健康な人にも起こりうるトラブルであるため注意が必要です。
    出典 :くも膜下出血 - 脳動脈瘤が原因となる蜘蛛膜下出血の症状など - 脳の病気ガイド
  • 症状
    くも膜下出血の症状は強い頭痛を起こすことです。その痛みは「バットで殴られたよう」と例えられるほど強い衝撃を伴います。頭痛だけでなく吐き気を起こすこともありますが、脳動脈瘤が破裂した場合は昏倒を引き起こすことがあります。他にも意識障害が発生したり麻痺が現れたりすることがありますが、場合によっては命に関わる事態に発展することがあります。
    出典 :くも膜下出血 - 脳動脈瘤が原因となる蜘蛛膜下出血の症状など - 脳の病気ガイド
  • <脳梗塞>
    脳梗塞の原因となるのは、主に血栓やアテロームと呼ばれる血管内の重積物です。これらの原因物質は脳以外の場所で起こっている動脈硬化によって発生する場合がほとんどです。血栓やアテローム以外の原因としては、心筋梗塞や心筋症などの心疾患を原因とする心機能の低下で血流量が低下することで発生する脳虚血が脳梗塞の原因となることがあります。また、脳出血が原因で脳梗塞を引き起こすことがあります。
    出典 :脳梗塞 - 血栓やアテロームが原因/神経麻痺・感覚障害などの症状が出る脳梗塞 - 脳の病気ガイド
  • <症状>
    脳梗塞が起こると、「身体の麻痺」「感覚障害」「運動障害」「意識障害」「構音障害」「嚥下障害」などの症状が発生します。脳梗塞の症状は、狭窄や塞栓を起こした血管の位置と脳細胞の部位によって決定するため、個人差が非常に大きい場合があります。基本的には、「日常生活に支障をきたす」程度の症状が現れることになると考えて構いません。副次的な症状としては、精神的なショックからくるうつ状態があります。「今まで当たり前に出来ていたことが出来ない」という気落ちが原因になって起こるものです。
    出典 :脳梗塞 - 血栓やアテロームが原因/神経麻痺・感覚障害などの症状が出る脳梗塞 - 脳の病気ガイド
  • <脳腫瘍>
    転移性脳腫瘍の原因となるのは、他の臓器に発生した癌が血管を通じてガン細胞が脳に送り込まれることです。原発性脳腫瘍の場合、発生する原因が特定できていませんが、「遺伝」「化学物質」「電磁波」などが疑われています。
    出典 :脳腫瘍 - 言語障害や視覚障害などが症状として出る脳腫瘍の手術・治療 - 脳の病気ガイド
  • <症状>

    脳腫瘍の厄介な所は、腫瘍そのものが良性であっても脳機能や周辺の神経に悪影響を及ぼすということです。脳腫瘍が発生すると、その分だけ頭蓋骨内のスペースが取られ周辺の脳組織への血流を妨げてしまうことがあるのです。つまり脳腫瘍の症状は、「脳機能の障害」ということになるのですが、腫瘍の発生した脳の部位が持つ機能そのものに障害が発生するため、症状は一定ではありません。多くの場合、脳腫瘍患者には言語障害や視覚障害などの症状が見られます。けいれんや手の振るえなどの神経障害や記憶障害、場合によってはホルモン分泌の異常による身体の変化などが起こります。
    出典 :脳腫瘍 - 言語障害や視覚障害などが症状として出る脳腫瘍の手術・治療 - 脳の病気ガイド
  • 大阪の脳ドックを行っている脳外科を調べてみた

  • 脳の病気は早期発見が一番大切です。
    頭痛が酷かったり麻痺や視覚障害など
    異常があるときは脳からの危険信号かもしれません!
    お早めに受診を!