肺のうっ血は心不全の症状のひとつだった!この兆候を感じたらすぐに病院へ!

心不全は多いとされてる病気の一つでもありますよね。そんな心不全の症状のひとつが肺のうっ血なのです。

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも心不全とはどのような病気なのか?

  • 心臓のポンプ機能が低下するために全身に十分な酸素が送れず、また全身の血流が滞るために起こる症候群です。さまざまな原因で起こります。時に急性心不全に移行することを繰り返して、徐々に進行していくことがあります。加齢に伴って増える病気で、また生活習慣病でもあります。
    出典 :慢性心不全の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 肺のうっ血は心不全の症状のひとつだった・・・!!

  • 心不全の症状は、おおまかに、肺うっ血症状、体静脈(たいじょうみゃく)うっ血症状、心拍出量低下(しんはくしゅつりょうていか)症状、の3つに分けられます。
    出典 :症状は3つに分けられるの症状・解説 - goo辞書
  • 左心室のはたらきが低下しておこる左心不全では、左心室から血液を送り出す能力が低下するので、その手前(上流側)に位置する左心房や肺静脈に血液の停滞がおこります。これを肺うっ血(「肺うっ血/肺水腫」)と呼びます。
    出典 :症状は3つに分けられるの症状・解説 - goo辞書
  • 肺うっ血が起こったときの症状はどんなものなのか・・・?

  • よくみられる症状は、呼吸困難とせき、たんです。肺うっ血の段階では、階段の上り下りや、急いで歩いたときに、軽い息切れが出る程度です。しかし、肺水腫になると、安静にしていても息苦しく、座った姿勢をとることが多くなり(起坐呼吸(きざこきゅう))、さらに尿量が減って顔や手足がむくむようになります。
    出典 :肺うっ血/肺水腫 とは - コトバンク
  • 肺のうっ血や肺水腫になる原因には何があるのか?

  • 肺水腫は、いろいろな原因でおこります。いちばん多くみられるのは、心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)(「心臓弁膜症とは」)や高血圧症(「高血圧(症)」)などの心臓病によって、血管内の血液量が増し(肺うっ血)、肺の毛細血管(もうさいけっかん)の圧力が上昇して、血液の液体成分が肺組織にしみ出したものです。これを心原性肺水腫(しんげんせいはいすいしゅ)といいます。
    出典 :肺うっ血/肺水腫 とは - コトバンク
  • 肺うっ血に対する治療方法にはどんなものがあるのか?

  • 治療の原則は、通常、絶対安静をとり、心臓や肺への負担を軽くするために入院が必要となります。そのうえで酸素吸入、心臓のはたらきを強める強心薬の使用、尿量を多くする利尿薬の使用などが行なわれます。これらの治療をしても、肺水腫が改善しない場合は、人工呼吸器の使用が必要となる場合もあります。
    出典 :肺うっ血/肺水腫 とは - コトバンク
  • 肺水腫をおこす可能性があるといわれているときは、定期的に医師の診察を受けることがたいせつです。
     また、こうした場合、体調がよいからといって、自分の判断で心臓の薬を中止したり、ついうっかり運動量を多くしてしまうことは絶対に避けなければなりません。
    出典 :肺うっ血/肺水腫 とは - コトバンク
  • でもよく考えたら、階段を上る時にやたら息切れするとか、胸が痛むとか結構有りませんか?そりゃそうですよね、肺が正常に働かないから呼吸不全になっているのが主な原因で、様々な悪循環が体内に出没します。少しでも変調を感じたら病院へ行って検査を受けましょう。早期発見で予後も決して悪く有りませんよ!