「大腸がんの末期症状」はどのような症状になる?

「大腸がんの末期症状」はどんな症状が出てしまうのでしょう・・・

view1149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんの末期症状はどんな状態なのでしょう

  • ガンの末期になったとき

     

    どんな症状が出るのか、知っておきたいですよね・・・何が出るのかどうか全く分からないので、知っておかないといけませんね!

  • 転移が進んだ大腸がんの末期においてはもう完治をするのが難しい状態で治療法はありません。 治療の目的は余命を延長する、痛みを調整するだけで、腫瘍を取り除くことはできません。 大腸がんの末期になったら、残った時間をどうやって生きていくのか、それがポイントといえるでしょう。
    出典 :末期症状の特徴 (症状について) | 大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜
     

    なんだか苦しいですが・・・仕方ないでしょう・・・

  • 自覚できる障害は

  • 自覚できる症状としては、便秘や腹痛、おなかが張る感じ(膨満感)などが代表的です。さらにこの状態が進むと、腸閉塞(イレウス)につながります。腸閉塞になると、便通がまったくなくなったり、激しい腹痛や嘔吐といった症状がみられたりします。
    出典 :大腸がんの末期症状 | 大腸がんのき・ほ・ん
     

    イレウスは本当につらいですよ・・・

  • 排泄関係にどんどん負担がかかっていく

  • 大腸がんの末期の症状としてはどのような症状が現れるのでしょうか。 まず、腰痛がひどくなる、尿が出にくくなる、便が細くなる、腸閉塞や呼吸困難、貧血や体重の減少、食欲不振と嘔吐といった症状が主な症状です
    出典 :末期症状の特徴 (症状について) | 大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜
     

    悪化すればさまざまな症状が出てくるのですね・・・

  • 精神的な症状も・・・

  • ・せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状:脳に癌細胞がまわることにより発生しやすくなります。疼痛コントロールがうまくいっていないときも、出現の頻度が高くなります。・発熱:感染症にかかりやすくなって発熱します。他の原因として、癌による腫瘍熱も考えられます。
    出典 :癌の末期症状と余命 - 末期がんの食事療法と改善在宅治療
     

    鬱まで発生してしまうなんて・・・

  • ケアはどうしたら良い?

  • 終末期の癌患者にとって、緩和ケアは必要不可欠なものとなっています。最近では、治療と並行して早い段階からも行われています。主にモルヒネを用いて、痛みのコントロールをします。緩和ケアの問題は、痛みをとる方法が「経験」に頼られていることです。
    出典 :癌の末期症状と余命 - 末期がんの食事療法と改善在宅治療
     

    痛みのコントロールはしっかりしておかなくては行けないですね

  • 転移が怖い

  • 肺に転移した際は、胸水がたまることで呼吸困難になる、咳がしつこく続く、血の混ざった痰が出る、といった症状がみられます。脳では頭痛や吐き気、骨では病的骨折などが代表的です。
    出典 :大腸がんの末期症状 | 大腸がんのき・ほ・ん
     

    肺に転移すると怖いですね

  • 残された時間をきちんと使う

  • 命はまだあっても大腸がんの末期というのはとてもつらく、症状、薬の副作用などが現れて意識がしっかりしていないこともありますし、思うようには体が自由に動かないことがあります。
    出典 :末期症状の特徴 (症状について) | 大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜
  • 生きている間に

     

    出来るだけ色々な所へ出かけるのが良いですよね