続発性無月経は病気のサインかも 放置せず対処が必要

無月経は病気のサインの場合があります
無月経自体は病気ではなく、ストレスや体重の急激な減少によるものが多いですが、病気が原因の場合もあります 無月経の原因となる病気、無月経が引き起こす病気についてまとめます

view260

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 無月経は病気が原因の場合も

  • 女性ホルモン分泌の正常な流れ

     

    無月経の原因として…
    ・卵巣の働きが多少乱れて排卵がストップしている
    ・卵巣を支配している下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌が不足
    ・下垂体の働きをコントロールしている脳の視床下部の故障によってストップしている
    などが考えられるそうです

  • 無月経と聞けば、多くの女性は「卵巣や子宮に問題がある」と考えることでしょう。しかし、実際には環境の変化、過度のダイエット、摂食障害、家庭・仕事・子育てのストレス、激しい運動、下垂体の病気、甲状腺ホルモン異常、副腎皮質ホルモン異常、糖尿病、薬の副作用などが原因になっている事が多いものです
    出典 :ウィミンズクリニック札幌 女性の病気 無月経
     

    子宮自体の病変によって無月経が起こることは非常に稀なそうです

  • 卵巣を刺激するホルモン

  • FSHとLHの働き

     

    FSH:卵胞(濾胞)刺激ホルモン
    卵巣に存在する卵胞を刺激して発育を促す
    卵胞が発育することによって卵が成熟し、同時に卵胞ホルモン(エストロゲン)も増量する
    LH:黄体化(黄体刺激)ホルモン
    成熟した卵胞に対して排卵を促す作用と、排卵後の卵胞に対して黄体化を促す作用とを持つ
    黄体化が起こることによって、卵胞ホルモン(エストロゲン)に加えて、妊娠維持に必要なホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されるようになる

  • LH(黄体化ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、卵胞ホルモン(エストラジオール)、黄体ホルモン(プロゲステロン)、プロラクチンなどを測定します。また、必要に応じて副腎皮質ホルモン関連検査や甲状腺ホルモン関連検査を行います。
    出典 :ウィミンズクリニック札幌 女性の病気 無月経
     

    無月経の代表的な検査として、上記のようなホルモン検査をおこないます

  • 無月経の原因となる病気「高プロラクチン血症」

  • プロラクチンはLH、FSHと同じく下垂体から出ているホルモンです。何らかの原因でこのプロラクチンが異常に多く分泌されると下垂体からのLH、FSHがあまり出なくなります。そのため、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が低下し、無月経の原因となります。
    出典 :無月経|病気について|一般婦人科|岡山中央病院|セントラル・クリニック伊島|プライマリ・ケアセンター伊島|ウイミンズメディカルセンター|岡山市北区
     

    プロラクチンが異常に多く分泌される状況としては、下垂体腫瘍、向精神薬、制吐薬など薬によるもの、甲状腺機能低下症などがあり、それぞれの原因を取り除くことがまず第一です

  • 無月経の原因となる病気「多嚢胞性卵巣症候群:PCOS」

  • PCO(S)というのは、多嚢胞性卵巣症候群と言い、無排卵月経あるいは無月経、不妊、肥満、多毛などを主症状とする症候群です。超音波検査で卵巣に多数の小さな卵胞(あるいは嚢胞)を認められることで発見されることが多いようです
    出典 :無月経|病気について|一般婦人科|岡山中央病院|セントラル・クリニック伊島|プライマリ・ケアセンター伊島|ウイミンズメディカルセンター|岡山市北区
     

    生殖年齢女性の20~30人に1人と頻度が高い疾患だそうです
    卵巣で男性ホルモンが過剰に作られるためにおこっているといわれます
    治療法は排卵誘発剤を使って排卵を促すなどが主となります

  • 無月経は病気を引き起こす?

  • 無月経と骨粗鬆症

     

    女性の骨量は13~14歳をピークとして増加し、20歳前後で止まるため、この時期の無月経はエストロゲン低下により骨量に大きな影響を与えます
    無月経は長期にわたる骨量の減少をきたし、将来骨粗鬆症による危険性が高くなります

  • 性成熟女性でもエストロゲン減少により骨量低下が起こります
    出典 :思春期からの無月経、揮発月経、卵巣摘出などの婦人科系疾患のある方 RICHBONE(リッチボーン)
     

    たとえ成人女性であっても、無月経を放置することは、骨を脆くするため注意が必要です

  • 無月経を長期間にわたって放置すると、将来、不妊などのリスクもあると専門家は指摘しており、女性の一生に関わる問題ともなりかねません。
    出典 :NHK NEWS WEB 女子選手の無月経・疲労骨折
     

    その時だけの問題ではなく、将来に影響を与えるということを考え対処しましょう

  • 無月経は治療で治る?

  • 月経がないこと自体は、ほかに困った症状がなければ、緊急に治療しなければならないものでもありません。しかし、排卵がないということは妊娠できないことを意味しますし、無月経状態が長く続くと子宮の内膜が萎縮してきて、治療しにくくなることもあります。ですから、放置しておかないほうがよいと思います。
    出典 :無月経の治療|女性の健康コラム|女性の健康のここカラダ
     

    治療は主に黄体ホルモンを内服または注射するというホルモン治療になるようです