妊娠から出産までの流れ

女性の人生の中で最も大変な仕事は妊娠から出産、そして子育てです。女性にしか出来ないこの作業は辛い大変なもので、男には決してまねは出来ません。

view410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠の兆候

  • 妊娠の兆候

     

    まず知っておきたいことは、「妊娠すれば皆に同じ症状」が出るわけではありません。

  • 「妊娠しているか?」を判断する1番正確な方法は「妊娠検査薬」です。ただ妊娠を気にする人は、検査薬の使用時期前に「初期症状」を気にかけます。そして1つでもそれに当てはまれば「妊娠しているかも?」と、不安になったり喜んだりしてしまいます。
    出典 :妊娠初期症状は人それぞれ
  • 妊娠を気にする人は「妊娠初期症状」はあくまで参考程度に考えて、妊娠検査薬を正しく使用することが大切です。それまでには不安になることも多いと思いますが、症状だけでは例え医師だって正確に判断することは出来ないのですから。
    出典 :妊娠初期症状は人それぞれ
  • 妊娠がわかったら

  • 妊娠中は

     

    妊娠による体の変化は、体がだるい、微熱が続く、頻尿、乳房が張る、足の付け根が痛む、それに肌荒れやシミそばかすが増えるなど様々です。

  • 基礎体温をつけている方なら、一般的に高温期が20日以上続けば妊娠の可能性があると言われています。また、つわりも初期の症状ですが、胸がムカムカする、吐き気、食欲不振、唾液の分泌が増えるなどが見られます。
    出典 :妊娠の初期症状から出産までの注意点
  • ひどい人になれば食べ物はもちろん、水やお茶さえも受け付けなくなる人もいます。妊娠するとまず月経がストップし、今までに経験した事のない特有の症状などに驚かれる方もいるでしょう。少しでも不安を感じたら、産婦人科を受診するようにしましょう。
    出典 :妊娠の初期症状から出産までの注意点
  • 出産に向けて

  • 出産に向けて

     

    臨月に入ると、出産に向けてあなたの体にさまざまなことが起こります。

  • ・位置が下がってくる。最後の数週間、あなたは赤ちゃんの位置がなんだか下がったことに気づくでしょう。・ひんぱんなおしっこ。赤ちゃんが下がり、頭は膀胱の近くにあります。あなたはより頻繁にトイレに行くようになるでしょう。
    出典 :陣痛、そして出産です - gooベビー
  • ・腰の痛み。陣痛のウオーミングアップも、本番ほど強くないにせよ、あなたに「これはもしかして……」と思わせるには十分な強さかもしれません。これは本番の1、2週前から見られるもので、姿勢を変えたり、歩いたりすると痛みは軽くなります。
    出典 :陣痛、そして出産です - gooベビー
  • ・おりものが増える。卵白のような、またうっすらとピンクのおりものが増えます。これは「おしるし」とは違います。・おしるし。ティースプーンに1杯くらいの出血は、出産のために準備が整ってきたしるしです。それが見られれば、だいたい3日以内にお産になります。
    出典 :陣痛、そして出産です - gooベビー
  • ・破水。胎児は卵膜という袋の中に羊水とともに存在しています。 卵膜が破れて、羊水の流出ととも赤ちゃんが誕生します。 この状態を「破水」といいます。 普通は子宮頚管が全開するころに、自然に破水しますが、これを「適時破水」といいます。
    出典 :前期破水
  • 陣痛の痛みにだけ神経が行ってしまうと、痛みを強く感じたり緊張してしまったりパニックを起こし、体が強張ってしまう事があります。そうなると子宮口がなかなか開かずお産がスムーズに進まない事もあるので、前もってお産について勉強してイメージトレーニングや呼吸法の練習をしておきましょう。
    出典 :陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法-妊娠・出産・育児のママベビ
  • お産は長丁場なので、お腹が強張る程度や少し痛い程度で呼吸法をはじめてしまうと、疲れてしまいます。痛みが出る前は、ママがリラックスできる普通の呼吸で過ごしましょう。痛みが出てきたら呼吸法を始めましょう。準備期より前は、お腹が強く張り痛みがあったり、腰がどーんと重く感じたりします。
    出典 :陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 始まりはいろいろなパターンがあり、不規則な張りからだんだんと等間隔になったり、突然15分間隔の張りがきたりします。不規則な場合は前駆陣痛の可能性が高いですが、張りや痛みが強いときやだんだんと等間隔になると、本陣痛になることがあるので、時間を計るなどして様子を見ましょう。
    出典 :陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 経産婦さんは気持ちに余裕があるので、一人目より陣痛を軽く感じる傾向があり、分娩所要時間も一人目の半分くらいか、それ以上に短くなることがあります。ですから、痛みだけで判断するのではなく、陣痛の間隔をはかって判断し病院に連絡しましょう。
    出典 :陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 病院に着いてからは、車いすで病室に移動し、安静にしてお産につながる本格的な陣痛を待つことになります。この間、血液検査や母体の診察などで、赤ちゃんに細菌が感染していないか注意が払われます。
    出典 :出産 お産の日 | ベビカム
  • 出産の瞬間

     

    会陰が裂けないように、医師はゆっくりと赤ちゃんを支え、頭が出て、肩が出て、そして、赤ちゃんは誕生するのです! 赤ちゃんは吸引され、必要な処置をされ、第一声をあげるのです。

  • 妊娠してから出産するまでの193枚の記録+@ - YouTube