飲酒で下痢が起こる原因は何?病気の可能性もあります!

飲酒で下痢が起こる原因にはどのようなことが挙げられるのでしょうか?
危険な病気が隠れている危険性もあるため、過剰なアルコール摂取は控えましょう。

view32

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飲酒で下痢が起こる原因は?

  •  

    お酒を飲むとお腹がゆるくなる、そんな経験をしたことがある人は決して少なくないはずです。

  • 少量のアルコールは腸の動きを活発にしてくれます。
    でも大量のアルコールを摂取すると、腸粘膜があらされてしまい、消化吸収機能が低下して下痢を引き起こしてしまうのです。
    出典 :アルコールと下痢 | 下痢
     

    少量の飲酒であれば、便秘が改善されるとも言われています。

  • 歳をとってから下痢をするような場合は、加齢による胃腸機能の低下によるものかもしれません。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
     

    長年の飲酒は慢性的な下痢の原因と言われています。

  • 水分を多く摂取してしまう。
    水はコップ3杯飲むのも大変ですが、お酒となるとお話はまったく別・・・。という方も多いと思います。
    出典 :下痢にならないお酒の飲み方 | 下痢の改善相談室
  • お酒に合う食べ物が下痢を招きやすい。
    こってりしたものはお酒に合います。揚げ物や炒め物など、脂っこい食べ物は消化しにくく、胃腸の消化不良から下痢を起こします。
    出典 :下痢にならないお酒の飲み方 | 下痢の改善相談室
     

    飲酒で下痢が起こる原因には、おつまみも関係しています。
    なるべくヘルシーなおつまみを食べることが下痢の改善に繋がります。

  • 例えば、豆腐、枝豆、鶏肉などがおつまみとしてはお勧めです、
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
  • 食欲が増進されたり場の雰囲気で食べ過ぎてしまう。
    お酒によって食欲が増進されたり、飲み会などではその場の雰囲気でついたくさん食べ過ぎて、消化不良になることがあると思います。
    出典 :下痢にならないお酒の飲み方 | 下痢の改善相談室
     

    脂っこいおつまみを大量に食べることで、胃に大きな負担が掛かってしまいます。

  •  

    飲み会では、なるべく食べ過ぎないように心がけることが大切です。

  • このように、飲酒で下痢が起こる原因はたくさんあります。
    しかし、場合によっては病気が原因となっていることも考えられます。

  • 下痢の原因は病気!?

  • 慢性膵炎
    慢性膵炎の場合は、お酒を飲んだ後の下痢が慢性化することもあるようです。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
  • 特にお酒が大好きで、日本酒では3合~5合、ビールだと大瓶4~6本程度の晩酌を毎日続けている方に多く見られます。
    一般的に、前述した量の飲酒を10年前後続けていると慢性膵炎になりやすくなります。
    出典 :慢性膵炎(原因・症状・治療)
     

    毎日お酒をたくさん飲む人は、すでに慢性膵炎になっているかもしれません。

  • 虚血性大腸炎
    虚血性大腸炎の場合は大腸の血行障害で潰瘍ができる状態です。下痢だけではなく、強い腹痛や嘔吐、血便などの症状もみられます。
    出典 :お酒を飲むと下痢になる
     

    飲酒が原因でこのような大きな病気になってしまう危険性があります。

  • おおむね、このような急激な症状は数日で自然に治癒しますが、場合によっては腸管が狭窄し、腸閉塞に移行する場合もありますので、注意が必要です。
    出典 :虚血性大腸炎(原因・症状・治療)
     

    痛みが治まったからといって安心してはいけません。
    必ず医師の診察を受けましょう。