昼寝を上手に取り入れて仕事の効率をアップさせよう!

昼寝をすると脳の働きが良くなると言われています。外国では会社でも昼寝の時間を取るところがありますし、日本でも採用する会社が出てきています。その効果を見て行きましょう。

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼寝の効果は?

  • 昼寝は時間がポイント

     

    30分以下の睡眠で効果あり

  • 昼寝を行うことにより、事故の予防・仕事の効率アップ・自己評価のアップなどが期待されるため、職場・学校などで昼寝が最近、奨励されるようになった。また、昼寝により、脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすい環境になるという。
    出典 :睡眠 - Wikipedia
  • 昼寝の効果は集中力のアップ、事故やミスの防止などがあります。

  • 昼寝をする時間は、30分以下がいいと言われています。

  • 30分以上睡眠をとると、多くの人が深睡眠に入り寝起きが悪くなる
    出典 :睡眠 - Wikipedia
     

    長く寝過ぎると深い睡眠に入ってしまい、逆効果なので、気をつけましょう。

  • どうしても取れない眠気を覚ますには、10〜20分の昼寝をして仕事に戻れば十分
    出典 :10分、60分、90分? 目的によって最適な昼寝の時間は違うらしい : ライフハッカー[日本版]
  • 睡眠不足による集中力の低下をある程度改善してくれます。

  • 昼寝のタイミングは?

  • 人間は、夜間に十分睡眠をとっていても午後2時頃になると眠くなると言う説も有る
    出典 :正しい昼寝
  • 睡眠を充分とっている人でも、昼寝をした方が良いようです。

  • コーヒーを利用して上手に昼寝

  • 珈琲を寝る直前に飲んでも、カフェインが脳に届くのに30分程度掛かるので、20分程度の昼寝なら、目覚めの頃に丁度効き出す事になる。
    出典 :正しい昼寝
  • カフェインの効果を利用すれば、昼寝での寝すぎを防止することができます。

  • 一般的に人間のサーカディアンリズムは、午前中は上昇、正午頃が最も高く、午後2~3時ごろにかけて活性が低下する。
    出典 :シエスタ - Wikipedia
  • スペインのシエスタという習慣は、体のリズムに合わせた合理的な昼寝となっています。