【病院で腰痛治療をする方へ】腰痛の治療での保存療法について知ろう!

腰痛の治療の一つである保存療法についてまとめています。病院で腰痛治療を受けようと考えている方は参考にしてみてください。

  • green 更新日:2014/04/12

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    老若男女を問わず、腰痛に悩まされている方は多くいらっしゃいます。腰痛をそのままにせず、病院で治療をしましょう。病院での治療で行われる保存療法についてご説明します。

  • 腰痛の治療【保存療法】とは?

  • 手術を行わず、「理学療法」と「生活改善指導」によって行います。「理学療法」とは、コルセットなどの装具やシップ、運動療法などの治療法のことです。「生活改善指導」はその名のとおり生活をおこなう際に、どのようなことが、腰に負担をかけるかなどを、指導してくれます。
    出典 :保存的療法|保存的療法ってなに?【腰痛ガイド】
  • 腰痛のもっとも基本的な対策方法となるのが保存療法です。腰痛の場合、手術による治療は極力避けるのが一般的。症状の経過を見ながら少しずつ改善を目指していく方法が選択されます。
    出典 :腰痛と保存療法 | 腰の痛み改善.com
  •  

    腰痛の保存療法には薬物療法、運動療法、装具療法、物理療法、マッサージ療法、神経ブロック療法の6つの種類があります。それぞれの治療法について詳しくみていきましょう。

  • 【薬物療法】

  • 湿布・塗り薬といった外用薬の他にも、痛みを和らげるために、炎症を鎮める作用のある消炎鎮痛剤の飲み薬や、筋肉の緊張を和らげる筋弛緩剤あがります。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • 【運動療法】

  • 腰痛のタイプも様々ですが、安静が必要な時期ではなければ、体操やストレッチが効果的に作用し、腰痛改善に役立つことがあります。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • 【装具療法】

  • 受診をした際に、ご自身の腰の状態に合うコルセットを処方され、指定された期間、コルセットを装着して生活を送る、といういものです。腰痛では、腰部の支えが弱く、筋肉や関節への負担が心配されるため、それらをサポートし痛みを軽減させるために必要になります。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • 【物理療法】

  • 腰痛の患部を温めて、筋肉の血流を改善させ、腰痛の緩和を図ります。ぎっくり腰などの急性腰痛症の場合は、温める方法はとりませんが、回復の経過により、取り入れるケースもあります。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • 【マッサージ療法】

  • マッサージにより、筋肉の緊張をほぐして、血流を改善させ腰痛を緩和させる方法がありますが、全ての病院で取り入れているものではないのが現状です。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • 【神経ブロック療法】

  • 腰痛の中でも椎間板ヘルニアなど、腰痛に伴い下肢の痛みが強く、服用したお薬で効果が得られない場合に、選択させることがある「神経ブロック療法」。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • 痛みが強すぎたり、痛みが長く続いてしまうと、その痛みにより、体を活動的な状態にする「交感神経系」が緊張してしまい、痛みを強めてしまう恐れがあります。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
  • どんな場合に保存療法の治療を受けるの?

  • 筋肉や関節、骨、椎間板などに絡む腰痛と判断された場合で、手術などの外科的処置が必要ではないケースでは、保存療法が用いられることが多いです。
    出典 :腰痛治療で行われる保存療法とは [腰痛] All About
     

    手術が必要ないケースでは、保存療法での治療が実施されるのですね。