しびれる足を治したい!坐骨神経痛の治療法を詳し~く紹介します!

ここでは、整形外科がおこなう様々な坐骨神経痛の治療を詳しく紹介していきます。坐骨神経痛の治療をする場合、どんな方法があるでしょうか?通院しながらする方法や、自宅でできる方法など、さまざまな方法があります。また、症状がひどい場合は、外科的手術も治療方法として視野に入ってきます。

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 坐骨神経痛かなと思ったら。

  • お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを「坐骨神経痛」といいます。坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉です。何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。
    出典 :坐骨神経痛とは?|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
     

    つまり、坐骨神経痛という病名はなく、なにか他の病気の「症状」であるということです。

  •  

    図のピンク色の部分に、鋭い痛みや
    ピリピリした痛みが起き、しびれる
    感覚が起きるようになります。

  • 年齢により異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が挙げられます。一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられます。
    出典 :整形外科外来で多く見られる“坐骨神経痛”
     

    坐骨神経痛は、こういった病気で引き起こされることがほとんどですが、妊娠している女性にも起こることがあります。これは胎児が大きくなるにつれて、腰の骨に負担がかかるためです。

  • お尻、太もも、膝、足の範囲に痛みやしびれが生じて坐骨神経痛が疑われる場合、自己判断で様子を見るより、病院を受診して必要な検査と適切な治療を受けた方がより早い改善が期待できます。坐骨神経痛の症状がある場合、まずは整形外科の受診を。別の内臓疾患が疑われる場合、内科受診を進められます。
    出典 :坐骨神経痛の治療法 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    内臓疾患や腫瘍などが疑われる場合の症状としては、坐骨神経痛の症状に加えて、足に力が入らなくなったり、歩くことが難しくなったり、排尿・排便がうまくいかなくなる、安静にしていても足の痛みが強いなどがあります。このような場合は、直ちに整形外科を受診して下さい。民間療法や、東洋医学で治したいと思っていても、一度整形外科でレントゲンを撮って、精密検査を受けておきましょう。

  •  

    坐骨神経痛かな?と思ったら、
    早い段階で整形外科を受診しましょう。

  • 整形外科における坐骨神経痛の治療方法

  • 原因疾患に関わらず、まずは症状を緩和する対症療法が主体です。日常生活の指導→薬物療法→理学治療→ブロック注射の順で治療を進め、それでも痛みが軽減しない場合や歩行障害、麻痺といった他の神経症状を合併する場合に手術が行われます。
    出典 :整形外科外来で多く見られる“坐骨神経痛”
  • 日常生活の指導としては、若年者で椎間板ヘルニアなどが原因の場合、やはり絶対安静が必要となります。高齢者の変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの場合では、絶対安静とまでは言われませんが、下位腰椎の負担を減らすため、長時間同じ姿勢で座ったままでいないようにすることや、コルセットを装着することも指導されます。

  • コルセットを使うことも

     

    寝ている時ははずします。
    痛みが軽減されたら、徐々に
    装着時間を短くしていきます。
    最終的には、はずせるのが理想です。

  • 整形外科における薬物療法とは?

  • 坐骨神経痛の治療薬として、薬物療法に使われる薬には以下のようなものがあります。単独で使われる場合と、組み合わせて使われる場合があります。

  • 神経障害性疼痛治療薬

  • 神経障害性疼痛治療薬とは、痛みを伝える物質の過剰放出を抑えることで痛みをやわらげるお薬です。副作用には、眠気やめまいがあります。国内外のガイドラインでは、神経障害性疼痛の治療に最初に用いる薬剤として推奨されています。
    出典 :神経障害性疼痛治療薬|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 消炎鎮痛剤(NSAIDs)

     

    副作用に胃腸障害や腎臓障害などがあります。現在では、副作用を軽減したタイプの薬が開発され、広く普及しています。

  • NSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性消炎・鎮痛剤)とは、ステロイド以外の抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称です。いわゆる「痛み止め」として、さまざまな痛みに対し、処方されています。一般的には、痛み、発熱の際に使用される「解熱鎮痛薬」とほぼ同じ言葉として用いられています。
    出典 :消炎鎮痛剤(NSAIDs)|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 鎮痛補助薬

     

    例えば、抗うつ薬、抗てんかん薬、血管拡張薬、筋緊張弛緩薬、抗不整脈薬などが処方されます。

  • 鎮痛補助薬とは、本来は痛みの治療薬として開発された薬剤ではありませんが、痛みの治療に用いられる薬剤の総称です。神経障害性疼痛などの慢性の痛みや激痛の場合、NSAIDsなどでは痛みが取りきれない、もしくはほとんど効果が期待できないことがあります。そういった場合に鎮痛補助薬が使用されます。
    出典 :鎮痛補助薬|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
     

    これらの薬は、どの薬も日本では鎮痛剤としての保険適応は認められていません。

  • その他にも、重篤な場合には、ステロイド(ステロイド系消炎鎮痛薬)やオピオイド(医療用麻薬)、麻酔薬やワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液、トリプタン系薬剤などが使われることがあります。

  • 整形外科における理学療法とは?

  • 血流を改善させて体を動かすための機能回復を図る治療法。ホットパックなどの温熱やマイクロウェーブ、マッサージなどで血流を促進させ、筋肉の緊張を緩和させます。また、骨盤を引っ張ることで腰椎を引き伸ばし、症状をやわらげる「牽引療法」を併せて行うことも。
    出典 :坐骨神経痛の治療法 [骨・筋肉・関節の病気] All About
  • ホットパック

     

    温めて血流をよくします。現在では、家庭でできるホットパックも発売されています。

  • ウォーターベッド

     

    水圧を使ったマッサージ療法を
    行います。

  • 空気圧マッサージ

     

    血流をよくします。
    かなり気持ちいいそうです。

  • 牽引療法

     

    引張ることで、椎間板の負担を軽減する方法です。この療法は、坐骨神経痛の治療方法としては賛否両論がありますが、行っている整形外科は少なくありません。

  • 症状が軽減されたら、運動療法でリハビリもしていきます。

  • 神経ブロック療法とは?

  • 「神経ブロック療法」とは、神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、痛みをなくす方法です。麻酔薬が神経に作用し、痛みの刺激が神経を伝わるのをブロックすることで、痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで血流が良くなり、筋肉のこわばりもなくなります。
    出典 :神経ブロック療法|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 神経ブロック療法は、腰痛や坐骨神経痛などの原因が明らかで、消炎鎮痛剤などの薬物療法や理学療法、運動療法をしても痛みが激しく、日常生活に支障がある場合に行われます。痛みを伝える回路に、麻酔薬やステロイド剤を注射することによって、一時的に痛みを遮断します。
    出典 :神経ブロック療法 -腰痛 解消について
  • 星状神経節ブロック

  • くびの骨の両隣にある「星状神経節」という交感神経の節に局所麻酔薬を注射して、交感神経の機能を一時的に抑える方法です。
    出典 :神経ブロック療法|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 仙骨硬膜外ブロック

  • 腰椎硬膜外ブロック

  • 硬膜外ブロックには、お尻の真ん中にあたる仙骨のすきまに注射する仙骨硬膜外ブロックと、腰椎に注射する腰椎硬膜外ブロックがあります。
    出典 :神経ブロック療法 -腰痛 解消について
  • トリガーポイント注射

     

    トリガーポイントとは、痛みの
    原因となる部位のこと。
    ここをピンポイントで狙います。

  • 「トリガー」は「引き金」、「ポイント」は「点」という意味です。押すと強い痛みを感じる部分が、痛みを引き起こす“引き金”となる場所です。筋肉に直接、局所麻酔薬や鎮痛剤などを注射し、痛みを取ります。
    出典 :神経ブロック療法|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 坐骨神経痛の治療において、神経ブロック療法は約25種類もあるそうです。この療法は整形外科からペインクリニックにバトンタッチして行われることが多くなります。

  • そして手術

  • まず最初に保存療法が行われ、それで効果が上がらなかった場合で、 なおかつ坐骨神経痛や間欠跛行のために日常生活に支障が出るような場合は 手術が検討されます。
    出典 :坐骨神経痛の手術 -坐骨神経痛の症状と治療法-
     

    手術は最後の手段になります。

  • それ以外にも、高齢の場合に筋肉の衰えが激しいとき、筋力の衰退から歩行が 困難になった場合、坐骨神経痛の症状が重く排泄が困難となっている場合などにも 手術が選択されることがあります。
    出典 :坐骨神経痛の手術 -坐骨神経痛の症状と治療法-
     

    寝たきりにならないためです。

  • 内視鏡手術

     

    主に椎間板ヘルニアの患者に
    施術されます。

  • 施術としては、小さな穴を開けて黄色靭帯を切除し、神経根への圧迫を取り除くというものです。体にメスを入れなくてすむので、体への負担が少なくて済むという大きなメリットがあります。
    出典 :坐骨神経痛の手術 -坐骨神経痛の症状と治療法-
  • 除圧椎弓切除術

  • 神経に対する圧迫を除去するために、骨成分である脊椎の椎弓と呼ばれる部位を切除する手術です。この手術は骨切除だけの手術であるため合併症は少なく、手術時間も短いです。
    出典 :腰部脊柱管狭窄症の原因・症状・治療 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    坐骨神経痛の症状に加えて、排尿や排泄に障害がある場合や、歩けなくなる、 脚部の痛みがひどい、足に力が入らない場合などに用いられます。

  • いかがでしたか?整形外科における坐骨神経痛の治療方法を詳しく紹介してきました。様々な治療法があり、改善されることも多くなっています。素人判断せずに、できるだけ早く専門医を受診しましょう。