確率はどれくらい!?「高齢出産でダウン症」になる?

胎児への影響を考えますが、高齢出産でダウン症はなるものなのでしょうか?確率はどれくらいなのでしょう?

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産でダウン症の確率は

  • 高齢出産には、ダウン症などのリスクが付きまといます。高齢出産のリスクを理解したうえで正しい知識を身につけましょう。
    出典 :高齢出産のリスクとメリットやダウン症について-赤ちゃんの部屋
     

    やはりリスクを理解した上での出産が必要なのです。

  • 高齢出産では

     

    やはり気になるのが胎児への影響ですよね。どれだけ心配しても胎児への心配の方が大切なのです。リスクをしっかりと把握した上で妊娠、そして出産に臨みたいですね。

  • 日本では

  • 日本では新生児約1000人に1人の割合で、「ダウン症」が見られます。もっと正確には、700~800人に1人という割合になります。そもそも「ダウン症」は、様々な染色体異常の病気の中でも一番多いものの一つです。そのため、高齢出産のリスクとして大きく取り上げられるのです。
    出典 :【妊娠とダウン症】 - 出生の確率や高齢出産など
  • 母親の年齢が高ければ高いほど、その発生頻度も高まります。「ダウン症児」の出生率を見てみると…20歳で1667分の1、30歳で952分の1、35歳で378分の1、40歳で106分の1、45歳で 30分の1となっています。
    出典 :【妊娠とダウン症】 - 出生の確率や高齢出産など
     

    結構な確率で起きるものですよね。

  • 「ダウン症」以外で何らかの染色体異常を持った赤ちゃんが生まれる確率は、20歳では526分の1、30歳では385分の1、35歳では192分の1、40歳では66分の1、45歳では21分の1になります。
    出典 :【妊娠とダウン症】 - 出生の確率や高齢出産など
     

    このような確率があるから心配になるのです。

  • ダウン症の発症確率を

     

    グラフにしたものだそうです。年齢が上昇するごとに確率がどんどん上がって行っているのが分かるでしょうか。こうなると心配事がどんどん増えていくのです。これがリスクというものですね

  • 30代後半から確率がどんどん高くなっているのがわかります。高齢出産の場合、産むと決めたら一日でも早く行動したほうがよいということが言えると思います。
    出典 :高齢出産ではダウン症の確率はどれだけあがるのか
  • 卵子の老化が引き金の要因

  • 卵子年齢は実年齢で判断することが多いのですが加齢だけでなく生活リズムや食生活などで 卵子の方が高齢ということが多くなっています。正常な状態の現kな卵子を供給することができれば、年齢に関係なく閉経するまで平均的な妊娠率を保ち、命を授かる可能性は充分にあるということです。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
  • 卵子自体が正しい機能を果たすために必要なエネルギーを生成する器官がミトコンドリアです。 実は、このミトコンドリアはとてもデリケートなのです。バランスの 悪い食生活、加齢、不規則な生活習慣などが原因で酸化、つまり老化してしまい正常な働きを失っています。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
  • 治療がある

  • ミトコンドリアが老化すると細胞(ここでは卵子・精子)自体も老化します。ミトコンドリアが元気なら卵子精子も元気なのです。このように重要な役割を持つミトコンドリアにエネルギー源となる微弱な電子を与え、若返らせる治療が「生殖細胞ミトコンドリア治療」です。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
  • 【生殖細胞ミトコンドリア治療】は老化によって本来の働きを失いつつある卵子、精子にアプローチし、 その中の活動パワーの源である「ミトコンドリア」に対して「ミネラルES46」を用いて機能の改善を図ります。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
     

    いろんなもので対応は出来るのでしっかり覚えておきましょうね