ダイエッターは注目!【褐色脂肪細胞】

脂肪にも種類があるのは知っていますか?
ダイエッター注目のキーワード褐色脂肪細胞の
あれこれとはいかに?

view207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 褐色脂肪細胞

  • 褐色脂肪細胞とは「脂肪細胞」の一つである。脂肪細胞には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類が存在している。褐色脂肪細胞は脂肪の燃焼を、白色脂肪細胞は蓄積を役割とし、逆の性質を持っている。近年では、褐色脂肪細胞が肥満解消やダイエットに有効であるとして注目を集めている。
    出典 :【褐色脂肪細胞】 ダイエット効果で脂肪燃焼/白色脂肪細胞との違い | ダイエットSlism
  • 二種類の細胞

  • 「白色脂肪細胞」は、風船のように膨らんでエネルギーの貯蔵庫となります。私たちが飢餓の状態を乗り越えるために、必要なシステムなのです。らに、「白色脂肪細胞」は、レプチンなどのホルモンを分泌し、Bmal1(ビーマルワン)と呼ばれる体内時計を調整する時計遺伝子の発現など、様々な機能を有することが分かってきました。
    出典 :褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の増やし方!運動で痩せるは本当だった!?|船田和成のハッピーダイエットライフ
  • 褐色で、白色脂肪細胞より小さく中に含まれるミトコンドリアには、「UCP1」というタンパク質が多く発現しています。このUCP1が熱産生を高め、脂肪が燃されエネルギーに変えられます。ですから、褐色脂肪細胞が多い人はエネルギー代謝が高く、太りにくいのです
    出典 :褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の増やし方!運動で痩せるは本当だった!?|船田和成のハッピーダイエットライフ
  • 作用はどのようなもの

  • 褐色脂肪細胞は、白色脂肪細胞を取り込み、分解して熱に変換させるように働いている。この熱は体内を巡る血液を温め、全身に送って体温を上昇させる作用がある。通常、体温が低下すると脳からの伝令により、体を振動させて上昇させようとする。だが、褐色脂肪細胞は振動させなくても熱を生み出すことが可能である。
    出典 :【褐色脂肪細胞】 ダイエット効果で脂肪燃焼/白色脂肪細胞との違い | ダイエットSlism
  • 褐色脂肪細胞のダイエット効果

     

    褐色脂肪細胞を刺激することで起こる脂肪燃焼作用が、ダイエット法やストレッチとして痩身効果が期待されている。運動により刺激された褐色脂肪細胞は、脂肪燃焼だけでなく血液循環の改善などにも作用する。 血の巡りが良くなると固まっていた筋肉がほぐれ、 老廃物の排泄や冷え・凝りなどの予防にも役立つ。そのため、ダイエットの他に美容面も重要視されている。

  • 多い人は

  • 痩せる体質の場合が多いのです。反対に、褐色脂肪細胞の数が少なかったり、褐色脂肪細胞の働きが鈍い場合は、太りやすい体質になる可能性が高くなります。でも、褐色脂肪細胞が活発であっても、実際には、あなたが望むような痩せ方になるかどうかは疑問が残されています。
    出典 :http://diet-adp.amase.biz/
  • 活性化方法

  • 方法その1 冷たいペットボトルを握って体に「寒い」と勘違いさせる

     

    方法は簡単です。
    イラストにあるように、水を入れて凍らせたペットボトルで手を冷やしながら運動するだけ。
    1.水を凍らせたペットボトルを握ると褐色脂肪細胞がスイッチオン!
    2.首を動かしながら平泳ぎするようなイメージで腕を回しながら、首を前後に動かします。(15秒程度)
    3.お湯で手を温める。

  • 方法その2 温度差のあるシャワーを交互に浴びる
    20℃と40℃、交互に5回程度を目安に、褐色脂肪細胞が集まる首のあたりに30秒ずつシャワーをかけます。
    出典 :脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞を活性化して賢く痩せる! | ダイエットSlism
  • 注意しよう

  • •温冷浴は、血流改善や冷えの改善が期待できますが、血圧を急激に変化させるため人によっては血管や心臓に負担をかけ脳梗塞や心筋梗塞などの重大な症状を引き起こす可能性があります。•高血圧・心臓疾患・高齢者・貧血・その他体調不良がある場合は医療機関や医師に相談しましょう。
    出典 :脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞を活性化して賢く痩せる! | ダイエットSlism
     

    無理をしない事が大切ですよ