月経不順の病態生理について。症状をまとめました

月経不順の病態生理をまとめました。
症状に当てはまる場合は婦人科を受診しましょう。

view36

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 月経不順とは

  • 月経不順になることは、決して珍しくありません。
    月経不順で悩んでいる人、治療を受けている人はたくさんいます。
    そんな月経不順の病態生理をまとめました。

  • 正常な生理(月経)とは、およそ25日から38日の間隔で起こり、3~7日間で自然に止血する周期的な子宮からの出血のことです。また1回の生理で出血する量は、30~140gとされています。
    出典 :ドクターに聞く生理不順・生理痛の知識|飯田レディースクリニック(名古屋市中区新栄)
     

    正常な月経の目安となるのは、このような日数・数値です。

  • 生理不順(月経不順)とは特定の症状を指す病名ではありません。
    普段の正常な生理サイクル(月経周期)に、ある程度大きな乱れが生じている状態のことをまとめて「生理不順」と呼びます。
    出典 :生理がこない原因と対策〜ケース2「生理不順」
     

    月経不順=特定の症状とは限りません。
    人によって違った症状が表れるのが月経不順の特徴でもあります。

  • 月経不順の症状

  • 1.生理周期の異常
    一般的に、正常な生理周期はおよそ25~38日間ですが、これが極端に短くなったり(24日以下)、極端に長くなったり(39日以上3ヶ月以下)する異常な状態です。
    出典 :生理がこない原因と対策〜ケース2「生理不順」
     

    月によって月経周期がバラバラの場合も月経不順と呼びます。

  • 2.生理持続期間の異常
    生理が始まって出血が見られる期間は通常3~7日程度ですが、この期間が極端に短くなったり(2日以下)、極端に長くなったり(8日以上)する異常な状態です。
    出典 :生理がこない原因と対策〜ケース2「生理不順」
  • 3.月経量の異常
    生理の際の経血量が極端に少なかったり、極端に多かったりする異常な状態です。
    量が少ない症状を「過少月経」、量が多い症状を「過多月経(かたげっけい)」と呼びます。
    出典 :生理がこない原因と対策〜ケース2「生理不順」
     

    経血の量は人と比べることができないため、自分が月経不順だと気づかないこともあるようです。

  •  

    自覚症状がある場合には、早めに婦人科へ行きましょう。

  • 生理不順を放置すると・・・・

  • 生理不順を治療せずに放置してしまうと、婦人病になる危険性が高くなってしまいます。
    また、逆に生理不順で病気に気付くケースもあるようです。
    生理不順に関係のある病気はこちらです。

  • まず1つ目が子宮筋腫です。
    子宮筋腫は月経に深く関わる病気と考えられ、月経が開始した人だけに見られるのが特徴で、閉経すると筋腫が縮小したりします。
    出典 :病気が原因の生理不順
  • 2つ目が無月経です。無月経は3ヶ月続けて月経が来ない状態を指し、脳や甲状腺、卵巣や子宮に病気があることが疑われますので、大きな注意が必要です。
    出典 :病気が原因の生理不順
  • 3つ目に挙げられるのが、子宮内膜症です。これは珍しい病気ではなく、子宮の中につくられるはずの内膜が、子宮の外につくられてしまうという病気です。
    出典 :病気が原因の生理不順
  •  

    このような月経不順の病態生理を知って、改善に役立てて下さい。