妊婦の低血圧・めまい、頭痛、気絶することも!

様々な原因から起こる妊婦の低血圧。意外なことから起こることもあります。中には気絶してしまうことも・・・何が原因で起こるのか?対策を考えました。

view12360

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は、成長していく赤ちゃんや子宮に沢山の酸素&栄養素が届くように、ママの体内の血液の量が増えていかなければならず、沢山の血液が体中を回るように、血管の幅が妊娠前よりも広がるのです。血管の壁が柔らかく、伸びやすくなる、といった感じでしょうか。実際、血管だけでなく、妊娠中は皮膚や関節も伸びやすくなりますね。妊娠中は全てが伸びやすくなるように出来上がっているのです。
    出典 :妊娠中の低血圧|健康で幸せなマタニティーをお手伝い
     

    血管が広がっても、中を通る血液が足りないと低血圧になります。

  • つわりのある妊娠初期から後期まで、いつ低血圧症になるかわかりません。もともと低血圧の人も、そうでない人も、原因と、対策を知っていたほうがお腹の赤ちゃんのためにも良いことです。

  • つわりの時期の低血圧

  • 妊娠中には低血圧を起こしやすいとされているのです。原因としては、まず妊娠初期のつわりにあります。つわりは体内の水分量が不足させてしてしまうことが多くあるのですが、水分量の不足が低血圧を招くことになります血液の水分が減少してしまうことで血液量までが低下してしまい、低血圧を起こしてしまいます。
    出典 :低血圧と妊娠
  • つわり症状のひとつとして、妊娠初期や中期に、頭をぐるぐる回されているような軽いめまいを経験するかもしれません。これは妊娠中・つわり中にはよくあることで、頻繁で程度がひどくても妊婦さんや
    赤ちゃんには害はないといわれています。
    出典 :つわり症状:めまい
  • 妊娠中(つわり中)のめまいの原因で、心配しなくてはいけないもの、すぐに対処をしなければいけないものは、低血糖(これは、健康的な食生活を送る、頻繁に軽い物を食べることで改善します)や、貧血、もしくは赤血球の減少(鉄分の多い食事や、鉄材の服用で改善します)による、めまいです。
    出典 :つわり症状:めまい
  • この時期の低血圧症対策

  • 妊娠中の低血圧対策としては、つわりが辛くても、できるだけ水分摂取を行うことが大切です。
    また、血液の循環を良くするために、足を少し高くして寝たり、お腹が重くなって大変かもしれませんが、できるだけ毎日散歩をして体を動かすようにしましょう。
    出典 :低血圧と妊娠
  • 妊娠中期から後期にかけての低血圧

  • 通常であれば、つわりが治まって血圧が安定してくるのですが、胎児の成長と共に大静脈などを圧迫してしまうことがあり、血液循環が悪化して低血圧を起こしてしまうことがあるからです。
    出典 :低血圧と妊娠
  • 仰臥位低血圧症候群に気をつける

  • 妊娠後期になると増大した胎児と羊水のために子宮はかなりの大きさ、重量になります。 妊娠中期から後期にかけて仰臥位(天井を向いて寝ること)になると急激な血圧低下を引き起こすことがあります。 これを仰臥位低血圧症候群といいます。
    出典 :仰臥位低血圧症候群
  • 「ぎょうがい」いわゆる「仰向け」です

     

    この大きな静脈が圧迫されると血管がつぶれて、その先に血液が通わなくなります。 つぶされた先には心臓があります。 心臓に通うべき血液が急激に減少し、ポンプである心臓は空打ち状態となります。 心臓に戻ってくる血液が減少すると心臓から出て行く血液も減少するため、血圧は低下し、母体の脳や胎児に循環する血液量が減少します。

  • この体勢を続けているとお母さんは気分が悪くなり、気絶することもあります。赤ちゃんの心拍も下がります。長時間続き、低酸素状態になると改善が難しくなります。

  • あお向け寝で気が遠くなってきたら・・・

  • すぐに左側を下にして横になってください(左側臥位)!こうすることで下大静脈の圧迫が解除され、症状がすうっと回復します。
    出典 :仰臥位低血圧症候群
  • 妊娠中はホルモンのバランスをとることが難しい

  • 妊娠中はホルモンのバランスが乱れがちになることも低血圧に大きな影響を与えます。 血圧のコントロールをしにくい状態となってしまうので、急に立ち上がったりしてしまうと、低血圧の症状を起こしてふらつきや立ちくらみを引き起こしてしまうことがあります。
    出典 :低血圧と妊娠
     

    妊娠中はいつ何があるかわからないことを忘れず、立ち上がるときは何かにつかまるなど、対策をしてください。

  • 低血圧の改善

  • 低血圧の症状も色々あり、辛いでしょう。 基本、低血圧の改善や食事にあります。 食事に気をつける事で低血圧の症状を軽くしたり、少なくする事が出来ます。低血圧の症状とは無関係の人でも、食事を考える事で低血圧の対策となります。
    出典 :低血圧には食事が大事
  • 3食はちゃんと食べて下さい。 肉や魚、乳製品に多く含まれるたんぱく質と、海藻や野菜等に含まれるミネラル を多く摂取する食事を心がけて下さい。
    出典 :低血圧には食事が大事
  • 低血圧改善の食材

  • ビタミンBは、エネルギーを作る効果。レバーやほうれん草、かぼちゃ、にんじん
    ビタミンCはミネラルを多く吸収。小松菜やほうれん草、トマト、かぼちゃ、にんじん
    タンパク質は、筋肉や血液を作り出す大きな役割。肉や魚介類、大豆、豆腐チーズや牛乳
    鉄分は造血作用の高い成分です。レバーやひじき、赤身の肉や鰹、納豆
    出典 :低血圧を改善する食品
  • 飲み物は暖かいものにしましょう。ココアやほっとジンジャー、葛湯も良いでしよう。

  • 天然塩には良質のにがりが含まれており、摂取する事で健康にも良い効果が期待出来るでしょう。低血圧に良いとされる食事を岩塩などの天然塩、醤油、味噌などのシンプルな味付けで作れば、低血圧の症状が改善出来ます。
    出典 :低血圧の改善には塩分がいい?低血圧を改善する食事と塩分の取り方
     

    低血圧には塩分の摂取は欠かせませんが、スナック菓子のようなものではなく天然のものにしましょう。

  • 酷いときには医師に相談し、薬をもらう

  • 低血圧の薬として広く知られているのは、ジヒデルゴット、メトリジン、リズミック、エホチール等です。その他にも、フロリネフと呼ばれる薬を使って、難治性低血圧の治療を行う事があります。
    低血圧の薬は、服用するだけでは血圧の改善には繋がりません。出来るだけ日常生活の中でも、血行を促進する食事を取り、適度に運動を取り入れる事が大切です。
    出典 :低血圧を改善する薬
     

    薬を飲んでも改善しないときは、普段の栄養状態や運動量をもう一度考えてみましょう。