【薄毛の原因】あなたはちゃんと気にしてる?頭皮の毛穴

あなたは『頭皮の毛穴』についてどれくらい気を配っていますか?
普段直接見る機会のほとんどない、頭皮の毛穴。ですが実はこの頭皮の毛穴のコンディション次第であなたの大切な『髪の毛』に大きな影響を与えているのです!今回は『頭皮の毛穴』についてわかりやすくまとめてみました。

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『頭皮の毛穴』はどんなところに影響を与えるの?

  • ではまず、『頭皮の毛穴』について詳しく見ていきたいと思います。具体的に、頭皮の毛穴のコンディションによって髪の毛・頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか?

  • 毛穴というと顔をすぐに思い浮かべますが、頭皮にもたくさんの毛穴があり、毛穴の汚れやすい部分です。頭皮も汗や埃、そして皮脂汚れが毛穴に詰まります。毛髪の悩みは、ほとんどがこの頭皮の毛穴の汚れに起因します。
    出典 :頭皮の毛穴 | 正しい毛穴ケアで「キレイなすっぴん素肌!」
  • よく洗って清潔にすれば頭皮も改善出来ると思われる人が多いのですが、実は洗いすぎて頭皮が乾燥し脂が過剰に出過ぎて脂漏性の湿疹やフケ症になることも多いので注意が必要です。
    出典 :頭皮の毛穴 | 正しい毛穴ケアで「キレイなすっぴん素肌!」
  •  

    頭皮の毛穴は『とにかく洗えば良い』というわけではありません。洗いすぎがかえってフテの原因になることもあるのだと覚えておきましょう。

  • また、頭皮の毛穴が汚れると、髪の生え変わりや成長に影響を及ぼします。薄毛や脱毛は、こうした毛穴の汚れが原因となります。頭皮の状態が悪くなった場合には自己判断せずに皮膚科の先生に相談してください。必要ならば処方薬で治しましょう。
    出典 :頭皮の毛穴 | 正しい毛穴ケアで「キレイなすっぴん素肌!」
     

    薄毛・脱毛は『髪の毛』ではなく『頭皮の毛穴』をしっかり洗えていないことが問題なのですね。

  • 何故『頭皮の毛穴』は詰まってしまうの?

  • 多くのスーパーで売っているシャンプーや、CMで広告されているシャンプーに入っているシリコンが原因です。シリコンは髪の毛をコーティングして、髪の毛をサラサラにしたり、手触りや髪の指通りを良くする代わりに、頭皮までコーティングしてしまい、毛穴が詰まる原因になってしまうんです。
    出典 :頭皮の毛穴を根こそぎゴッソリキレイにする方法
     

    最近では『ノンシリコンシャンプー』が流行りだし、製品も増えていますね。シリコンシャンプーは『髪にはいいけど、頭皮には優しくない』ようです。

  • 洗髪をした後のシャンプーをよく洗い流さないと、シャンプーに含まれる刺激の強い物質が毛穴にこびりついて、これが毛穴を塞いでしまいます。そうなると、毛穴に余分なものが詰まっているので、押しつぶされた髪はくせ毛になる要因となってしまいます。シャンプーは洗い残しがないようによくすすぐことが大切です。
    出典 :毛穴の汚れが詰まる原因と取り除く方法【頭美人】
     

    意外と『シャンプー後のすすぎ』が足りない方も多いようです。あくまでシャンプーは『皮脂よごれ』を落とすための洗剤であって、洗い終わった後にまで頭皮に残ってしまっていてはダメージを与えてしまいます。

  • 整髪料というのは基本的に髪の成長の為に不必要なものが多いです。髪型をセットするために整髪料を使用するという方が多いですが、どの整髪料にも共通しているのは「髪型を固める」という目的で使用されることです。
    出典 :毛穴の汚れが詰まる原因と取り除く方法【頭美人】
  • この成分は毛穴や頭皮には有害になってしまうことも多く、整髪料を付けすぎると抜け毛が多くなってしまったり、髪の毛が細くなってしまったり、くせ毛を悪化させてしまう事になりかねません。
    出典 :毛穴の汚れが詰まる原因と取り除く方法【頭美人】
  •  

    整髪料を使わないように、とは言いませんが、使用した後はしっかりシャンプーなどで洗い流すようにしましょう!

  • 【頭皮の毛穴】ケア方法

  • ■皮脂の塊の取り方
    お湯の温度は40℃位で、頭を良くすすいでください。ホコリや表面の皮脂を洗い流します。(何日も髪の毛を洗ってない人は、シャンプーを使って下さい)
    出典 :頭皮に脂の塊発見!
  • 頭をすすいだら(シャンプー)、湯船に5分から10分程度浸かって下さい。(のぼせないように)その時に、お湯で温めたタオルを、頭に巻いて下さい。
    出典 :頭皮に脂の塊発見!
  • これで、皮脂の塊が、取れやすい状態になります。後は、正しいシャンプーの仕方で通常通り、髪の毛を洗って下さい。
    出典 :頭皮に脂の塊発見!
  • ①アミノ酸系の泡で充分に泡立てる。“頭皮を洗う”には、充分な量の泡で、頭皮についた汚れや皮脂をシャンプーの泡に溶かし込むよう丁寧に優しく洗います。 また、直接頭皮にふれるため、刺激の少ないアミノ酸系のやさしい洗浄成分で洗いましょう。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA
  • ②指の腹で洗う。シャンプーは指の腹(指紋の渦の中心辺り)を使い丁寧に洗いましょう。洗髪時に髪の汚れとともに頭皮の脂(皮脂)を落とそうと意識するあまり、指先に力を入れてゴシゴシと頭皮をこすっている人が少なくありません。頭皮を傷つけ、抜け毛の原因になることもあるので、注意が必要です。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA
  • ③キレイに流す、しっかり乾かす。シャンプー後はしっかり洗い流しましょう。洗い残してしまうと髪が傷んだり、頭皮を刺激してトラブルの原因となります。また、水分を拭き取らない状態からの自然乾燥は、地肌を傷めたり、キューティクルを開いた状態にしてしまい髪の水分量を減少させてしまいますので、頭皮にも髪にもよくありません。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA
  • 【頭皮の毛穴】シャンプー選びも大切

  • シャンプーの目安としては1500円位~が目安で、1500円以下は石油系シャンプーを素材にしているのが多い様です。あくまでも目安ですが、1500円以上はアミノ酸系弱酸性や天然成分(無添加)の髪への刺激が少ない様に作られています。 種類は、乾燥肌用、脂漏肌用などがありますので、自分の状態により使い分けが必要です。
    出典 :正しいシャンプーの仕方 - 髪を健康にし 10若返る ヘアー情報.com/ 髪と頭皮と健康を育む日本一オーガニック美容室/
  • 一般に男性用が脂漏肌用で、女性用が乾燥肌用が多いです。代表的なのが、レラ・PURE95・ミノンは人気が高く(値段もいい値がする)相性問題も出にくいと評判です。アミノ酸系弱酸性は頭皮には優しいのですが、使い過ぎると逆に皮脂を溜める原因になるようで、3日おきに、石鹸シャンプーや脱シャンなどをして調整する方法もあります。
    出典 :正しいシャンプーの仕方 - 髪を健康にし 10若返る ヘアー情報.com/ 髪と頭皮と健康を育む日本一オーガニック美容室/
  • 皮脂の取り過ぎは「抜け毛が少なくなり、頭皮は綺麗になる」ですが、頭皮と毛は弱っていきます。(これはシャンプーやリンス・トリートメント・整髪料等に含まれる界面活性剤の影響です。界面活性剤には毒性や催奇性があり、ほとんどの商品に含まれていますが、自然派とか指定成分カット等で隠していることが多いので注意しましょう)
    出典 :正しいシャンプーの仕方 - 髪を健康にし 10若返る ヘアー情報.com/ 髪と頭皮と健康を育む日本一オーガニック美容室/
  • いかがでしたか?
    実は頭皮の毛穴ケアが、何よりの薄毛・脱毛対策になるのです。直接目に触れる機会が少ない部位ではありますが、丁寧な頭皮のケアを心がけ、いつまでも若々しい健康な髪の毛でいられるようにしましょう!