動脈硬化とアテロームにはクルミを食べると良いらしい

クルミの成分が、動脈硬化とアテロームの改善によいと注目されているのをご存知でしょうか。まとめてみました。

view245

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 動脈硬化にはクルミが注目です!

     

    クルミを食べると、動脈硬化の予防に役立つそうです。

  • 動脈硬化とアテロームって?

  • 様々な病気の原因となる「動脈硬化」。動脈硬化とは、どんな状態のことを指すのでしょうか。

  • 比較的太い動脈(冠動脈、大動脈、脳動脈など)の内膜にアテローム(粥状物質)がたまり、血管内腔を狭くします。
    出典 :動脈硬化とは
     

    太い動脈血管に、ドロドロしたアテロームがたまって血管が狭くなり、血液の流れが悪くなることですね。

  • 一般に「動脈硬化」というとアテローム硬化をさします。
    出典 :動脈硬化とは
     

    動脈硬化とアテロームはイコールとして考えて良いようです。

  • 動脈硬化と聞くと先ずはじめに、コレステロール過剰という言葉が浮かびます。これは脳梗塞や高血圧の患者さんを調べた結果、血管壁にアテローム(粥状突起)というブヨブヨのできものができていたからです。
    出典 :動脈硬化
  • コレステロールとは脂質の一種です。つまり油です。
    出典 :動脈硬化
  • 血管の内側の壁に、コレステロールという「油」が「アテローム」としてドロドロべっとりと張り付いて動脈硬化を引き起こすのですね。

  • コレステロール値が高いという時には、まず活性酸素対策が最重要課題で、また余分なコレステロールが効率よく排出されるようにレシチンや食物繊維、ビタミンC、Eを多く摂取しなければならない、ということになります。
    出典 :動脈硬化
     

    油をどんどん体内から排出すれば、動脈硬化が改善されるのでしょうか?

  • 動脈硬化、静かに悪化し命にかかわる病の原因にも

  • 動脈硬化って、怖い病気なのでしょうか???

  • 動脈硬化の症状としては、かなり進行しなければ自覚症状があらわれないのが一般的です。
    出典 :動脈硬化の症状
  • 動脈硬化で血管が狭くなっていると詰まりやすくなってしまいます。これが心筋梗塞や脳血栓、狭心症などの原因となるのです。
    出典 :動脈硬化の症状
     

    自分が動脈硬化だと気が付くのが、倒れたとき・・・だとしたら怖いですね。普段から動脈硬化にならないために気をつけて生活したいですが・・・。

  • 動脈硬化の予防にくるみが活躍

  • 最近、動脈硬化の予防にクルミが良いと話題になっています。

  • くるみの成分には不飽和脂肪酸が多いので、常に食べていると、血管を丈夫にして、血液の中の老廃物を排除することになり、結果的には動脈硬化予防になるのです。
    出典 :動脈硬化予防に効く食べ物 | 食べ物の栄養価と効能
     

    くるみは、血液の中を掃除する成分があるのということです。

  • 「くるみ」には血管を柔らかくするなどの効果があると報告されています。
    出典 :くるみが血管の弾力性を改善し動脈硬化を防ぐ! | クルミ研究会
  • αリノレン酸が血液をサラサラにして動脈硬化を予防するのに効果
    出典 :くるみが血管の弾力性を改善し動脈硬化を防ぐ! | クルミ研究会
  • αリノレン酸など。ちょっと聞きなれない単語ですが、私たちの体にどんな効果があるのでしょうか。

  • くるみで血液がサラサラに

  • 青魚などに多く含まれているEPAやDHAは、血液をサラサラにする効果などが知られています。どうやらクルミに多く含まれているαリノレン酸は、人間の体内でこのEPAやDHAに変身するということです。魚を食べなくても、クルミを食べればEPAやDHAを摂取できるということです。

  • さばやいわしなど背の青い魚に多く含まれ、植物油などに含まれるアルファーリノレン酸も体内でEPAに変換されます。
    出典 :EPA
  • 魚にEPAやDHAが多いのは、魚の餌である植物性プランクトンに含まれるαリノレン酸が魚の体内でEPAやDHAに変化されるからです。
    出典 :DHAの効果
  • EPAは、血液が凝固するのを抑えたるはたらきがあり、血中の中性脂肪を減らすので血液をサラサラにしてくれます。
    出典 :EPA
  • アレルギーには注意を

  • クルミアレルギーは、発症頻度が高くてメジャーなアレルギーの1つです。
    出典 :クルミアレルギーってありますか? - Yahoo!知恵袋
     

    普段あまりクルミを食べていなかった方が、動脈硬化とアテロームに良いと効いて急に食べてアレルギーの発作を起こしては大変です。自分がクルミアレルギーでないかどうか、まずは少量食べて確認してから食べ続けると良いのではないでしょうか。