何が問題!?「狂犬病の原因」とは何がある!?

狂犬病の原因は何があるのでしょうか?人に感染すると死者が出る怖い病気なのです!

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 狂犬病の症状としては・・・

  • 狂犬病の主な初期症状は、発熱などの風邪に似た症状とさまざまな神経症状。神経症状は、音や光に敏感になり不必要に怯えたりする知覚過敏と、神経麻痺やそれによる痛みから生じる特有の症状があります。
    出典 :狂犬病の症状・感染源・死亡率 [感染症] All About
     

    神経麻痺や痛みが出るのですね・・・

  • 神経症状が起きると精神的に興奮したり、錯乱することがありますが、 特徴的なのは、飲み込むときに神経異常で強い痛みが起きて水すら飲めなくなったり(恐水症)、知覚過敏のため風の音にすら恐怖を感じるなどの症状(恐風症)。このため狂犬病は「恐水病」といった名前で呼ばれることもあります。
    出典 :狂犬病の症状・感染源・死亡率 [感染症] All About
  • 神経麻痺は

     

    飲み込み困難から全身麻痺に発展してしまうのです。最終的には昏睡状態を引き起こした多臓器不全で死亡するのです・・・ほぼ100%発症してしまうと死亡してしまう事になるのです。原因をしって予防に努めましょう

  • 狂犬病の原因は

  • 狂犬病ウイルスは、感染した動物の唾液中に大量に存在するため、感染動物に咬まれると咬み傷からウイルスが体内に侵入し感染してしまいます。ウイルスは咬傷部位から末梢の神経や中枢神経、すなわち脳・脊髄へと広がり、末梢神経障害や脳炎、脊髄炎などの中枢神経障害を引き起こします。
    出典 :犬の狂犬病 | 犬の病気事典 | Petwell(ペットウェル)
  • 感染動物との接触すでに狂犬病ウイルスに感染した動物にかまれることにより、傷口から唾液とともにウイルスが侵入します。かまれた部位や体内に侵入したウイルスの量、ウイルスの病原性の度合いによって左右されますが、おおむねかまれてから2~6週間後に発症します。
    出典 :狂犬病~症状・原因から治療・予防法まで犬の感染症を知る
  • 一般には感染した動物の咬み傷などから唾液と共にウイルスが伝染する場合が多く、傷口や目・唇など粘膜部を舐められた場合も危険です。人への感染源のほとんどがイヌですが、イヌ以外の野生動物が感染源となることもあります。
    出典 :狂犬病~症状・原因から治療・予防法まで人獣共通感染症を知る
  • 以下のことについてご注意下さい! ・ 滞在中にむやみに動物に手を出さないようにしましょう ・ 万が一、滞在中に犬等に咬まれた場合には、 (1) すぐに傷口を石けんと水でよく洗いましょう (2) 現地医療機関を受診し、傷の手当てと狂犬病のワクチン接種を受けましょう (3) 帰国時に検疫所(健康相談室)に申し出ましょう
    出典 :狂犬病に関するQ&Aについて|厚生労働省
  • 犬を飼っている人が義務づけられる事

  • 狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主には以下のことが義務づけられています。 ・ 市町村に犬を登録すること。 ・ 犬に毎年狂犬病の予防注射を受けさせること。 ・ 犬に鑑札と注射済票を付けること。 (1) 毎年4月から6月は狂犬病予防注射期間です。 (3) 詳しくは市町村の窓口にお問い合わせ下さい。
    出典 :狂犬病に関するQ&Aについて|厚生労働省
  • 予防にはワクチン接種!

  • 狂犬病の予防には、ワクチン接種が有効です。狂犬病は、狂犬病予防法によって生後3ヵ月以上の犬に年1回のワクチン接種が義務づけられてもいます。動物輸入によって日本に狂犬病が入ってくるという可能性は常にあるため、年に1回は必ず狂犬病のワクチンを愛犬に接種しましょう。
    出典 :犬の狂犬病 | 犬の病気事典 | Petwell(ペットウェル)
  • 狂犬病発症後の死亡率はほぼ100%で、確立した治療法は今の所ありません。「最も致死率が高い病気」として後天性免疫不全症候群(エイズ)とならんでギネス・ワールド・レコーズにも記録されているほどです。
    出典 :狂犬病~症状・原因から治療・予防法まで人獣共通感染症を知る
     

    治療方法はないのです・・・

  • 狂犬病は

     

    一度発症してしまうと死は免れません。しっかりと予防が必要なのです。日本では毎年一回の狂犬病ワクチンの予防接種が義務付けられているのでしっかりとしましょうね!