急な発熱から始まる【突発性湿疹】まとめ。

生後4ヵ月頃から見られる【突発性湿疹】。急な発熱から始まり、熱が下がったと同時に発疹が出るのが特徴。
そんな突発性湿疹とは?

view92

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 突発性湿疹とは?

  • 生後4カ月ごろから1歳ごろまでの赤ちゃん時代に代表的な病気です。
    ウイルスによる感染症ですが、感染力は弱く流行もしません。2回以上かかる赤ちゃんもいます。
    出典 :すくすくネット - 突発性発疹
  • 突然39度前後の熱

     

    急突然のな発熱から始まり、生まれて初めての発熱をこの病気で経験する赤ちゃんも多いのも特徴よう。
    熱のみで、咳や鼻水などと言った症状は見られません。

    2~3日続いたのち突然熱は下がり、下がったと同時に発疹が出ます。

  • 風邪やはしかとまちがえやすい
     突然高熱で発症するため、かぜやはしかと間違えることがありますが、のどや鼻の症状はありません。口の中に永山斑という小さな赤い斑点があることが大きな違いですが、実際には医師でも見分けにくく、発疹が出ないと診断がつかなことがほとんどです。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
  • 具体的にどんな感じなの?

  • 熱があるうちは発疹はでません

     

    熱が下がったと同時に、待ってましたとばかりに出ます。

    たいていは1歳までにかかると言われています。(モチロン個人差あり)
    遅くても2歳頃までにはかかり一度かかると再びかかることはないといわれていますが
    まれに2回かかる子も。

    その場合は1回目よりは2回目の症状が軽いようです。

  • おなかや背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、半日くらいで全身に広がります。
    2~3日は発疹も目立ちますが、だんだん薄くなって消えていきます。あまりかゆみはありませんが、ときにはかゆがったりすることもあります。また平熱に戻ったあとも、数日間はぐずる赤ちゃんもいるようです。40度近い熱が出ることもあるので親は不安になりますが、高熱のわりに赤ちゃんは機嫌もよく、元気もあるなど、全身状態がいいのも特徴のひとつです。
    出典 :突発性発疹 - gooベビー
  • 原因とケア

  • 原因は、7~8割のケースであるヒトヘルペスウィルス6型というウィルスです。2回経験する子もいますが、これは6型の兄弟で、2回目は症状が軽いヒトヘルペスウィルス7型に感染したためだと考えられます。突然7型から感染する子は少ないようです。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
  • 突発性湿疹の治療法は

     

    これと言った治療方法はなく、対処療法となる。
    高熱がでるため、脱水症状には気を付け、水分補給をすることが大切。

    2~3人目となると慣れて来る方もいますが、何かあってもいけないので
    まずは高熱が出たら受診しましょう。

  • 【治療法は?】
    ウイルスそのものに効く薬は残念ながらありません。高熱で身体がぐったりしたり、吐いて水分がとれず、脱水状態になっていることがありますので、点滴による脱水症状の改善が必要となることがあります。本当は正しい治療法ではないのですが、上に述べたように、発疹が出るまで熱の原因がはっきりしませんので、抗生剤を飲んでもらうこともあります。
    出典 :突発性発疹症
  • まれにかからない子もいますが・・・?

  • それは。。。

  • 大半は6ヶ月~1歳の間にかかりますが、下は3ヶ月くらいから、上は3歳くらいまでかかる可能性があります。全くかからない人もいますが、この場合はウイルスが感染しても症状が出ない不顕性感染ですんでいると考えられます。それが証拠に、はしかや水ぼうそうと違って、大人になってから突発性発疹症にかかったという話は聞いたことがありません。
    出典 :突発性発疹症
  • 感染していないわけじゃなく、症状が出ていないんですね。