乳腺炎になりやすい人ってどんな人?

母乳育児のお母さんの中で、乳腺炎になりやすい人がいるのをご存知ですか?どんな人がなりやすいのかを知っておけば、あなたが乳腺炎になりやすい人かどうか分かります。

view417

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも乳腺炎って何?

  • 乳腺炎は授乳中の、特に初産の人に多い病気です。原因は乳腺に乳汁がたまり炎症を起こすためです。出産後は、分娩直後の血管の拡張や血液やリンパ液の停滞、これらによる乳管への圧迫があり、また初乳の粘り気が強いことや赤ちゃんの吸う力がまだ弱いことなどから、乳房がはり、熱を持って軽い痛みを感じるのです。
    出典 :治療 : 乳腺炎の対処法〜症状やマッサージについて
     

    乳腺炎は、おっぱいの中にしこりが出来て、痛みを伴う症状のことを指します。

  • また、乳腺炎には、3つのタイプがあります。それぞれ特徴がありますので、ご紹介します。

  • ◆急性うっ滞性乳腺炎(急性停滞性乳腺炎)
    ・乳房全体に発赤が出て腫れて硬くなる
    ・痛みを伴うしこりができる
    ・微熱が出る
    出典 :【乳腺炎ガイド】-乳腺炎の症状・治療・対処法
     

    乳腺炎になる人の多くが、これに当てはまると言われています。

  • 急性化膿性乳腺炎
    主に出産後2~3週間目から症状がでてきます。また、乳首の傷から細菌が入ると、炎症を起こします。
    症状としては ・乳房が腫れて痛む ・しこりができる ・38~40度もの高熱が出、全身に寒気を伴う ・脇の下のリンパ節が腫れる
    出典 :乳腺炎
     

    不衛生にしているとなりやすい乳腺炎です。

  • 乳輪下膿瘍とは、黄色ブドウ球菌などの細菌が乳頭の入管口から侵入することによって、乳輪の下に膿が溜まるという病気です。
    出典 :乳輪下膿瘍 | 病名から医師・病院・クリニックを検索【病院検索ホスピタ】
     

    再発することのある乳腺炎です。喫煙者に多いと言われています。

  • タイプ別の乳腺炎

     

    乳腺炎の種類によって、しこりが出来る場所も異なります。

  • なぜ乳腺炎になるの?

  • 一つは、細菌が乳頭から乳腺内に達し感染する「急性化膿性乳腺炎」で、日頃オムツを替えた後や家事などの後の手洗いが習慣となっている方には少ないでしょう。
    二つ目は、乳管内や乳腺内にオッパイが溜まる「うったい性乳腺炎」です。多くは症状が出る前の食事内容に端を発しています。
    出典 :乳腺炎・オッパイトラブル
     

    細菌感染によるものか、食べ物が原因の場合がほとんどだそうです。

  • 東洋医学的に授乳中のママさんをみますと・・・
    “乳腺炎になりやすい体質”と“乳腺炎になりにくい体質”があります。
    出典 :乳腺炎の原因・体質・治療 大阪 ママサポート治療院
     

    そもそもお母さんの体質も関係しているそうです。

  • では、どんな人が乳腺炎になりやすい人なの?

  • 乳腺は簡単にいえば、「母乳を作る部分(小葉)」と「作られた母乳を運ぶ・乳管」を セットで『乳腺』といいます。これら乳腺が、だいたい15~20個くらい乳房の中に存在します。乳腺の数や柔軟性は異なりますので、これにより、乳腺炎になりやすいか?なども人によって異なるのです。
    出典 :乳腺炎の原因│乳腺炎対策ドットコム
     

    乳腺の数が多いか少ないかという部分が、影響しているようです。

  • 乳房の内側のシコリはストレス、乳房の外側は食事が原因と言われています。
    出典 :授乳トラブル(乳腺炎、うつ乳、白斑)の方へのアドバイス
     

    ストレスが溜まっている人や溜めやすい人も、乳腺炎になりやすい人と言えるでしょう。

  • 乳腺炎にならないためには

  • 乳腺炎の始まりは一箇所の乳腺の詰まりですが、それがひどくなると他の乳腺も圧迫されて詰まってきます。そうならないためにも、すべての乳腺に溜まった母乳を、赤ちゃんに均等に吸い出してもらう必要があります。
    出典 :どうしたら乳腺炎を防げるの? | 出産後のマメ知識 | 不妊・妊娠サプリメントとお灸「プレママプラス」
     

    乳腺炎を予防するには、授乳をすることが最も大事なのです。

  • 『和食中心のヘルシー生活』 食事にも注意が必要です。
    脂っこい物や甘いものばかりを食べ過ぎると、血液がドロドロになり、乳腺が詰まりやすくなります。
    出典 :乳腺炎|症状と予防法
     

    食事の影響も大きいので、毎日の献立には気を付けましょう。

  • 献立の参考に

     

    食べ物に含まれる栄養を理解して、献立を考えましょう。

  • 野菜の多いメニュー

     

    野菜をたくさん摂りましょう。

  • ストレスをゼロにしなさいと言われても難しいかもしれません。でも、家事や育児にも多少の手抜きは必要です。家族に手伝ってもらったりすることで多少解消されるかもしれません。あまり無理しないようにして、子育てライフを楽しんでください。
    出典 :乳腺炎の予防|乳房の病気とは|女性特有の病気から身を守る
     

    周囲の人にヘルプを出して、誰かのサポートを受けながら育児をすることも乳腺炎を予防するひとつの方法です。