これってヘルニアなの?【でべそ】どんなもの?

でべそってきになりませんか?
そんなでべそは何故出来るのでしょうか
どういったものかご紹介

view366

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • でべそとは?

  • 臍(へそ)の緒(お)が乾燥してとれた後、臍の根元が十分に閉鎖(へいさ)されていない場合、泣いたりいきんだりしたときに内臓が皮下まで脱出して臍がふくらんだ状態になるものです。
    出典 :臍ヘルニア(出べそ) とは - コトバンク
  • でべそとは,皮膚の下から押し上げられたり,臍ヘルニア等が原因で生じたもので、べその皮膚と皮下の組織が突出した状態になっているものです。 てべその形にはさまざまで個人差が出てくるものですが、それは突出の程度によるものです.
    出典 :デベソとは? どういう状態からデベソって言うんですか? お腹より少しでも(例え... - Yahoo!知恵袋
  • 2種類のタイプがあると知っていましたか?

  • 「単純に皮膚だけが飛び出しているもの」は一般的な「でべそ」

     

    臍輪が閉じており、瘢痕組織だけで皮膚が押し上げられ、臍突出を呈しているもので一般的な「でべそ」です。(臍突出症)

  • 「ヘルニアを伴うもの」は臍(さい)ヘルニア

     

    臍輪が開いており腹腔内容が皮膚、腹膜に包まれた形で脱出しているもので「臍ヘルニア」と呼ばれています。

  • 何故出来るの?

  • 臍帯には赤ちゃんと母親をつなぐ血管があります。臍帯はへその緒と言われ、産まれた時に、切ります。そして、臍帯から出血しないように止めておきます。すると、徐々に臍帯が小さくなり、乾燥して、へその緒として「桐の箱」に入れて渡されることが多いと思います
    出典 :臍ヘルニア(でべそ)の原因と治療 [子供の病気] All About
     

    母親から何度も見せられた覚えがあるこのへその緒
    見たことある人は多いのでしょうか

  • 臍(へそ)には、皮膚、筋肉などがくっついていきますので、一度、へこんでいきますが、くっつかない時に、腸がそこから出て、臍ヘルニア、つまり「でべそ」になるわけです。従って、生後1カ月頃から3カ月程度の間に膨らんできます。
    出典 :臍ヘルニア(でべそ)の原因と治療 [子供の病気] All About
     

    5~10人に一人だそうです

  • 臍帯が腹腔内から体外に出る部分は、臍輪と呼ばれていますが、そもそも臍輪は、硬い線維からなり、臍帯の周囲をしっかりと輪状にとりまいています。それによって腹腔内容(胃や腸)が体外に飛び出ないように維持しているのです。 先天性(生まれつき)の場合、ほとんど小児期に正常の陥凹した臍となります。
    出典 :めざせ!へそ美人『でべそ.com(でべそ・どっと・こむ)』|でべその原因
  • 治療方法はどうするべき?

  • 自然に治るので、基本的には、治療を必要としません。よく5円玉(なぜ5円玉)をガーゼに包んで押さえたり、ガーゼを貼ってテープで押さえたりことがありましたが、基本的にはお勧めできません。
    出典 :臍ヘルニア(でべそ)の原因と治療 [子供の病気] All About
  • ただし、治療を要する臍ヘルニアがあります。1歳過ぎても、全く良くならない場合と治っても皮膚が余った感じになった場合は、小児外科にて手術して、臍の形成術を行います。ただ、形のいい状態にするのは難しく、子供には成長もあるので、手術するかどうかは、小児外科で相談した方がいいでしょう。
    出典 :臍ヘルニア(でべそ)の原因と治療 [子供の病気] All About
  • 手術もある

  • 手術の適応: 基本的に『でべそ』は機能的には障害がないため、形態的な改善のための手術です。 しかし、臍ヘルニアは、形態だけでなく、機能的な理由により手術を必要とします。 基本的には"突び出した部分の処理"をしたあと、陥凹した臍を再建(作り直し)します
    出典 :めざせ!へそ美人『でべそ.com(でべそ・どっと・こむ)』|でべその手術