皆知っている!?「水中出産のメリット」を知っておこう!

水中出産のメリットをしっかり知っておこう!メリットを知る事で選択肢に入りやすくなる!

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水中出産のイメージとしては

  • 一般的な分娩は分娩台にのって「は~い、吸って~吐いて~、いきんで~っ!!」みたいに看護師さんの指示に合わせて行いどちらかというと産まされるって印象のほうが強いらしいです。
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
  • しかしこの水中出産は出産によるリラックス効果を追求した、産まされる感覚ではなく、より良いお産をしようっ!自分で産みたいっ!といった感覚のアクティブバースの一種といわれているようです。
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
     

    このような感覚で覚えておくと良いですね。

  • 水中出産とは

     

    具体的には陣痛が始まったら温水の中に入り(1回の時間制限等細かい注意事項はありますが)出産を迎える方法です。温水に浸ることで筋肉の緊張がほぐれ陣痛が和らぎ、精神的にもリラックスでき、楽な姿勢を簡単にとれますから、より自然に出産を迎えることができるのが水中出産といわれているのですよ。

  • 水中出産のメリットとは

  • ◆リラックス効果による陣痛緩和
    体温程度の温水に入るとリラックスでき、陣痛による痛みをやわらげ、スムーズなお産ができると言われています。
    出典 :水中分娩.com
  • ◆パートナーとの共同作業
    パートナーもいっしょにプールに入り、分娩のサポートを行える病院もあります。これにより大きな安心感を得られ、落ち着いた状態で出産が可能となります。カップルでともに新しい命の誕生を祝うことができるのです。
    出典 :水中分娩.com
  • ■胎児のストレス低減
    胎児はお腹の中の羊水で育っていますので、水中に産まれることに抵抗が少なく、また出産時の衝撃も少ないことから、水中出産は胎児に体にとっても楽な方法と考えられます
    出典 :水中出産Q&A
  • また水中出産はお湯の中に入ることで、浮力を使って楽に動き回れるのもメリットです。よく動くことで血液循環がよくなり、全身の緊張がほぐれ出産の進行がよりスムーズになることが期待できます。
    出典 :水中出産Q&A
  • また、筋肉が柔らかくなり、会陰が伸びやすくなります。浮力で体が軽くなるので、痛みも軽減され、出産しやすくなります。赤ちゃんが出る際、突然外気にふれることがないのも赤ちゃん側のトラブル防止にも。
    出典 :水中出産
  • パートナー(旦那さん)との共同作業も可能になるらしいですよ!一般的な自然分娩の立会では旦那さんが手をとったり声をかけて励ましたり、ビデオを取ったり、ただオロオロしたり・・・・。
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
  • これだけはしっかり考えておいて

  • 水中出産は

     

    色々なメリットがあるのは分かりましたよね。しかし、デメリットというのもあるので知っておいてくださいね。

  • 逆にデメリットとしては、体が温まり、血行が促進されることで出血量が増えてしまうこと、陣痛が弱くなる、温水プールに入ることでお母さんの体力が消耗するなどが挙げられます。
    出典 :水中出産
  • 温水に入るのは1時間が限度だそうで、子宮口が開くまでは入らない医師も多いそうです。それほど大きなリスクは感じませんが、子宮口がなかなか開かない初産などは、それまでは普通に進むことが多そうですね。出産はどちらかというと、子宮口が全開になるまでに時間がかかりますから、その辺はどうなのでしょうか。
    出典 :水中出産