ダイエットをしている人必見!太りにくい朝食の摂り方!

現在ダイエットに励んでいるなら、太りにくい朝食の摂り方を知って更にダイエット効果をアップさせましょう。
朝食は、ダイエットをするうえで欠かせないものなのです。
では、太りにくい朝食の摂り方にはどんなポイントがあるのでしょうか?

view103

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝食を食べるとダイエット効果が上がる!?

  •  

    朝食はダイエットをするにおいて欠かせない食事ですが、朝食を食べない人も多いようです。
    朝は忙しくて朝食を食べる時間が無い、朝食を作るのが面倒、食欲が無いなど理由はそれぞれ違うかと思いますが、朝食抜きの人は確実に太りやすい体質になってしまいます。
    まず、朝に食欲が無い場合は食生活に何らかの問題があると言われています。
    前日の夜、お腹いっぱいご飯を食べていませんか?寝るまで何かを口にしていませんか?
    このような人は胃の中で前日食べたものが消化しきれていないため、朝に食欲がなくなってしまうのです。
    また、朝食を抜くと、昼食をたくさん食べてしまう人が多いようです。
    体内ではエネルギーを欲しがっている状態なので、昼食は体内に吸収されやすくなってしまいます。
    この2点から、朝食抜きはダイエットの敵と言われています。

  • ただし、朝食は食べれば良いわけではありません。
    朝から甘いもの、脂っこいものを食べてしまうと、胃に大きな負担が掛かってしまいます。
    そのため、しっかりと朝食に適したメニューを考えて食べるのが望ましいでしょう。
    また、朝食では食べる順番を考えると太りにくくなりますよ。
    ぜひ、太りにくい朝食の摂り方を知って、実践してみましょう。

  • 太りにくい朝食の摂り方

  •  

    太りにくい朝食の摂り方のポイント1つ目は、朝食前に水を飲むことです。
    食べ物を口にしない時間が最も長いのは、夜から朝にかけての寝ている間です。
    食事と食事の時間が空けばあくほど脂肪を吸収しやすくなるため、急に高カロリーのものを食べると太りやすくなってしまいます。
    朝一で水を飲むことによって、胃がゆっくりと起き始めます。
    ただし、水は常温のものがベストです。
    冷たい水は胃に負担が掛かるだけでなく体を冷やしてしまうため、おすすめできません。
    また、冷え性の人や寒い季節は朝一に水ではなく白湯を飲むと良いでしょう。
    白湯ダイエットが人気になっているように、白湯にはダイエット効果や美容効果がたくさんあるのです。
    ぜひ、朝食前に一杯の水や白湯を飲んでみて下さい。

  • ■野菜を食べる時間がないときは野菜ジュース1本でもOK。
    出典 :太りにくい体質を作る朝食の摂り方 [食事ダイエット] All About
     

    太りにくい朝食の摂り方は、野菜から食べ始めることです。
    毎日の朝食に、サラダをプラスしてみましょう。
    また、野菜ではなくフルーツでも効果があるそうです。
    ただし、フルーツは意外と糖分が高いため、食べすぎには注意しましょう。
    朝食前に野菜、もしくは野菜ジュースやフルーツを食べることで、徐々に太りにくい体に近づいていきます。

  • ■ごはんかパン、またはシリアルなど1品の主食をとりましょう。
    出典 :太りにくい体質を作る朝食の摂り方 [食事ダイエット] All About
     

    炭水化物は太るからダイエット中はNGと思っている人、それは間違っています。
    特に朝食は昼間のエネルギーのもとになるため、炭水化物を抜くとエネルギー不足になってしまいます。
    また、炭水化物を抜くとお昼の早い時間にお腹が空いてしまいます。
    お腹が空いている状態で昼食を食べると、脂肪が体内に吸収されやすくなってしまうため注意しましょう。
    ただし、朝だからといって食べ過ぎは禁物です。
    ご飯一杯をよく噛んで食べることが、太りにくい朝食の摂り方と言えるでしょう。

  • ■外で食べる時はカロリー表示があるものを選び、400~500kcalを目安に組み合わせると良いでしょう。
    出典 :太りにくい体質を作る朝食の摂り方 [食事ダイエット] All About
     

    レストランやカフェで朝食を食べる、またはコンビニで買って食べる人も居るかも知れません。
    その際に気を付けたいのは、カロリーです。
    なるべくカロリー表示のあるお店で食事をするように心がけましょう。
    コンビニで買う場合にはほとんどの食べ物にカロリーが表示されているため、カロリー計算をしながら朝食を選んでください。
    また、外食の場合でも、サラダを食べることを忘れてはいけません。