妊娠中期の不正出血!!!原因は??対処法は??

妊娠中期の不正出血って一体何が原因なの???対処法とは???
気になる妊娠中期の出血に関する情報をまとめてみました!!!

view1806

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも不正出血って一体何???

  • 不正出血とは???

     

    不正出血とは、生理以外の日に膣口からの出血があることです!!!

  • 妊娠初期にはホルモンの変化から原因不明な不正出血が起こりやすくなります。また原因がはっきりしている不正出血もたくさんあります。子宮頸管(膣と子宮をつないでいる場所)の熟化、胎盤の剥離、流早産の兆候など。いずれにしても長期、あるいは大量の出血があったときには医師と相談することが大切です。
    出典 :不正出血-妊娠用語辞典
     

    妊娠中はあまり不正出血という言葉使うことはないようです!!!

  • 妊娠12~35週ごろまでは、1滴たりとも出血してはいけない! って知ってましたか???妊娠中期の不正出血には注意です!!!

  • 妊娠中に性器から出血することは決してレアケースではありませんが、ポリープやびらんがあると診断されている以外で、妊娠12週から35週ごろまでの間は、1滴たりとも出血してはいけないと考えましょう。よほど少量であれば、安静にして翌日などに受診するのもかまいませんが、出血の量が多いようであれば、迷わず病院へ行くこと。生理の量より多ければ、夜中であっても緊急に受診する必要があると思ってください。
    出典 :おなかの赤ちゃんからのSOS【出血】 - gooベビー
     

    この時期の出血は少ない時期なので気をつけるようにしましょう!!!
    気になるならすぐに病院を受診!!!

  • 妊娠中期以降の不正出血の原因とは???

  • 前置胎盤

    子宮が大きくなり胎盤が引きのばされるため、その刺激で出血することも。
    お腹の痛みは ほとんどなく、色は鮮血なものが多い。
    出血があったり、止まったりと繰り返します。
    出典 :妊娠中期・後期の出血
  • 胎盤早期剥離

    通常は、出産後に胎盤が剥がれて、分娩が終了するのですが、分娩前に胎盤が剥がれてしまうこと。
    胎盤の剥がれる量が多いと大量出血が起こって とても危険。
    出典 :妊娠中期・後期の出血
  • 後期流産(切迫流産)

    妊娠12週~22週未満の流産のこと。大量の出血で激しい痛みを伴う。
    この時期に生まれた赤ちゃんは、保育器でも育つことが困難ですが、切迫流産をとめることができれば、妊娠の継続も可能です。
    出典 :妊娠中期・後期の出血
  • 絨毛膜下出血

    胎盤が完成する16週までは、月経よりも少なめの出血が続くことも。
    胎盤の下にひらひらと毛のようなものが あたってその刺激により出血。
    特に心配はいらない出血。
    出典 :妊娠中期・後期の出血
  • びらんやポリープによる出血


    性成熟期の女性に多く見られる子宮腟部びらんや、子宮頸管ポリープがあると、不正出血しやすくなります。この場合、出血に痛みは伴いません。びらんやポリープがある人が出血した場合は、病院に駆けつける前に一度連絡を。
    出典 :おなかの赤ちゃんからのSOS【出血】 - gooベビー
  • 妊娠中のセックスなどが原因の出血もあります!!!

     

    妊娠中のセックスや内診などが原因で不正出血をしてしまう可能性もあります!!!

  • 定期健診の際、まい進を行うことがあります。後期になれば、2週間の1回、出産前では、1週間に1回内診があります。
    その時の刺激により、少量の出血がでることがありますが、心配はいりません。

    出血が止まらず、量が多い場合はすぐに受診を。
    性行為でも、刺激で出血する場合も。

    この時も量が少なく、すぐに止まれば大丈夫です。
    出典 :妊娠中期・後期の出血
     

    出血をした時は少量なら様子を見ましょう!!!

  • では出血してしまったらどうしたら良いの???

  • 妊娠中期以降の出血はすぐに受診!

     

    中期以降で出血をしてしまったら即病院を受診するようにしましょう!!!

  • 妊娠中期に入ってからの出血は、たとえほんの微量の出血でも、すぐに診察を受けてください。切迫早産が圧倒的に多くなってくるからです。ポリープやびらんなど赤ちゃんに影響のないときもありますが、この時期の出血は甘く見てはいけません。
    高齢出産が増えるにしたがって、切迫早産は増加する傾向にあります。とくに、初めて出血した、微量でも出血時におなかの強い張りを感じる、というときは、何はともあれ、かかりつけの施設に連絡。激痛が起きた、大量に出血した、というときは、救急車を呼んでください。
    出典 :妊娠中のおなかの張り、痛み、出血の判断基準|プレママタウン
     

    激痛や出血がひどい場合などは即救急車を呼んでください!!!