乳腺炎の痛みで泣かないために気をつけること。

乳腺炎になってしまうと、ひどくなった場合、切開しなければいけません。乳腺炎の痛みで泣かないために、予防法などを勉強しておきましょう。

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳腺炎は、母乳をちゃんと出すことが出来なくなり、乳腺に母乳が溜まってしまって炎症を起こすことが原因となって起こる病気です。 赤ちゃんを産んでいなくても、乳輪や乳頭に何らかの原因で傷ができた場合には、細菌感染(原因菌は黄色ブドウ球菌・連鎖球菌など)が原因で炎症を起こすこともあります。
    出典 :【乳腺炎ガイド】-乳腺炎の症状・治療・対処法
  • 乳腺炎の痛み

  • Qー2、3日前から左胸だけ触ったり押したりすると痛みます。触らないと特に痛みはなく下のほうから
    内側にかけてです。今回の痛みは何なんでしょうか??それと昨日から8度の熱が出ました!
    出典 :これは乳腺炎?? - 妊娠 - 教えて!goo
     

    Aー私も、乳腺炎になりました。症状は全く同じです。ただ、触らないと痛くない、という事なので、初期段階だと思います。 産婦人科に行くときは、母乳マッサージをしてくれる所に行かないと、 根本的な解決にはならないと思います。

  • 痛みも人それぞれ、また乳腺炎の進行度合いによって違います。
    初期の場合は「チクチクする」だったものが、炎症が起きてくると、赤く腫れ、触るのも辛くなります。

  • 初期の痛み

  • 乳腺炎になりかけの状態を「うつ乳」と言います。 乳管が閉塞し、腺房内に乳汁が貯留して、痛みのあるしこりになります。この状態は多くのお母さん(約3割)が経験します。乳管の閉塞が開通すれば、症状は改善します。
    出典 :乳腺炎になりかけの対処法 [乳腺炎] All About
  • 私の場合、胸が少しちくちく痛み始めます。次にはその痛みのある部分の皮膚が赤くなってきて、熱をもってきます。これが初期段階です。この初期で効果覿面なのは、市販の「冷えピタ」と「葛根湯エキス」です。 冷えピタは赤くなっている部分に貼るんですが、できれば冷蔵庫で冷やさず常温の物の方がいいです。
    出典 :乳腺炎の対策と予防 | にゃんママはじめての育児 - 楽天ブログ
  • 進んだ乳腺炎の痛み

  • おっぱいがパンパンに腫れて、痛くて本当に苦労しました。熱も出て病院で点滴を打ったりして母乳を中断しないといけませんでした。食べ物から気をつけてとにかく赤ちゃんに吸ってもらって、しこりが出たり熱を持ったらジャガイモしっぷをつくってつけました。 おやゆびさん[東京都]
    出典 :乳腺炎|プレママタウン
  • 乳腺炎なってしまった。はじめはなんとなくちくちくした痛みがあり、だんだん触れるだけで胸が痛くなって赤くなり熱がでてきた。訪問専門の助産師さんに来てもらい葛根湯で熱を下げマッサージしてもらいあとは子どもに飲んでもらって治まった。ゆっこさん[愛知県]
    出典 :乳腺炎|プレママタウン
  • 乳腺炎で痛い思いをしないために

  • 赤ちゃんは、唇の両はじがあまり吸えていない状態です。授乳が終わった後、その辺と、ほかの部分も飲み残しが無いよう搾乳しましょう。
    ここで注意ですが、すっからかんになるくらい搾乳してしまうと、次にはおっぱいが「母乳が足りない!」と判断してしまい、赤ちゃんが飲む以上に作ってしまうので、やり過ぎないように。

  • お風呂でマッサージ

  • ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって血行を良くし、乳管をたっぷり広げてください。すると、乳管内の詰まりが解消される場合があります。また、乳管内の詰まりが「油脂」であった場合、この「油脂」がお風呂で温まり溶けて、詰まりが解消される場合もあります。
    出典 :乳腺炎の対処法:体を温める
  • 食事に気を使う

  • 私は授乳中、母乳によいと言われる根菜類のたくさん入った味噌汁を作っていました。野菜もたくさん食べられるし、日によって鶏肉団子を入れたりタラや鮭などを入れたりするとバリエーションが増えて飽きません。体も温まり、母乳の出もよくなります。
    出典 :二度とかかりたくない!辛い乳腺炎を予防する3つの授乳ポイント
  • ベビカム「母乳育児レッスン第3回〜飲ませ方のコツ〜」 - YouTube

     

    乳腺炎の予防は、いろんな方向から赤ちゃんに飲んでもらうことです。