どこまで大丈夫?「妊婦の体重増加」心配は増えすぎ!

妊婦の体重増加はどこまで大丈夫なのでしょうか。増加しすぎるのは怖いですよね

view183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 太りすぎのリスクが怖い

  • むくみ、高血圧、たんぱく尿のどれかひとつでも症状が出たら、妊娠中毒症ですが、太り過ぎると、そのリスクが高くなります。妊娠中毒症を放っておくと、胎盤の機能が低下して赤ちゃんに充分な酸素や栄養が送れなくなり、早産や未熟児の原因に。母子ともに命にかかわることがあります。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    妊娠中毒症が悪化する恐れがあります

  • 妊娠糖尿病になり、血液中の血糖に異常が起こると、おなかの赤ちゃんまで皮下脂肪が増えて、太りぎみに。体重4000gを超える巨大児になると、帝王切開の確率が高くなります。また巨大児の赤ちゃんは、からだが大きいわりにひ弱で、内臓の機能が未熟なこともあります。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    リスクが高くなるのはどうしてもさけたいですね

  • □ 体重が負担になって、膝痛や腰痛に。□ 産道などに余分な脂肪がついて、赤ちゃんが下りてきにくい。□ 子宮収縮が弱くなって(微弱陣痛)、出産が長引くことがある。□ 出産が長引くと、産後のママのからだの回復が遅くなりがち。□ 産後、腎臓病や高血圧などの慢性病に移行してしまうことがある。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
  • 体重が増加しすぎた場合は

     

    こんなにたくさんのリスクと戦うのです。それなら体重管理はきちんとしておかなくてはいけませんよね。しっかりと管理できるようにしましょう

  • 理想的な体重増加の目安は

  • おなかの赤ちゃんに必要なエ ネルギーや栄養素は、すべて胎盤を通して母体から与えられます。また、母体にも適度なエネルギーとバランスのよい栄養素が大切です。『妊娠中と産後の食事の目安』を参考にし、体 重を母子健康手帳の『妊娠中の経過』に記録しながら、変化を見守りましょう
    出典 :お母さんと赤ちゃんにとって「望ましい体重増加」を - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
  • 計算式 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) *体重55kg、身長158cmの人なら55÷1.58÷1.58=22.03です 妊娠前の体重 ■ kg ÷ ■ m ÷■ m = BMI ■
    出典 :お母さんと赤ちゃんにとって「望ましい体重増加」を - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    この式で計算すると目安がわかるのです

  • 運動をするなら

  • 妊娠が正常に進んでいて、特にお医者様からストップが掛からない限りは、適度な運動はした方が良いです。その意味は1人身の時の美容のためのダイエットとは違いますよ。
    出典 :初めて妊娠する方へ・体重増加を防ぐ方法 | nanapi [ナナピ]
  • 妊娠初期は、体調とお天気が良ければなるべく1日1回は散歩した方が良いですね。特に運動と考える必要はありません。妊娠初期はつわりもあるだろうし気分転換のためです。
    出典 :初めて妊娠する方へ・体重増加を防ぐ方法 | nanapi [ナナピ]
     

    散歩を取り入れるのがおすすめです

  • 標準体重でも油断大敵

  • 妊娠中の体重増加は、一律に「どの妊婦さんも10kgまで」というものではありません。体重増加は、その人の身長や妊娠前の体重から判断します。以前私が行った調査で、妊娠前のBMIとお産のときのBMIの差が大きい人、つまりたくさん太った人ほど帝王切開になる確率が高くなることがわかりました
    出典 :あなたは何kgまで太ってだいじょうぶ? - gooベビー
  • 一般的に、妊娠前に標準体重だった人のほうが「自分には関係ない」と考えて体重増加が著しくなりがちなので要注意。元々太めの人は、食べすぎの傾向があるので、食品のカロリーを確認するクセをつけて。
    出典 :あなたは何kgまで太ってだいじょうぶ? - gooベビー
  • 体重を落とす場合に

     

    単に食べなければ良いという問題ではありません。体重を下げれば赤ちゃんの体重も減少してしまうのです。ダイエットは行わず食事のバランスと運動で維持するように心掛けるのがベストかもしれませんね