変形性膝関節症はどんな病気?どうしたら防げる?

昔変形性膝関節症になったときにかなり焦ったので、同じような人の助けになればうれしいです。

view44

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 変形性膝関節症とはどんな病気?

  • 変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう、英: osteoarthritis)は、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけにより膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを伴う病気である。
    膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こるもの(一次性)と、関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるもの(二次性)の2種類がある。
    出典 :変形性膝関節症 - Wikipedia
     

    ひどい場合は急に立てなくなるとかもあります。

  • 変形性膝関節症はどんな症状?

  •  

    左が正常、右が変形している膝

  • 初期~中期の症状

  • 変形性膝関節症の初期から中期の状態

  • 初期の変形性ひざ関節症では、軽度の関節軟骨の磨耗が生じますが自覚的な症状はほとんどありません。
    軟骨の磨耗がある程度すすむと(中期)、ひざの曲げ伸ばしや立ち上がり、歩行時のひざにかかる負担の増加および軟骨、半月板の変性による刺激により関節炎が生じます。
    関節炎では、ひざを曲げ伸ばししたときの痛み(動作時痛)や曲げ伸ばしの制限(可動域制限:かどういきせいげん)が生じます。また、関節液が多量に分泌されて関節に「みず」がたまること(関節水腫:かんせつすいしゅ)もありますが、関節内のヒアルロン酸は逆に減少します。
    出典 :変形性ひざ関節症とはどんな病気? richbone(リッチボーン)
  • 進行している変形性膝関節症の症状

  • 変形性膝関節症 進行している場合

  • 進行期の変形性ひざ関節症では、軟骨の磨耗がさらに進み関節の土台の骨(軟骨下骨:なんこつかこつ)が露出したり骨棘(こつきょく)といった骨そのものの変形が生じたりします。
    この状態では、ひざを動かしたり立って歩いたりするたびに硬い骨同士が直接ぶつかり合うため強い痛みを生じ、曲げ伸ばしの制限も高度となり日常生活において大きな障害となります。
    出典 :変形性ひざ関節症とはどんな病気? richbone(リッチボーン)
  • 変形性膝関節症は誰でもなるのか?

  • 変形性膝関節症は、男性より「女性」に多く、

    60歳以上で「女性の40%」「男性の約20%」が

    変形性膝関節症であるといわれています。

    ※ただし、症状が出ない軽度のものも含む



    また、「肥満している」「O脚である」

    などの特徴がある方は変形性膝関節症になりやすいと

    言われています。


    O脚の人は、膝の内側に負荷がかかりやすくなるため

    膝の内側の軟骨がすり減って症状が出ることが多いです。



    そして、若い時に膝に負担がかかるような仕事を

    していた方が、高齢になってから変形性膝関節症に

    なるというケースも多くみられます。
    出典 :注意!変形性膝関節症の原因と3つの症状!簡単な対策方法とは?
  • 変形性膝関節症は防げるのか?膝の痛み対策。

  • 自宅で出来る簡単リハビリ

  • 可動域訓練

  • 可動域訓練は、変形性ひざ関節症によって関節の動きが悪くなったり、動く範囲が狭くなったりした場合に、その動きの改善や動きの範囲を広くするために行われます。
    ひざの曲げ伸ばしの訓練は、まずひざを温めてから行うと痛みも少なく関節や筋肉も柔軟になっているのでより効果的です。蒸しタオルを10分程度ひざに当てたり、入浴時に浴槽のなかで訓練したりするのが良いでしょう。
    出典 :変形性ひざ関節症の保存療法:リハビリテーション | richbone(リッチボーン)
  • 筋力訓練

  • 変形性ひざ関節症では、太ももやひざの周りの筋肉を鍛えてひざ関節を支える力を強くすることが大切です。仰向けに寝た状態や椅子にすわった状態で片方の脚を伸ばし(寝た状態では30~45度位に挙上)、そのまま10秒ほど支える方法はひざ関節を支える筋肉として1番重要な大腿四頭筋の力を鍛える簡単な方法としてお勧めです。また、水中歩行などプールでの運動は浮力のためにひざへの負担が少なく筋力をつけるのに大変有利です。
    出典 :変形性ひざ関節症の保存療法:リハビリテーション | richbone(リッチボーン)
  • ◆対策方法!状態によってはサプリメントも効果的!

     

    あまりにも膝が痛くて歩けないなど、
    激しい痛みの場合は医師に相談する必要がありますが、
    そこまで悪くない場合は、サプリメントが効果的な場合があります。
    膝関節のすり減ってしまった軟骨を補給してくれる
    グルコサミン・コンドロイチンなどが含まれているサプリが効果的だと思います。

  • 変形性膝関節症のまとめ

  • 変形性膝関節症は常に膝に付加がかかっている人がなりやすく、運動不足で筋力低下でもなってしまうので適度な運動で筋力を常日頃からつけておくというのも対策の一つですね。変形性膝関節症は本当につらいので、対策は若いうちからしておきましょう。