【衝撃】今流行しているサラダダイエットは痩せない?

ダイエットのために野菜をたくさん食べるというのは定説です。ですが、今流行しているサラダダイエットでは痩せないことがわかりました。良かれと思ってやっているダイエット、実は間違っているのかも?

view271

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • サラダダイエットの落とし穴!

  • サラダだけをたくさん食べても、正しいダイエット効果は得られません。まずは、今流行のサラダダイエットについて知っておきましょう。

  • 食事制限のダイエット中、栄養バランスを崩さないために、サラダだけを食べているという方が多くいらっしゃいます。しかし、野菜は思っている以上に栄養素が少なく、よく食べているようなサラダだけでは栄養が偏りがちになってしまう
    出典 :体作りのプロが警告!「サラダでは痩せない」衝撃の事実【前編】
     

    野菜だけでは、全ての栄養素を摂取することはできないのです。

  • 私たちにとって一番必要なエネルギー源は、炭水化物、タンパク質、脂質という三大栄養素です。しかし、野菜はほとんどが水分で、その一番必要な栄養素がほとんど含まれていません。
    出典 :体作りのプロが警告!「サラダでは痩せない」衝撃の事実【前編】
     

    特に、水分が多くカロリーの低い野菜は、栄養も少なめです。

  • サラダダイエットをしていると、代謝が落ちてしまう!

  • 野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維は重要な栄養素ではありますが、これだけでは本当に必要な三大栄養素を欠いてしまい、低カロリーであるゆえに結局栄養不足に陥りがち。そのため、代謝が落ちてしまい、逆に痩せにくい身体になってしまう恐れがあります。
    出典 :体作りのプロが警告!「サラダでは痩せない」衝撃の事実【前編】
     

    ダイエットにおいて大切なのは、基礎代謝です。基礎代謝が下がってしまうと、痩せない体質に。

  • 特にダメなのはコンビニサラダ!

  • コンビニなどに置いてあるサラダの野菜からは、ビタミン類などを摂取しようしても無理です。
    出典 :こんなダイエットは要注意!「太るサラダ」を自慢気に食べていませんか? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    コンビニやスーパーにおいてあるサラダ、色も綺麗でカロリーも低く、自分で野菜を買って作らなくても良いので人気があります。ですが、実は野菜を綺麗に見せるため、そして悪くならないようにと様々な処理がされています。

  • 野菜に含まれるビタミンはとても繊細です。おもいっきり水洗いしたり、熱を通したりするとすぐに壊れてしまいます。そのため、実はコンビニサラダは普通に自分で作って食べるサラダより栄養価は低いのです。

  • サラダだけじゃダメなら、何を食べたら良いの?

  • たんぱく質

  • 筋肉などの体の基礎を作る材料になるので、ダイエット中でも必ず必要な栄養素。肉や魚を選ぶ時には脂肪の少ないものを選ぶことで大幅にカロリーダウンできる。鶏肉は高タンパク質で低カロリーなため、ダイエットに向いていますが、皮や脂肪を取り除くのがおすすめ。魚は腹側より背側の方が脂肪が少ない。刺身ならトロより赤身、白身魚が低カロリーなので、その分だけ量を多く食べれる。
    出典 :ダイエットに適した食材 - 痩せる栄養学
     

    大豆を使った製品や白身魚、鳥のささみなどがオススメです。

  • 良質な脂肪

  • 質の良い自然な脂肪を摂るように心掛ける。油は酸化されやすいので、古いものはなるべく使わない。脂肪燃焼の働きを高める褐色脂肪を体内に増やすため、分解されやすい構造である不飽和脂肪酸を摂取しよう。
    出典 :ダイエットに適した食材 - 痩せる栄養学
     

    脂肪はダイエットの敵だと思いがちですが、健康に痩せるためには脂肪も少しは必要です。オリーブオイルや魚のEPAなど、良質な脂肪を摂取することが大切です。

  • どうせ食べるなら温野菜!

  • 蒸したり茹でたりと、加熱することで若干ビタミンなどの栄養価は落ちるものの、かさが減るのでたくさん食べられる。ジャガイモヤトウモロコシは、ご飯やパン食パンと並び、低インシュリンダイエットには不向きとされていますが、やや控えめ程度であれば大丈夫。豆類は積極的に食べたい食材。
    出典 :ダイエットに適した食材 - 痩せる栄養学
     

    生野菜をそのまま、というのだとたくさん食べられませんし、体も冷やしてしまいます。特にオススメなのが、緑黄色野菜。

  • ダイエットに必要なのも、健康に必要なのも、バランスの良い食事です。栄養を摂取するために食事をするのですから、それを忘れてはいけません。