ルテイン不足で眼精疲労・・ルテインは目の回復に効く栄養素

現代人はパソコンやスマートフォンなどブルーライトを浴びる量が多くなっています。ルテインは目にいいと聞いたことがあるかもしれませんが、ルテインどんなものから摂取できるなど、ルテインとはそもそもどんなものなのかなど色々と調べてみました。

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ルテインって知ってる?

  •  

    ルテインは、600種以上知られているカロテノイドのうちの一つ。ホウレンソウやケールなどの緑葉野菜、卵黄、動物脂肪、黄体で見られる。生体内では酸化防止剤として作用し、青色光を吸収する。

  • ルテインを摂取するとどんな効果があるのかな?

  •  

    オゾン層の破壊により年々紫外線によって目にダメージを受ける事が増え、スマートフォンやパソコンなどの電子機器が普及した事によって、ブルーライトによって目は日々ダメージを受けています。そんな中、注目されているのが「ルテイン」。ルテインは植物自身が紫外線から身を守るための成分であり、人間への働きも注目されています。

  • ルテインは目の老化を防ぐ役割がある。

     

    植物は紫外線から自分を守るすべとしてルテインを持っています。そのルテインを摂取する事は、植物本来の紫外線から自分を守る力を手に入れる事になります。パソコンやスマートフォンなどのブルーライトからのダメージ対策だけではなく、目の若返りも期待出来るみたいです。

  • それでは、具体的にルテインがどのように役に立つか見てみよう!

  • ・眼精疲労が気になる
    ・乾き目やドライアイが気になる
    ・シミやシワが気になりアンチエイジングしたい
    ・白内障や黄斑変性など目の症状が気になる
    ・目のかすみが気になる

  • ルテインはどうやって摂取すればいいのだろう?どんな食べ物に多く含まれているのだろう?

  • ルテインは緑黄色野菜から取れる!

     

    ルテインは緑黄色野菜に多く含まれており、特に多く含まれる野菜としてあげられるのが、「ホウレンソウ」や「ブロッコリー」だそうです。


    ★ルテインの含有量(100g中)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ・ホウレンソウ…10.0mg
    ・ブロッコリー…1.90mg

  • 八重山かずらが優秀との事!

     

    八重山かずらが含有量超豊富!

    ルテインは既出の通り、ホウレンソウやブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれる成分ですが、ルテインの含有量はほうれん草と比較すると【八重山かずら】は実に3倍も多く含まれているそうです。『かずら』とはイモの葉っぱの部分の事を指すそうです。

  • 八重山かずらの原産地沖縄は日本一メガネを掛けない県として有名

     

    八重山かずらの原産地、沖縄県。健康長寿のイメージが強い同県ですが、実は目の健康も日本一との事です。総務省の調査(平成25年総務省:家計調査)によると、沖縄県民1人あたりの年間メガネ購入額は全国平均の半分以下。全国の地域の中でも最も『メガネに頼らない』という結果が出ているそうです。つまり紫外線の強い沖縄に住む人は経験的にかずら(ルテイン)の有用性を知っていたのかもしれません。

  • ルテインの成分についてのまとめ

  • 緑黄色野菜に多く含まれるルテインが目に良いとされているのにはきちんと理由があったんですね。眼精疲労や視力の低下、ドライアイなど色々な目の悩みを抱えていて改善方法に悩んでいる人は、ルテインが多く含まれている野菜を多くとるようにしたら良いかもしれませんね。また、健康食品でとりたいと考えている人はルテイン配合量などを基準に選んでみたら良いかもしれませんね。もちろん、どうしても心配な人は医師に相談してみるのが良いでしょう。